ホーム > ニュース > 映画 > 映画『奇蹟がくれた数式』数学者ラマヌジャン&ハーディ、2人の天才が起こした奇跡の実話を映画化

映画『奇蹟がくれた数式』数学者ラマヌジャン&ハーディ、2人の天才が起こした奇跡の実話を映画化

映画『奇蹟がくれた数式』が、2016年10月22日(土)より、角川シネマ有楽町ほか全国の劇場で公開される。

英国人数学者のハーディと、インドの名もなき事務員ラマヌジャン。本作は、生まれも境遇も全く違う二人の天才が出会い、世界を変える奇蹟を起こした実話を基にした作品だ。

独学で数学を学び、数学解析、数論、無限級数および連分数において数学界に多大な貢献をもたらした“アインシュタイン並みの天才”と称されるラマヌジャン役を、『スラムドッグ$ミリオネア』のデヴ・パテルが熱演。

そして、英国人数学者G.H.ハーディ役には、アカデミー賞俳優のジェレミー・アイアンズ。ラマヌジャンをこの世に見出し、共同研究に人生を懸けた英国紳士をエレガントに演じている。

映画は、舞台となるケンブリッジ大学の最高峰トリニティ・カレッジの全面協力により、映画として初めて当カレッジでの撮影が実現。荘厳な知性の殿堂を舞台に、葛藤の果てかけがえのない友情が生んだ歴史的瞬間をドラマティックに再現した。

【作品情報】
映画『奇蹟がくれた数式』
公開日:2016年10月22日(土)
監督・脚本:マシュー・ブラウン
原作:ロバート・カニーゲル
出演:デヴ・パテル、ジェレミー・アイアンズ、デヴィカ・ビセ、トビー・ジョーンズ、スティーヴン・フライ
© 2015 INFINITY COMMISSIONING AND DISTRIBUTION, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

【ストーリー】
1914年、英国。ケンブリッジ大学の数学者ハーディ教授は、遠くインドから届いた一通の手紙に夢中になる。そこには驚くべき“発見”が記されていた。ハーディは差出人の事務員ラマヌジャンを大学に招聘するのだが、学歴もなく身分も低いことから教授たちは拒絶する。孤独と過労で、重い病に倒れてしまうラマヌジャンの代わりに、ハーディは奇蹟の証明に立ち上がる──。

Photo Gallery

写真をクリックすると拡大写真を見ることができます

映画『奇蹟がくれた数式』数学者ラマヌジャン&ハーディ、2人の天才が起こした奇跡の実話を映画化 画像1
映画『奇蹟がくれた数式』数学者ラマヌジャン&ハーディ、2人の天才が起こした奇跡の実話を映画化 画像2

ニュースデータ

日時:2016-07-13 14:25