ホーム > ニュース > グルメ > ジャニス・ウォン、東京・新宿に1号店 - シンガポール人気デザートバー日本上陸

ジャニス・ウォン、東京・新宿に1号店 - シンガポール人気デザートバー日本上陸

アジアNo.1パティシエを2年連続で受賞したシンガポールのジャニス ウォン(Janice Wong)のデザートバーが日本上陸。2016年4月15日(金)、東京・新宿の「ニュウマン(NEWoMan)」に1号店となる「ジャニス・ウォン(JANICE WONG)」を出店する。


カシスプラム 1,950円+税

“食べられるアート(edible art)”と自身のスイーツを表現するジャニス ウォン。デザートバーでは、「アシェットデセール」(※お皿に盛られたデザートという意味)と「お酒をメインとしたドリンク」を組み合わせ、美しい見た目に加えて、そこからは想像のつかない味や不思議な食感を提供する。


ポップコーン 1,200円+税

「ポップコーン」と名付けられたデザートは、ジャニス ウォンの子供のころ体験したポップコーンの楽しい思い出がインスピレーション源。塩キャラメルやポップコーン、パッションフルーツなどが、口の中で驚きのセッションを繰り広げる。その味わいをより豊かにしてくれるおすすめのドリンクは、グレイグースウォッカや柚子酒だ。

そして、ビターチョコレートと塩キャラメル、爽やかな柚子を合わせた「チョコレート H2O」は、濃厚なショコラに和の要素が光る味。ともに口にしたいのは、意外にも味醂を効かせたドリンク。新鮮な組み合わせの中に、どこか馴染みある旨味が感じられるだろう。


ストロベリーカプレーゼ 1,800円+税

その他にも春にインスピレーションを受けて作られた「カシスプラム」や、苺にコンソメをかけて食べる日本限定の「ストロベリーカプレーゼ」など、いくつもの“美味しい瞬間”を提案する。

また、店内中央に設えたカウンター席とキッチンが一体化したライブキッチンでは、注文後シェフが目の前でデザートを制作。作る工程を見ることができ、店内全てが一つの作品となるような演出となる。

【詳細】
JANICE WONG(ジャニス・ウォン) 
住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-55 NEWoMan SHINJUKU2F エキソト
※JR新宿駅甲州街道改札横
オープン日:2016年4月15日(金)
営業時間:11:00~23:00 ※定休日はNEWoMan SHINJUKUに準ずる
席数:30席(カウンター 12席・テーブル 18席)
TEL:03-6380-0317(4/15より) 

Photo Gallery

写真をクリックすると拡大写真を見ることができます

ジャニス・ウォン、東京・新宿に1号店 - シンガポール人気デザートバー日本上陸 画像1
ジャニス・ウォン、東京・新宿に1号店 - シンガポール人気デザートバー日本上陸 画像2
ジャニス・ウォン、東京・新宿に1号店 - シンガポール人気デザートバー日本上陸 画像2
ジャニス・ウォン、東京・新宿に1号店 - シンガポール人気デザートバー日本上陸 画像3
ジャニス・ウォン、東京・新宿に1号店 - シンガポール人気デザートバー日本上陸 画像3
ジャニス・ウォン、東京・新宿に1号店 - シンガポール人気デザートバー日本上陸 画像3
ジャニス・ウォン、東京・新宿に1号店 - シンガポール人気デザートバー日本上陸 画像3
ジャニス・ウォン、東京・新宿に1号店 - シンガポール人気デザートバー日本上陸 画像4
ジャニス・ウォン、東京・新宿に1号店 - シンガポール人気デザートバー日本上陸 画像4
ジャニス・ウォン、東京・新宿に1号店 - シンガポール人気デザートバー日本上陸 画像4

ニュースデータ

日時:2016-04-16 15:35