menu

fashionpress[ファッションプレス]

トップ   >   コレクション   >   プラダ コレクション   >   プラダ 2011年春夏コレクション

南米の気分たっぷり、ミニマルでバロックなプラダ(Prada)の最新春夏コレクション

ミラノ・ファッション・ウィークにてプラダ(Prada)が発表した2010年春夏コレクション。 今シーズンのテーマは「ミニマルなバロック」や「誇張されたシンプルさ」。 コレクションはオレンジやグリーン、ライトブルー、ショッキングピンクなどといった鮮やかなカラーを中心とし、ストライプを多用しているのが印象的。日本製の厚手コットンを多用し、その上に施されたバナナやモンキー、パイナッ... 続きを読む

Other Seasonプラダのコレクション

PRADAプラダ

1913年、マリオ・プラダがミラノに皮革製品店を開業。世界中から質の高い革や珍しい素材を集め、イタリア職人の技術で豪華なアイテムを作る。それがブルジョワの間で評判となり、イタリア王室の御用達となった。 1958年、マリオの死と時代の変化に豪勢さが合わなくなったのが重なり、しばらくの間、低迷期を迎える。 しかし、78年に孫娘のミウッチャ・プラダがオーナー兼デザイナーに就任し、事態は変革を見せ始める。レザー製品で有名なプラダに、「ポコノ」という軽くて強い工業用防水生地のナイロン素材のシン... (続きを読む)

Newsプラダのニュース

Brandブランドから探す