ホーム > ファッションブランド > ヴィヴィアン・ウエストウッド

Vivienne Westwood

ヴィヴィアン・ウエストウッド

ブランドのはじまり

1971年、ヴィヴィアン・ウエストウッドがマルコム・マクラーレンとともにブティック「レット・イット・ロック(LET IT ROCK)」をオープン。後に自身の名を冠したブランド「ヴィヴィアン・ウエストウッド」を発表。

ヴィヴィアン・ウエストウッドについて

ヴィヴィアン・ウエストウッドはイギリスのファッションブランド。王冠と地球をモチーフにした「オーブ(ORB) 」がブランドのアイコンロゴ。アパレル、バッグや財布などのアクセサリー、ジュエリー、アイウェア、時計、香水と幅広く展開している。

創業者はヴィヴィアン・イザベル・スウィア(Vivienne Isabel SWIRE)。1941年4月8日、イギリスのダービーシャー生まれ。 絵が得意で画家志望だったが、生計を立てるためにアート専攻の教師の道に進む。「ウエストウッド」という姓は教師をしていたころに結婚した一番初めの夫のもの。以後「ヴィヴィアン・ウエストウッド」と名乗る。

2児の母であったが、「ビートルズ」やミニスカートを着て有名になるモデル「マリー クワント」の影響を受けて大学に再入学(歴史を専攻)、新しい時代の流れに押された形で決意した。大学時代に出会ったのがマルコム・マクラーレン。彼は反体制派でヴィヴィアン ウエストウッドは大きく影響を受ける。

71年、マルコム・マクラーレンとともにキングスロード430番地にブティック「レット・イット・ロック(LET IT ROCK)」をオープン。マルコム・マクラーレンのファッションセンスは進みすぎており、生産する引き受け手がいなかったためヴィヴィアン・ウエストウッドが生産するようになる。これがファッションデザイナーになるきっかけとなった。

72年、店名を「Too Fast to Live, Too Young to Die」に、74年には「SEX(セックス)」に、76年には「Seditionaries(セディショナリーズ)」に変更。

マルコム・マクラーレンは、ショップ「SEX」に出入りしていた若者に、ヴィヴィアン・ウエストウッドのデザインした過激な服を着せて反社会的なロックバンド「セックスピストルズ」としてデビューさせた。セックスピストルズあらゆる意味で革新的で、パンクムーブメントを引き起こす。セックスピストルズと、パンクとともに「ヴィヴィアン・ウエストウッド」のデザインはパンクファッションとして、一つのジャンルを築き上げた。

79年には、ブティック「ワールズ・エンド」をスタート。歴史に興味を持ち、70年代後半から、過去のファッションの研究を始め、イギリスのクラッシック、トラディショナルとの融合を追求してゆく。こうしてヴィヴィアン・ウエストウッドは徐々にアンダーグラウンドから表舞台にシフトしていく。

83年、パリコレクションに発表。 86年、フランス革命からヒントを得たミニ丈の「クリノリン・スタイル」を発表。87年、「ハリスツイード」を発表。88年には「タイムマシン」を発表。1991S/S、フローレンスで行われた「ピッティ・ウオモ(Pitti Uomo)」で独立したメンズ・コレクションを初めて発表。

93年、レディースウェア部門をファーストラインの「ヴィヴィアン・ウエストウッド ゴールド・レーベル」とセカンドラインに「ヴィヴィアン・ウエストウッド レッドレーベル」に分割。1998年春夏シーズンから「アングロ・マニア」をスタート。 96年、メンズウェアライン「ヴィヴィアン・ウエストウッド マン」でミラノコレクションに初参加。 98年、ファーストフレグランス「ブドワール(Boudoir)」を発表。 2000年、セカンドフレグランス「リバティン(Libertine)」を発表。

2006年、イギリス人デザイナーとして初めて、エリザベス女王よりDameの称号を与えられる。また、3度目となる「British Designer of the Year」も受賞した。

2012年、ドコモより、ヴィヴィアン・ウエストウッドが手掛けるAndroid搭載スマートフォン「AQUOS PHONE」を発表。2014年より、ヴァージン アトランティック航空のユニフォームをデザイン。

2016秋冬コレクションより、レッドレーベルは統合され「ヴィヴィアン・ウエストウッド」という名前で展開されることになった。また、ゴールド・レーベルは、「アンドレアス・クロンターラー フォー ヴィヴィアン・ウエストウッド(Andreas Kronthaler for Vivienne Westwood)」に改名された。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL: http://www.viviennewestwood-tokyo.com/

ブランド・デザイナー紹介