menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. ライフスタイル・カルチャー   /  
  4. イベント

舞台『アンナ・カレーニナ』宮沢りえ主演でロシア文学最高峰の名作戯曲、東京・大阪で

舞台『アンナ・カレーニナ』が、2023年2月24日(金)から3月19日(日)まで東京・Bunkamura シアターコクーン、2023年3月25日(土)から27日(月)まで大阪・森ノ宮ピロティホールにて上演される。宮沢りえ、浅香航大、渡邊圭祐、小日向文世らが出演する。東京公演のチケット発売日は2023年1月22日(日)。

ロシア文学の金字塔、トルストイの『アンナ・カレーニナ』

舞台『アンナ・カレーニナ』宮沢りえ主演でロシア文学最高峰の名作戯曲、東京・大阪で|写真3

舞台『アンナ・カレーニナ』は、ロシアの文豪レフ・ニコラエヴィチ・トルストイが1800年代後半に書き上げた長編小説が原作。原作の『アンナ・カレーニナ』は、ロシア文学の金字塔とも謳われ、世界中から称賛された。今回の公演では、イギリスの気鋭の演出家フィリップ・ブリーンの新解釈によって戯曲化された演出にて上演する。

あらすじ

物語の舞台は19世紀ロシア。美しく魅惑的な社交界の華アンナ・カレーニナは、著名な政府高官の夫カレーニンと一人息子と共にサンクトペテルブルクに暮らしていた。ある日、モスクワで出会ったアンナと若き青年将校ヴロンスキー伯爵は恋に堕ちる。アンナの気持ちと行動を知るカレーニンとの離婚が成立しないまま、アンナとヴロンスキーは生まれてきた娘と共に暮らし始めるが、アンナは社会的にも精神的にも追い詰められていく。一方、アンナの兄オブロンスキーの友人リョーヴィンは、オブロンスキーの妻ドリーの妹キティに一度求婚し振られるも、二度目のプロポーズで成就。真実の愛を手に入れたリョービンとキティとは対照的に、アンナはますます不安定に。アンナを支えるヴロンスキーだったが、そんな彼に対しアンナは浮気を疑う。疑心暗鬼にかられたアンナは朦朧と街をさまよい――。

登場人物

舞台『アンナ・カレーニナ』宮沢りえ主演でロシア文学最高峰の名作戯曲、東京・大阪で|写真4

■アンナ・カレーニナ(宮沢りえ)…物語の主人公。魅惑的な社交界の華でヴロンスキーと恋に堕ちる。

■コンスタンチン・リョービン(浅香航大)…オブロンスキーの若き友人で、ドリーの妹キティにぞっこん。キティと共に真実の愛を見つける。

■アレクセイ・ヴロンスキー(渡邊圭祐)…アンナと恋に堕ちる若き青年将校。

■アレクセイ・カレーニン(小日向文世)…アンナの夫でペテルブルグの著名な政府高官、アンナを愛しているがそれを表現する術を持ち合わせていない。

■カテリーナ・シチェルバツカヤ、キティ(土居志央梨)…リョービンの求婚に応えるドリーの妹。

■ダリヤ・オブロンスカヤ、ドリー(大空ゆうひ)…オブロンスキーの妻で、夫の浮気癖に悩まされるも家族を愛する。

■シチェルバツカ侯爵夫人(梅沢昌代)…ドリーとキティの母親。

■ステパン・オブロンスキー(梶原善)…アンナの兄で顔が広くみんなから愛されている。

台本・上演はフィリップ・ブリーン

上演台本・演出は、イギリス出身の演出家フィリップ・ブリーン。30本以上に及ぶ自身の演出作品は、様々な演劇賞を受賞もしくはノミネートされた。新作から古典戯曲、ミュージカル、ジャズキャバレー、コメディ、さらにはヴィヴィアン・ウエストウッド(Vivienne Westwood)の2019-2020年秋冬ロンドンコレクションの演出を手掛けるなど幅広い分野の作品で活躍している。

公演概要

舞台『アンナ・カレーニナ』
原作:レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ
上演台本・演出:フィリップ・ブリーン
翻訳:木内宏昌
美術:マックス・ジョーンズ
出演:宮沢りえ、浅香航大、渡邊圭祐、土居志央梨、西尾まり、菅原永二、深見由真、金子岳憲、井上夏葉、高間智子、片岡正二郎、真那胡敬二、大空ゆうひ、梅沢昌代、梶原善、小日向文世 他
企画・制作:Bunkamura

■東京公演
公演期間:2023年2月24日(金)~3月19日(日)
会場:Bunkamura シアターコクーン
住所:東京都渋谷区道玄坂2-24-1
チケット発売日:2023年1月22日(日)10:00~
チケット料金:S席 11,000円、A席 9,000円、コクーンシート 5,500円(全席指定・未就学児童入場不可)、U25(25歳以下当日引換券) 3,500円(未就学児童入場不可)
チケット情報:オンラインチケットMY Bunkamura、Bunkamuraチケットセンター、Bunkamuraチケットカウンター、東急シアターオーブチケットカウンター、チケットぴあ、イープラス、ローソンチケット

■大阪公演
公演期間:2023年3月25日(土)~27日(月)
会場:森ノ宮ピロティホール
住所:大阪府大阪市中央区森ノ宮中央1-17-5
主催:サンライズプロモーション大阪

【問い合わせ先】
・東京公演
Bunkamura
TEL:03-3477-3244(10:00~18:00)
・大阪公演
キョードーインフォメーション
TEL:0570-200-888(11:00~18:00/日曜・祝日は休業)

Photos(3枚)

舞台『アンナ・カレーニナ』宮沢りえ主演でロシア文学最高峰の名作戯曲、東京・大阪で|写真2 舞台『アンナ・カレーニナ』宮沢りえ主演でロシア文学最高峰の名作戯曲、東京・大阪で|写真3 舞台『アンナ・カレーニナ』宮沢りえ主演でロシア文学最高峰の名作戯曲、東京・大阪で|写真4

Photos(3枚)

舞台『アンナ・カレーニナ』宮沢りえ主演でロシア文学最高峰の名作戯曲、東京・大阪で|写真2 舞台『アンナ・カレーニナ』宮沢りえ主演でロシア文学最高峰の名作戯曲、東京・大阪で|写真3 舞台『アンナ・カレーニナ』宮沢りえ主演でロシア文学最高峰の名作戯曲、東京・大阪で|写真4

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

関連用語