menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

「萩尾望都 SF原画展」東京に6年ぶり凱旋、SF漫画『11人いる!』の原画など約400点を展示

「萩尾望都 SF原画展」が、6年ぶりに東京凱旋。アーツ千代田3331にて、2022年7月9日(土)から7月24日(日)まで開催される。

萩尾望都の原画など約400点を展示

『スター・レッド』
『スター・レッド』
© 萩尾望都/小学館

萩尾望都は、1969年に『ルルとミミ』でデビュー以降、『ポーの一族』や『トーマの心臓』などの名作漫画を生み出してきた。大島弓子、山岸凉子、木原敏江らとともに1970年代の少女漫画黄金期を築き、“少女漫画の神様”とも称される漫画家だ。

「萩尾望都 SF原画展」は、漫画家・萩尾望都のカラーイラストやコミック生原稿など約400点を展示する原画展。全国巡回を続けており、過去には山梨や宮城、福岡、兵庫などでも開催された。

『11人いる!』のプロットや原画など勢揃い

『11人いる!』
『11人いる!』
© 萩尾望都/小学館

2016年以来6年ぶりとなる東京展では、前回よりも一層充実した内容にて展示を実施。会場には、少女漫画界のSF新時代を築いたともいえる本格SF『11人いる!』のプロットや原画、複製画をはじめ、宇宙を舞台に繰り広げられる壮大なロマンを表現した『スター・レッド』など、人気作品の原画が集結する。

『百億の昼と千億の夜』
『百億の昼と千億の夜』
© 萩尾望都

また、SF小説家の光瀬龍とタッグを組んだ『百億の昼と千億の夜』のネームや原画、複製画、70年代から80年代にかけて盛んに出版されたSF・ファンタジー系の文庫本カバーイラスト、萩尾望都が90年代に執筆したSF小説『ピアリス』などにもフォーカス。近未来の日本を舞台に不老不死パラレルワールドをリンクさせたSF大作『バルバラ異界』や、放射性物質を擬人化した「原発三部作」など、2000年代に発表された、比較的近年の作品についても紹介する。

会場限定オリジナルグッズ、萩尾望都×石ノ森章太郎コラボも

展示に加え、会場限定のオリジナルグッズを販売。Tシャツやクリアファイル、御朱印帳、手ぬぐいなどが揃う他、石ノ森章太郎や松本零士とコラボレーションしたクリアファイル、大判カードのセットなども販売される。

【詳細】
「萩尾望都 SF原画展」
会期:2022年7月9日(土)~7月24日(日)
会場:アーツ千代田3331
住所:東京都千代田区外神田6-11-14
開催時間:11:00~20:00
※入館は閉館の30分前まで
※会期中無休
入場料:一般 1,000円/大学生・高校生 700円/中学生 500円/小学生以下無料
※学生証又は生徒手帳を持参
※前売券の販売なし

Photos(5枚)

「萩尾望都 SF原画展」東京に6年ぶり凱旋、SF漫画『11人いる!』の原画など約400点を展示|写真1 「萩尾望都 SF原画展」東京に6年ぶり凱旋、SF漫画『11人いる!』の原画など約400点を展示|写真2 「萩尾望都 SF原画展」東京に6年ぶり凱旋、SF漫画『11人いる!』の原画など約400点を展示|写真3 「萩尾望都 SF原画展」東京に6年ぶり凱旋、SF漫画『11人いる!』の原画など約400点を展示|写真4 「萩尾望都 SF原画展」東京に6年ぶり凱旋、SF漫画『11人いる!』の原画など約400点を展示|写真5

Photos(5枚)

「萩尾望都 SF原画展」東京に6年ぶり凱旋、SF漫画『11人いる!』の原画など約400点を展示|写真1 「萩尾望都 SF原画展」東京に6年ぶり凱旋、SF漫画『11人いる!』の原画など約400点を展示|写真2 「萩尾望都 SF原画展」東京に6年ぶり凱旋、SF漫画『11人いる!』の原画など約400点を展示|写真3 「萩尾望都 SF原画展」東京に6年ぶり凱旋、SF漫画『11人いる!』の原画など約400点を展示|写真4 「萩尾望都 SF原画展」東京に6年ぶり凱旋、SF漫画『11人いる!』の原画など約400点を展示|写真5

キーワードから探す

関連ショップ・スポット