menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. グルメ   /  
  4. トピック

とらや2022年の干支「寅」の限定和菓子、“走る虎”を表現した羊羹や“虎斑模様”の生菓子

とらや(TORAYA)から、2022年の干支「寅」にちなんだ限定和菓子が登場。2021年11月14日(日)より順次発売する。

2022年の干支「寅」にちなんだ和菓子

“朗らかな虎”を描いた小形羊羹

小形羊羹5本入 虎柄化粧箱 5本入 1,620円
小形羊羹5本入 虎柄化粧箱 5本入 1,620円

11月14日(日)の“寅の日”から全店にて発売するのは、朗らかな虎の姿を描いた特別なパッケージで提供する小形羊羹。「夜の梅」「おもかげ」「新緑」のとらやを代表する羊羹を1本から購入できる。また、とらやの屋号“虎”と2022年の干支“寅”にあわせて、小形羊羹が5本入った「虎柄化粧箱」も12月20日(月)より展開する。

走る虎の横姿を表現した干支羊羹

干支羊羹「孟春の虎」 中形 1,944円、竹皮包 3,888円
干支羊羹「孟春の虎」 中形 1,944円、竹皮包 3,888円

11月下旬からは、干支羊羹「孟春の虎」を展開。春の訪れに心躍らせ、風を切って走る虎の横姿を黄色の煉羊羹で表現した。

“虎斑模様”を表した生菓子

生菓子「陽光の虎」(求肥製) 1個486円
生菓子「陽光の虎」(求肥製) 1個486円

“虎斑(とらふ)模様”を表した生菓子「陽光の虎」も12月16日(木)から発売。白餡を包んだ黒砂糖入の求肥に、黄色のカルメラをまぶして仕上げた。

“虎と竹”を描いた生菓子

生菓子「虎猛ぶ」(薯蕷製) 1個 486円
生菓子「虎猛ぶ」(薯蕷製) 1個 486円

また、日本画の題材としても好まれてきた“虎と竹”を落とし込んだ生菓子「虎猛(とらたけ)ぶ」も12月16日(木)より展開。こし餡入の真っ白な薯蕷饅頭に黄色と緑の色差しを施して、竹林で虎が猛々しく吠えるさまを表現した。

歌会始のお題「窓」にちなんだ和菓子

御題羊羹「光さす」 中形 1,944円、竹皮包 3,888円
御題羊羹「光さす」 中形 1,944円、竹皮包 3,888円

さらに、とらやでは歌会始のお題「窓」にちなんだ和菓子も11月下旬より順次販売。御題羊羹「光さす」では、夜が明けて少しずつ明るくなっていく窓辺や、朝の光が部屋に差し込む様子を表現。

生菓子「朝の窓」琥珀製 1個 486円
生菓子「朝の窓」琥珀製 1個 486円

一方、生菓子「朝(あした)の窓」には、朝の光が見え始めた窓と朝を迎える部屋の静かな様子を落とし込んだ。

【詳細】
とらやの新作和菓子
■干支「寅」にちなんだ和菓子
・小形羊羹5本入 虎柄化粧箱 5本入 1,620円
販売期間:2021年12月20日(月)~2022年3月下旬 なくなり次第終了
販売店舗:全店
※干支パッケージ小形羊羹の販売終了後は、通常パッケージの小形羊羹で提供する。
・干支パ ッケージ 小形羊羹 各1本 292円
販売期間:2021年11月14日(日)~2022年1月下旬
販売店舗:全店
・干支羊羹「孟春の虎」 中形 1,944円、竹皮包 3,888円
販売期間:2021年11月下旬~2022年1月中旬予定
※一部取り扱いのない店舗もある
・生菓子「陽光の虎」(求肥製) 1個486円
販売期間:2021年12月16日(木)~2022年1月15日(土)
販売店舗:生菓子取扱店
・生菓子「虎猛ぶ」(薯蕷製) 1個 486円
販売期間:2021年12月16日(木)~2022年1月15日(土)
販売店舗:関東・京都地区の生菓子取扱店
■歌会始のお題「窓」にちなんだ和菓子
・御題羊羹「光さす」 中形 1,944円、竹皮包 3,888円
販売期間:2021年11月下旬~2022年1月中旬予定
※一部取り扱いのない店舗もある。
・生菓子「朝の窓」琥珀製 1個 486円
販売期間:2021年12月16日(木)~2022年1月15日(土)
販売店舗:関東・京都地区の生菓子取扱店

Photos(8枚)

とらや(TORAYA) 寅|写真1 とらや(TORAYA) 寅|写真2 とらや(TORAYA) 寅|写真3 とらや(TORAYA) 寅|写真4 とらや(TORAYA) 寅|写真5 とらや(TORAYA) 寅|写真6 とらや(TORAYA) 寅|写真7 とらや(TORAYA) 寅|写真8

Photos(8枚)

キーワードから探す

関連店舗・取り扱い

ブランドプロフィール