menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. ファッション   /  
  4. イベント

志村ふくみ源流アトリエシムラの“色無地”着物、京都で展示・受注販売 - 青藍や桜花色など草木染め

紬織(つむぎおり)の人間国宝・志村ふくみの孫である志村昌司を中心とした京都の染織ブランド・アトリエシムラ(atelier shimura)は、4周年を記念して、色無地(いろむじ)着物の展示販売会を2020年10月30日(金)から11月10日(火)まで、アトリエシムラShop & Gallery 京都本店にて開催する。

“色無地”着物を展示販売

写真:刑部信人
写真:刑部信人

アトリエシムラの制作の中心である“色無地”は、手織りの特徴が余すところなく表れ、植物から抽出した色の美しさが最も生きる着物。草木染めならではの、繊細な色彩を楽しめる。色無地着物の色のバリエーションは、青藍、銀鼠、桜花、春草色などを用意。

青藍
写真:刑部信人
青藍
写真:刑部信人

月の満ち欠けに沿って藍染を施した青藍色の着物は、肌で自然の神秘を感じられる仕上がり。濃い色味の中にも爽やかさや若々しさを感じられる、凛とした色彩が魅力だ。

銀鼠
写真:刑部信人
銀鼠
写真:刑部信人

樫や百日紅などの枝葉、団栗のイガや実の皮、枝葉などから生み出される銀鼠、つまりグレーの着物は、年齢や性別を問わずまとうことのできる、落ち着いた雰囲気が特徴。草木染めから生み出されるグレーのバリエーションは数えきれないほど多く、自分だけのお気に入りのグレーを見つけるのも楽しい。

桜花
写真:刑部信人
桜花
写真:刑部信人

桜だけでなく梅や冬青(そよご)などの幹や枝から染められる桜花色の着物は、優しい色味で、ハレの日にぴったり。品格がありながらも柔らかく、温かみのある雰囲気を演出してくれる。

染料から選べる色無地着物の受注販売も

展示販売会では、色無地着物や帯、帯揚げといったアイテムを販売する他、色無地着物の受注販売も行う。受注販売では、思い入れのある植物や好みの色、自宅に植わっている植物などを相談した上で染料を選択。さらに、実際に糸を染め、経糸の準備をし、機にかけて織っていく工程も作り手からその都度共有し、着物そのものだけでなく着物になるまでの物語も楽しむことができるようになっている。

【詳細】
アトリエシムラ4周年―「色への祝祭」色無地着物展示販売会―
開催日地:2020年10月30日(金)~11月10日(火) 12:00~18:00
定休日:水・木曜日
会場:アトリエシムラShop & Gallery 京都本店
住所:京都府京都市下京区河原町通四条下ル市之町251-2 壽ビルディング2F
・着物 400,000円+税~
・帯 120,000円+税~
・帯締め 19,000円+税~
・帯揚げ 15,000円+税~
・受注色無地着物 400,000円+税~ ※藍、緑、紫色は450,000円+税~

【問い合わせ先】
TEL:075-585-5953

Photos(4枚)

志村ふくみ源流アトリエシムラの“色無地”着物、京都で展示・受注販売 - 青藍や桜花色など草木染め|写真1 志村ふくみ源流アトリエシムラの“色無地”着物、京都で展示・受注販売 - 青藍や桜花色など草木染め|写真2 志村ふくみ源流アトリエシムラの“色無地”着物、京都で展示・受注販売 - 青藍や桜花色など草木染め|写真3 志村ふくみ源流アトリエシムラの“色無地”着物、京都で展示・受注販売 - 青藍や桜花色など草木染め|写真4

Photos(4枚)

志村ふくみ源流アトリエシムラの“色無地”着物、京都で展示・受注販売 - 青藍や桜花色など草木染め|写真1 志村ふくみ源流アトリエシムラの“色無地”着物、京都で展示・受注販売 - 青藍や桜花色など草木染め|写真2 志村ふくみ源流アトリエシムラの“色無地”着物、京都で展示・受注販売 - 青藍や桜花色など草木染め|写真3 志村ふくみ源流アトリエシムラの“色無地”着物、京都で展示・受注販売 - 青藍や桜花色など草木染め|写真4

キーワードから探す

ブランドプロフィール