menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

箱根ラリック美術館“ルネ・ラリックの香水瓶”の展覧会 - ドラマチックな香水瓶を展示

企画展「ドラマチック・ラリック」が、箱根ラリック美術館にて、2021年3月21日(日)まで開催される。

ルネ・ラリック、香水瓶の世界

「ダン・ラ・ニュイ」(真夜中に) 1924年 ウォルト社
「ダン・ラ・ニュイ」(真夜中に) 1924年 ウォルト社

19世紀から20世紀のフランスで、ジュエリーやガラス工芸を手がけたアーティスト、ルネ・ラリック。ジュエリー作家としてはカルティエ(Cartier)などの一流宝飾店から依頼を受けるほどの成功を収めたラリックであったが、パリの香水商フランソワ・コティとの出会いをきっかけに“香水瓶”のデザインを手がけるようになった。

「香水A(または香水N)」1929年(リュシアン・ルロン社)
「香水A(または香水N)」1929年(リュシアン・ルロン社)

香水の香りは、もちろん目には見えない。しかしラリックはそうした香りの世界を花々や月などのイメージに喩え、モダンで繊細な瓶のデザインで表現した。単に容器である以上に、独自の物語が込められたラリックの香水瓶は、人びとの心を奪うこととなる。

香水瓶と広告をあわせて展示

ウォルト社 香水瓶5連作
左から)「ダン・ラ・ニュイ」(真夜中に) 1924年、「ヴェール・ル・ジュール」(夜明け前に) 1926年、
「サン・アデュー」(さよならは言わない) 1929年、「ジュ・ルヴィアン」(私は戻ってくる) 1931年、
「ヴェール・トワ」(あなたのもとへ) 1933年
ウォルト社 香水瓶5連作
左から)「ダン・ラ・ニュイ」(真夜中に) 1924年、「ヴェール・ル・ジュール」(夜明け前に) 1926年、
「サン・アデュー」(さよならは言わない) 1929年、「ジュ・ルヴィアン」(私は戻ってくる) 1931年、
「ヴェール・トワ」(あなたのもとへ) 1933年

本展「ドラマチック・ラリック」では、そうしたラリックが手がけた香水瓶の数々を展示。“真夜中”を意味する「ダン・ラ・ニュイ」や、「ヴェール・トワ」つまり“あなたのもとへ”といった、繊細な香水瓶を目にすることができる。

「ラリックの香水とパウダーボックス」リュシアン・ルロン社
「ラリックの香水とパウダーボックス」リュシアン・ルロン社

またこれら香水の広告もあわせて展示。香水瓶に込められたドラマとともに、華やかなりし時代のパリの雰囲気を垣間見られるだろう。

「香水瓶5連作」モチーフのオリジナルスイーツも

オリジナルスイーツ「ダン・ラ・ニュイ」850円+税
オリジナルスイーツ「ダン・ラ・ニュイ」850円+税

さらに、ラリック社による「香水瓶5連作」をイメージしたオリジナルスイーツも。この連作の最初の作品「ダン・ラ・ ニュイ」をモチーフにしたスイーツは、箱根ラリック美術館のカフェレストラン「リス(LYS)」にて提供。透明感のあるブルーでバニラムースを包み込み、星が瞬く様子を金箔で表現している。香水の香料として使用された花やフルーツも素材とするなど、見た目も味わいも楽しめる1品となっている。

オリジナルスイーツとウォルト社香水瓶5連作
オリジナルスイーツとウォルト社香水瓶5連作

一方、「ダン・ラ・ニュイ」以外のスイーツ4品は、2020年9月18日(金)から2021年3月21日(日)まで、箱根の自然を満喫できるホテル「箱根リトリート フォーレ(före)」「箱根リトリート ヴィラワンバイエフ(villa 1/f)」のディナーデザートプレートで提供される。

展覧会概要

箱根ラリック美術館15周年・ルネ・ラリック生誕160年
企画展「ドラマチック・ラリック」
会期:2020年9月12日(土)〜2021年3月21日(日)
会場:箱根ラリック美術館
住所:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原186番1
TEL:0460-84-2255
開館時間:9:00〜16:00(入館は15:30まで)
※2021年1月12日(火)より当面のあいだ、上記時間での営業
入館料:大人 1,500円、大・高生・シニア(65歳以上) 1,300円、中学生・小学生 800円
※定休日なし、なお臨時休館の場合あり
※内容は変更となる場合あり(最新情報は随時美術館ホームページにて告知)

■オリジナルスイーツ
ダン・ラ・ニュイ 850円+税
提供場所:箱根ラリック美術館 カフェレストラン「リス」

■箱根リトリート コラボレーションディナー・宿泊プラン
期間:2020年9月18日(金)〜2021年3月21日(日)
場所:箱根リトリート フォーレ・箱根リトリート ヴィラワンバイエフ
住所:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1286-116
TEL:0460-83-9090
プラン:
・コラボレーションディナー 15,000円+税およびサービス料
・コラボレーション宿泊プラン 1人 29,600円(税およびサービス料込・入湯料別)〜
※完全予約制(1週間前まで)
※期間・内容は変更となる場合あり

Photos(8枚)

箱根ラリック美術館“ルネ・ラリックの香水瓶”の展覧会 - ドラマチックな香水瓶を展示 画像1 箱根ラリック美術館“ルネ・ラリックの香水瓶”の展覧会 - ドラマチックな香水瓶を展示 画像2 箱根ラリック美術館“ルネ・ラリックの香水瓶”の展覧会 - ドラマチックな香水瓶を展示 画像3 箱根ラリック美術館“ルネ・ラリックの香水瓶”の展覧会 - ドラマチックな香水瓶を展示 画像4 箱根ラリック美術館“ルネ・ラリックの香水瓶”の展覧会 - ドラマチックな香水瓶を展示 画像5 箱根ラリック美術館“ルネ・ラリックの香水瓶”の展覧会 - ドラマチックな香水瓶を展示 画像6 箱根ラリック美術館“ルネ・ラリックの香水瓶”の展覧会 - ドラマチックな香水瓶を展示 画像7 箱根ラリック美術館“ルネ・ラリックの香水瓶”の展覧会 - ドラマチックな香水瓶を展示 画像8

Photos(8枚)

箱根ラリック美術館“ルネ・ラリックの香水瓶”の展覧会 - ドラマチックな香水瓶を展示 画像1 箱根ラリック美術館“ルネ・ラリックの香水瓶”の展覧会 - ドラマチックな香水瓶を展示 画像2 箱根ラリック美術館“ルネ・ラリックの香水瓶”の展覧会 - ドラマチックな香水瓶を展示 画像3 箱根ラリック美術館“ルネ・ラリックの香水瓶”の展覧会 - ドラマチックな香水瓶を展示 画像4 箱根ラリック美術館“ルネ・ラリックの香水瓶”の展覧会 - ドラマチックな香水瓶を展示 画像5 箱根ラリック美術館“ルネ・ラリックの香水瓶”の展覧会 - ドラマチックな香水瓶を展示 画像6 箱根ラリック美術館“ルネ・ラリックの香水瓶”の展覧会 - ドラマチックな香水瓶を展示 画像7 箱根ラリック美術館“ルネ・ラリックの香水瓶”の展覧会 - ドラマチックな香水瓶を展示 画像8

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

ブランドプロフィール

関連用語

ピックアップ

新作コンビニスイーツ&ドリンク特集 - おすすめ人気アイスや和スイーツなど一挙紹介
新作コンビニスイーツ&ドリンク特集 - おすすめ人気アイスや和スイーツなど一挙紹介
関西のおすすめ展覧会2020〈大阪・京都・兵庫の美術館〉開催スケジュール&アート作品を紹介
関西のおすすめ展覧会2020〈大阪・京都・兵庫の美術館〉開催スケジュール&アート作品を紹介
おすすめ展覧会2021〈東京・京都ほか全国〉美術館での開催スケジュール&アート作品など展示情報
おすすめ展覧会2021〈東京・京都ほか全国〉美術館での開催スケジュール&アート作品など展示情報
東京都内のおすすめ展覧会情報〈2021年版〉美術館・博物館での開催スケジュール&展示アート作品
東京都内のおすすめ展覧会情報〈2021年版〉美術館・博物館での開催スケジュール&展示アート作品
関東のおすすめ展覧会2021〈東京・神奈川・千葉ほか〉美術館での開催スケジュール&展示アート作品情報
関東のおすすめ展覧会2021〈東京・神奈川・千葉ほか〉美術館での開催スケジュール&展示アート作品情報

スケジュール

洋画家・髙島野十郎の回顧展が久留米市美術館で - 徹底的な写実表現、作品115点からたどる画業
2021.1.20(水)~2021.4.4(日)
洋画家・髙島野十郎の回顧展が久留米市美術館で - 徹底的な写実表現、作品115点からたどる画業
「るろうに剣心展」東京・京都・新潟で、原画含む200点&剣心vs志々雄の描き下ろしイラストも
2021.1.22(金)~2021.3.7(日)
「るろうに剣心展」東京・京都・新潟で、原画含む200点&剣心vs志々雄の描き下ろしイラストも
建築家・隈研吾の大規模個展が東京・長崎・高知で - 模型や映像などから探る隈建築の“公共性”
2021.1.22(金)~2021.3.28(日)
建築家・隈研吾の大規模個展が東京・長崎・高知で - 模型や映像などから探る隈建築の“公共性”
銀座メゾンエルメス フォーラムで「輝板膜タペータム」落合多武展"絵画・彫刻・写真"を組み合わせて展示
2021.1.22(金)~2021.4.11(日)
銀座メゾンエルメス フォーラムで「輝板膜タペータム」落合多武展"絵画・彫刻・写真"を組み合わせて展示
日本の代表的建築家・菊竹清訓の展覧会、島根県立美術館で - “山陰の建築”を中心に紹介
2021.1.22(金)~2021.3.22(月)
日本の代表的建築家・菊竹清訓の展覧会、島根県立美術館で - “山陰の建築”を中心に紹介
 スケジュール一覧