menu

fashionpress[ファッションプレス]

トップ   >   ニュース   >   アート   >   イベント

展覧会「モネ それからの100年」横浜美術館で、日本初公開を含む絵画約30点と現代アートを接続

展覧会「モネ それからの100年」が横浜美術館で開催。会期は2018年7月14日(土)から9月24日(月・祝)まで。

 
左) クロード・モネ《睡蓮》1906年 油彩・キャンヴァス 81.0x92.0㎝ 吉野石膏株式会社(山形美術館に寄託)
右) 松本陽子《振動する風景的画面》2017年 油彩、キャンヴァス、200.0x250.0cm 個人蔵 (C)Yoko Matsumoto

印象派を代表する画家、クロード・モネは、風景をひたすら見つめ繰り返し絵画を描き続けた。モネの芸術のもつ独創性、創作上の関心はまた、今日の作家たちにもさまざまな形で引き継がれている。

本展では、モネの初期から晩年までの絵画、日本初公開含む約30点を公開。さらに、ロスコ、フランシス、リキテンスタインなど20世紀アートを率いてきた後世代の約30作家の作品だけでなく、版画・写真・映像など幅広い分野の現代アートも多数展示する。一堂に会するこれら作品を通して、両者の時代を超えた結びつきを紹介する。

両者を引き合わせることで見えてくるのは、現代アートにも見える彼の作品とのつながり。色彩の鮮やかさ、描線、フレームを越えて拡張していくような画面、風景のなかに没入していく眼差しなど、モネの作品のうちにある特質が時代を越えて現代アートと接続される。そうすることで、「印象派の巨匠」「モダンアートの先駆者」といった従来の肩書を超える、モネの芸術の豊かさと奥深さ、その普遍的な魅力が見えてくるだろう。

【詳細】
モネ それからの100年
会期:2018年7月14日(土)~9月24日(月・祝)
休館日:木曜日(8月16日は開館)
開館時間:10:00〜18:00
※ただし9月14日(金)、15日(土)は20:30まで(入館は閉館の30分前まで)
会場:横浜美術館
住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1
観覧料:一般1,600(1,400/1,500)円、大学・高校生1,200(1,000/1,100)円、中学生600(400/500)円
※小学生以下無料。
※65歳以上の当日料金は1,500円(要証明書、美術館券売所でのみ販売)
※( )内は前売/有料20名以上の団体料金(美術館券売所でのみ販売。要事前予約)
※毎週土曜日は高校生以下無料(要生徒手帳、学生証)
※障がい者手帳持参者と介護者1名は無料
※前売券の発売情報などは公式サイトにて随時発表
※観覧当日に限り本展のチケットで「横浜美術館コレクション展」も観覧可

【問い合わせ先】
横浜美術館
TEL:045-221-0300

Photos(4枚)

展覧会「モネ それからの100年」横浜美術館で、日本初公開を含む絵画約30点と現代アートを接続 画像1 展覧会「モネ それからの100年」横浜美術館で、日本初公開を含む絵画約30点と現代アートを接続 画像2 展覧会「モネ それからの100年」横浜美術館で、日本初公開を含む絵画約30点と現代アートを接続 画像3 展覧会「モネ それからの100年」横浜美術館で、日本初公開を含む絵画約30点と現代アートを接続 画像4

Photos(4枚)

展覧会「モネ それからの100年」横浜美術館で、日本初公開を含む絵画約30点と現代アートを接続 画像1 展覧会「モネ それからの100年」横浜美術館で、日本初公開を含む絵画約30点と現代アートを接続 画像2 展覧会「モネ それからの100年」横浜美術館で、日本初公開を含む絵画約30点と現代アートを接続 画像3 展覧会「モネ それからの100年」横浜美術館で、日本初公開を含む絵画約30点と現代アートを接続 画像4

関連ニュース

キーワードから探す

ピックアップ

モネ、スーラ、シニャックからマティスまで、色彩表現の変化の軌跡、展覧会「新印象派-光と色のドラマ」
2014年10月10日(金)~2015年1月12日(月)開催
モネ、スーラ、シニャックからマティスまで、色彩表現の変化の軌跡、展覧会「新印象派-光と色のドラマ」
「デトロイト美術館展」東京・上野の森美術館で - モネやゴッホ、ピカソなど世界屈指の名画が大集結
2016年4月27日(水)開催
「デトロイト美術館展」東京・上野の森美術館で - モネやゴッホ、ピカソなど世界屈指の名画が大集結
三鷹の森ジブリ美術館の企画展示「食べるを描く。」ジブリ作品の“食事シーン”の制作資料や場面の再現展示
2017年5月27日(土)~11月4日(日)開催
三鷹の森ジブリ美術館の企画展示「食べるを描く。」ジブリ作品の“食事シーン”の制作資料や場面の再現展示
国立新美術館で「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」モネやルノワール名作約60点、初公開作品も
2月14日(水)~5月7日(月)開催
国立新美術館で「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」モネやルノワール名作約60点、初公開作品も
東京會舘新本舘が丸の内に - 和とフレンチを融合した鉄板焼店など新レストラン誕生
2019年1月8日(火)オープン
東京會舘新本舘が丸の内に - 和とフレンチを融合した鉄板焼店など新レストラン誕生

スケジュール

「ピエール・ボナール展」が国立新美術館で開催、浮世絵に影響を受けた"色彩の魔術師"が描く絵画や版画
9月26日(水)~12月17日(月)開催
「ピエール・ボナール展」が国立新美術館で開催、浮世絵に影響を受けた"色彩の魔術師"が描く絵画や版画
「息をのむ繊細美 切り絵アート展」茨城・しもだて美術館で、現代作家11人の作品を展示
9月29日(土)~12月16日(日)開催
「息をのむ繊細美 切り絵アート展」茨城・しもだて美術館で、現代作家11人の作品を展示
岡田美術館「開館5周年記念展 美のスターたち ― 光琳・若冲・北斎・汝窯など名品勢ぞろい ―」
9月30日(日)~2019年3月30日(土)開催
岡田美術館「開館5周年記念展 美のスターたち ― 光琳・若冲・北斎・汝窯など名品勢ぞろい ―」
「マルセル・デュシャンと日本美術」東京国立博物館で、《泉》などレディメイド作品や資料150余点
10月2日(火)~12月9日(日)開催
「マルセル・デュシャンと日本美術」東京国立博物館で、《泉》などレディメイド作品や資料150余点
「フェルメール展」東京・上野で、《牛乳を注ぐ女》など国内美術展史上最多の作品集結&日本初公開作品も
10月5日(金)~2019年2月3日(日)開催
「フェルメール展」東京・上野で、《牛乳を注ぐ女》など国内美術展史上最多の作品集結&日本初公開作品も
 スケジュール一覧