ホーム > ニュース > ライフスタイル・カルチャー > “2016年最大の満月” スーパームーンを都内随一の高さから、六本木ヒルズ展望台の観察会

“2016年最大の満月” スーパームーンを都内随一の高さから、六本木ヒルズ展望台の観察会

六本木ヒルズ展望台「東京シティビュー」が主催する「六本木天文クラブ」では、2016年11月14日(月)に“2016年最大の満月”をみる観察会「普段よりちょっと大きな満月を愛でる会」を開催する。

月が地球に最も接近するタイミングと満月のタイミングが重なることで、1年のうちで最も大きく見える満月“スーパームーン”が近年注目されている。

今回の満月は、約68年ぶりに月が地球に約35.7万kmの距離(地球中心と月中心の間の距離)まで近づく。もっとも遠いところに月がある時に比べて、面積が約3割大きく見えるそうだ。観察会では、天文専門家・泉水朋寛の解説と共に、特別な満月を楽しむことができる。

会場の「スカイデッキ」は海抜270メートルに位置し、オープンエア形式の展望台として都内随一の高さを誇る。都心の真ん中にあり、空に一番近い展望台と言われている。眼下に広がる夜景と共に、2016年最大の満月を楽しんでみてはいかがだろう。

【詳細】
普段よりちょっと大きな満月を愛でる会
日時:2016年11月14日(月)19:00〜21:00
※最終入場は30分前
※雨天・曇天時は中止となります。
※月が地球に約35.7万kmまで最接近するのは20:21
場所:森タワー屋上「スカイデッキ」
住所:東京都港区六本木6-10-1
参加費:無料
※ただし、東京シティビュー / スカイデッキへの入場券(一般 2,300円)が必要。 
※事前申込不要

Photo Gallery

写真をクリックすると拡大写真を見ることができます

“2016年最大の満月” スーパームーンを都内随一の高さから、六本木ヒルズ展望台の観察会 画像1
“2016年最大の満月” スーパームーンを都内随一の高さから、六本木ヒルズ展望台の観察会 画像2
“2016年最大の満月” スーパームーンを都内随一の高さから、六本木ヒルズ展望台の観察会 画像3

ニュースデータ

日時:2016-11-07 15:30