ROGUES' GALLERY

ローグスギャラリー

ブランドのはじまり

2003年、アレックス・カールトンが「ローグスギャラリー」を設立。

ローグスギャラリーについて

ローグスギャラリー(ROGUES' GALLERY)はアメリカのファッションブランド。

ローグスギャラリー創立者のアレックス・カールトン(Alex Carleton)は、アメリカのニューイングランド出身。カールトンは、ポロ ラルフ ローレンアバクロンビー&フィッチにてキャリアを積んだ後、、98年よりL.L.ビーン(L.L.bean)のシニアデザイナーを担当。

2003年、L.L.ビーンを離れ、自身のブランド「ROGUES GALLERY(ローグスギャラリー)」を設立した。設立当初は、染め生地のTシャツやバッグから展開をスタート。後にジャケット、シャツ、ニットアイテム、シューズなど展開を広げていく。

2009年、GQ/CFDA ベスト・ニュー・メンズウェアデザイナー・イン・アメリカにノミネート。同年、アレックス・カールトンがL.L.ビーンのニュークラシックライン「L.L. シグネチャー(L.L.Bean Signature)」のクリエイティブ・ディレクターに就任。

[ 続きを読む ]

Data - ローグスギャラリーの関連データ

用語: CFDA クラシック ブランド: L.L.ビーン アバクロンビー&フィッチ ラルフ ローレン

ブランド・デザイナー紹介