ホーム > ファッション用語集 > 素材 > イカット:ikat

イカット:ikat

解説:イカットについて

イカット(ikat)とは、絣(かすり)織物のこと。もともとはマレー語の「縛る」「結ぶ」などを意味する言葉で、そこが由来。インドネシアやマレーシアの織物のことを言うが、広くは絣織物全般を指すこともある。

幾何学模様や筆でかすったようなかすり柄が特徴、糸の段階で染めて、それを織って柄を出す。

News - 用語「イカット」が使われているニュース

マックスマーラ 2018年春夏コレクション - プレイフルなシティウェアは心の安らぎとなる

マックスマーラ 2018年春夏コレクション - プレイフルなシティウェアは心の安らぎとなる

…アップは、裾を膝までロールアップしたボーイカットパンツをコーディネートし、スタンダードから離れた上質…

ヨウジヤマモト×アディダス、ハイカットスニーカー3モデルが発売

ヨウジヤマモト×アディダス、ハイカットスニーカー3モデルが発売

…ジヤマモトのシグネチャーロゴを刺繍したハイカットスニーカー。素材は、アッパー部分にソフトレザー、ソー…

コンバース×エンジニアド ガーメンツ×ビームス、3つの素材が融合した「オールスター 100」

コンバース×エンジニアド ガーメンツ×ビームス、3つの素材が融合した「オールスター 100」

…登場。メンズ・ウィメンズから、それぞれハイカットとローカットの2種類が展開される。   CO…