ホーム > ファッション用語集 > 素材 > イカット:ikat

イカット:ikat

解説:イカットについて

イカット(ikat)とは、絣(かすり)織物のこと。もともとはマレー語の「縛る」「結ぶ」などを意味する言葉で、そこが由来。インドネシアやマレーシアの織物のことを言うが、広くは絣織物全般を指すこともある。 幾何学模様や筆でかすったようなかすり柄が特徴、糸の段階で染めて、それを織って柄を出す。

News-用語「イカット」が使われているニュース

コンバースから新作オールスター、“カタカナ表記”のアンクルパッチ&ヒールラベル

コンバースから新作オールスター、“カタカナ表記”のアンクルパッチ&ヒールラベル

…の文字に、“カタカナ表記”を取り入れたハイカットのオールスター。くるぶし位置のアンクルパッチには通常…

コンバースの新作オールスター、米国製“コーンデニム”を使用

コンバースの新作オールスター、米国製“コーンデニム”を使用

… 今回のデザインは、ローカット・ハイカット共に登場。タン裏には、ホワイトオークの織りネームが縫…

アディダス オリジナルス by アレキサンダー ワンのコラボ第3弾、フットボールウェアをモードに

アディダス オリジナルス by アレキサンダー ワンのコラボ第3弾、フットボールウェアをモードに

…はバスケットシューズスタイルを踏襲したハイカットのタフなフォルムを採用。一方で、ラグジュアリーな素材…