menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. ホーム   /  
  2. ニュース   /  
  3. 歌川広重に関するまとめ

News歌川広重の関連ニュース

ボストン美術館所蔵「THE HEROES 刀剣×浮世絵-武者たちの物語」六本木・静岡・兵庫で
…菱川師宣、北尾政美、歌川国貞、歌川国芳、歌川広重、月岡芳年など、有名絵師が手掛けたクールで迫力のあ…
葛飾北斎・歌川広重の展覧会が江戸東京博物館で、「冨嶽三十六景」全46図や北斎・広重の代表作を一挙公開
…物館の浮世絵コレクションから、葛飾北斎と歌川広重の作品を紹介する展覧会だ。代表作「冨嶽三十六景」全…
企画展「浮世絵風景画」町田市立国際版画美術館で - 広重・清親・巴水の風景版画を一挙紹介
…重・清親・巴水 三世代の眼─」は、江戸の歌川広重、明治の小林清親、そして大正から昭和の川瀬巴水とい…
展覧会「映えるNIPPON」府中市美術館で - “名所”を描いた、江戸〜昭和の絵画・版画などを紹介
…。江戸をはじめ、各地の名所を描いた絵師・歌川広重。本展では、明治期の変わりゆく東京の姿を描きだした…
山種美術館、珠玉の浮世絵・江戸絵画を紹介する所蔵品展 - 北斎・広重らの浮世絵や琳派作品など
…8月29日(日)まで開催する。葛飾北斎や歌川広重、喜多川歌麿といった絵師の名品や、琳派の充実した作…
ユニクロ「UT」×「佐藤可士和展」Tシャツ、国立新美術館限定で - ポケモンやディズニーなど27種
…施したアートなTシャツも用意。浮世絵師・歌川広重デザインのTシャツは、味のあるグラデーションの色彩…
琵琶湖博物館がリニューアルオープン、400万年前の“琵琶湖と生き物”の変化を辿る新展示室など
…。琵琶湖の水上交通の主役だった丸子船は、歌川広重の浮世絵『近江八景』が掲げられた壁際に展示されてい…
浮世絵デザインのミントタブレット「ヒントミント」葛飾北斎・歌川広重・歌川国芳の浮世絵がモチーフ
…葛飾北斎・歌川広重・歌川国芳の浮世絵デザインのミントタブレット、ヒントミント「浮世絵クラシックコレ…
“日本とフランスの芸術交流”巡る展覧会がポーラ美術館で、ゴッホや黒田清輝ら100点以上を展示
…え含み全約130点)<出展作家>荒木悠、歌川広重、岡田三郎助、葛飾北斎、エミール・ガレ、黒田清輝、…
東京都美術館「The UKIYO-E 2020 ― 日本三大浮世絵コレクション」北斎など約450点
…から、喜多川歌麿、東洲斎写楽、葛飾北斎、歌川広重、そして幕末に活躍した歌川国芳まで、60名以上の絵…
六本木で展覧会「おいしい浮世絵展」北斎・広重・国芳らが描いた“江戸の食”、再現料理や当時のレシピ本も
…語るうえで欠かせない存在である葛飾北斎、歌川広重、歌川国芳も、江戸の食の風景を描いてきた。会場では…
企画展「いきものがたり」嵯峨嵐山文華館で、犬や虎など“十二支”のいきもの&ねこの日本画66点
…品14点を展示。⻑沢芦雪「猫と仔犬図」や歌川広重「美人と猫図」、川合玉堂「紅梅猫児」など、個性豊か…
「大浮世絵展―歌麿、写楽、北斎、広重、国芳 夢の競演」愛知で、5大人気絵師の傑作集結
…である喜多川歌麿、東洲斎写楽、葛飾北斎、歌川広重、歌川国芳の5人に焦点を当て、国内のほか欧米の美術…
企画展「レスコヴィッチコレクション 広重・北斎とめぐるNIPPON」京都で、英泉・広重の初摺版画
…介される。 みどころは、渓斎英泉と歌川広重が分担して、江戸と京をむすぶ中山道(木曾街道)を主…
歌川広重の展覧会「広重展」長崎で - 「東海道五拾三次」全作品集結、風景画の名作浮世絵を紹介
…浮世絵師・歌川広重の展覧会「広重展」が、2019年10月26日(土)から12月8日(日)まで、長崎…
「メアリー・エインズワース 浮世絵コレクション」千葉・静岡・大阪で、葛飾北斎など名品200点
…でも稀少な初期の浮世絵版画や、葛飾北斎、歌川広重などの名品を揃える、珠玉のコレクションが展示される…
特別展「江戸の街道をゆく~将軍と姫君の旅路~」東京都江戸東京博物館で、絵画や篤姫の婚礼道具など展示
…(御上洛東海道)と「末広五十三次」では、歌川広重の「東海道五十三次」に描かれた景観を取り入れつつも…
「いつだって猫展」仙台市博物館で、江戸時代の猫ブームを歌川国芳らの浮世絵と共に紹介
…とも言える丸〆猫(まるしめねこ)を描いた歌川広重の浮世絵や、全国各地の招き猫が登場。そして第5章「…
「アートになった猫たち展」日比谷図書文化館で開催 - “猫”を描いた浮世絵や近代美人画約100点
…に広く親しまれていた。   左)歌川広重名所江戸百景浅草田圃酉の町詣1857年 右…
山種美術館「[企画展]水を描く ―広重の雨、玉堂の清流、土牛のうずしお―」水を表した浮世絵や絵画
…描き、水の神秘的な雰囲気を表現している。歌川広重(初代)は、《東海道五拾三次之内庄野・白雨》[前…