menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. 映画   /  
  4. イベント

上映イベント「フランス映画を作った女性監督たち」28作品を国立映画アーカイブで

企画上映「フランス映画を作った女性監督たち――放浪と抵抗の軌跡」が2022年3月15日(火)から3月27日(日)まで東京・国立映画アーカイブ 長瀬記念ホール OZUにて開催される。

120年以上にわたるフランス女性監督の歴史を辿る上映イベント

『冬の旅』撮影スナップ(ボネールとヴァルダ)
『冬の旅』撮影スナップ(ボネールとヴァルダ)
©Ciné-Tamaris

企画上映「フランス映画を作った女性監督たち――放浪と抵抗の軌跡」は、28作品(14プログラム)で120年以上にわたるフランス女性監督の歴史を辿る上映イベント。映画最初期の監督であるアリス・ギイが発表した『催眠術師の家で』や、ジャクリーヌ・オードリーが女性の同性愛を正面から描いた『オリヴィア』、ヌーヴェルヴァーグの先駆となったアニエス・ヴァルダの代表作『冬の旅』、『燃ゆる女の肖像』などで知られる注目監督のひとりセリーヌ・シアマの『ガールフッド』、ソフィー・ルトゥルヌールによる『奥様は妊娠中』などが上映される。

『オリヴィア』
『オリヴィア』

また、フランス・サイレント映画期を代表する“スター”ミュジドラが監督・主演した『ドン・カルロスのために』や『太陽と影』、フランソワ・トリュフォーによる映画など数多くの作品で主演を務めたジャンヌ・モローの監督作『ジャンヌ・モローの思春期』など、スターとしても活躍した女性監督たちの作品も登場。

シューベルトの有名歌曲『魔王』を映画化した作品も

さらに、ゲーテの詩をもとにしたシューベルトの有名歌曲『魔王』を、マリー=ルイズ・イリブが映画化した『魔王』など、魅力的な音楽が彩りを添えるフランス映画も鑑賞できる。

サイレント映画の生伴奏付上映やトークも開催

なお、期間中は、サイレント映画の生伴奏付上映やトークも開催。シネマテーク・フランセーズが復元したサイレント映画『スペインの祭』と『太陽と影』では、湯浅ジョウイチと鈴木真紀子による生伴奏を楽しめる。

【詳細】
企画上映「フランス映画を作った女性監督たち――放浪と抵抗の軌跡」
開催期間:2022年3月15日(火)~3月27日(日)
会期中の休館日:月曜日
会場:国立映画アーカイブ 長瀬記念ホール OZU[2階]
住所:東京都中央区京橋3-7-6

■前売指定席券
発売日:2022年3月8日(火)以降、毎週火曜日10:00より、チケットぴあにて翌週(火~日)上映回の前売指定席券(全席指定席)を販売。[Pコード:551-949]
料金:一般 520円、高校・大学生・65歳以上 310円、小・中学生 100円、障害者(付添者は原則1名まで)・国立映画アーカイブのキャンパスメンバーズ・未就学児 無料
料金(生伴奏付上映):一般 1,050円、高校・大学生・65歳以上 840円、小・中学生 600円、障害者(付添者は原則1名まで)・未就学児 無料(※手数料のみかかる)、キャンパスメンバーズ 教職員 500円、キャンパスメンバーズ 学生 400円
※前売指定席券のみ販売。会場でのチケットの販売はなし。
※障害者(付添者は原則1名まで)・キャンパスメンバーズも入場には前売指定席券が必要。

【問い合わせ先】
TEL:050-5541-8600(ハローダイヤル)

Photos(2枚)

フランス映画を作った女性監督たち 国立映画アーカイブ|写真1 フランス映画を作った女性監督たち 国立映画アーカイブ|写真2

Photos(2枚)

フランス映画を作った女性監督たち 国立映画アーカイブ|写真1 フランス映画を作った女性監督たち 国立映画アーカイブ|写真2

キーワードから探す

関連ショップ・スポット