menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. ファッション   /  
  4. コレクション

ネオンサイン 2021年秋冬メンズ&ウィメンズコレクション - 「みにくいアヒルの子」隠さない個性

ネオンサイン(NEON SIGN)の2021年秋冬メンズ&ウィメンズコレクションが発表された。テーマは「UGLYdUCK」“みにくいアヒルの子”。

「みにくいアヒルの子」がテーマ

ネオンサイン(NEON SIGN) みにくいアヒルの子|写真12

「みにくいアヒルの子」から着想した今季は、"自分らしさ"を隠さず身に着けるという、ネオンサインがこれまで追求してきたテーマを再構築する試みを行った。アプローチの1つとして、ブランドが得意とする"レイヤード"によって、着る人自身の独自性、言い換えれば"アヒルの子"らしさを表現している。

クラシカルな市松模様を組み合わせて

ネオンサイン(NEON SIGN) みにくいアヒルの子|写真1

コレクションの中でもひときわ目を引くクラシカルな市松模様のトップス、ボトムスのスタイリングを例にとると、柄を統一してセットアップ風に揃えたルックがあるかと思えば、ビッグサイズのパターンを組み合わせて動きを付けたコーディネートもあり、スタイリングによって趣が異なる。

シルエットでも個性を主張

ネオンサイン(NEON SIGN) みにくいアヒルの子|写真3

シルエットに着目すると、ウィメンズでは、肩の落ち感がピュアな雰囲気を演出するカーディガンや、脚をしなやかに見せるベルパンツなど、重心がボトムに置かれるようなアイテムが印象的。リラクシングなムードが漂うオーバーサイズのシルエットをベースにしつつ、アウトラインを部分的に操作することによって、着る人の個性を引き出している。

ネオンサイン(NEON SIGN) みにくいアヒルの子|写真4

メンズは、ボクシーなジャケットやストレートパンツ、キルティングパターンのアウターなど、骨格を強調するような厚みのあるアイテムが主流。また、パターンやシルエットだけでなく、カラーリング、素材などにもこだわりが見え、スタイリングによって“自分らしさ”が現れるラインナップが揃っている。

モノの性質を"WATT"で示す

ネオンサイン(NEON SIGN) みにくいアヒルの子|写真15

なお、2021年秋冬シーズンより、ウェアの性質を電力の単位である"ワット(WATT)"で示す新しい試みもスタート。普段から使っているモノの性質を“数値に置き換える”ことが可能なら、自分の好きなモノをより明確化することができるのでは?そんなアイデアから生まれた取り組みだ。たとえば「秩序と調和」といった性質を持つアイテムには~90W、「新時代の幕開け」を思わせるアイテムには181W~といった表示を施す。

Photos(15枚)

ネオンサイン(NEON SIGN) みにくいアヒルの子|写真1 ネオンサイン(NEON SIGN) みにくいアヒルの子|写真2 ネオンサイン(NEON SIGN) みにくいアヒルの子|写真3 ネオンサイン(NEON SIGN) みにくいアヒルの子|写真4 ネオンサイン(NEON SIGN) みにくいアヒルの子|写真5 ネオンサイン(NEON SIGN) みにくいアヒルの子|写真6 ネオンサイン(NEON SIGN) みにくいアヒルの子|写真7 ネオンサイン(NEON SIGN) みにくいアヒルの子|写真8 ネオンサイン(NEON SIGN) みにくいアヒルの子|写真9 ネオンサイン(NEON SIGN) みにくいアヒルの子|写真10 ネオンサイン(NEON SIGN) みにくいアヒルの子|写真11 ネオンサイン(NEON SIGN) みにくいアヒルの子|写真12 ネオンサイン(NEON SIGN) みにくいアヒルの子|写真13 ネオンサイン(NEON SIGN) みにくいアヒルの子|写真14 ネオンサイン(NEON SIGN) みにくいアヒルの子|写真15

キーワードから探す

ブランドプロフィール