menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. 映画   /  
  4. トピック

松本潤主演ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-」映画化、香川照之との名コンビ再び&新ヒロインに杉咲花

松本潤主演の連続ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-」が映画化。『99.9-刑事専門弁護士-THE MOVIE』として、2021年12月30日(木)に全国公開される。

松本潤主演の人気ドラマ「99.9-刑事専門弁護士-」とは

『99.9-刑事専門弁護士-』場面カット|写真6

「99.9-刑事専門弁護士-」は、TBSテレビで2016年、2018年に放送され、人気を博した松本潤主演の連続ドラマ。個性豊かな弁護士たちが、99.9%逆転不可能な刑事事件に挑んでいく新感覚の痛快リーガル・エンタテインメントだ。

型破りな弁護士・深山とベテラン敏腕弁護士・佐田との掛け合いが大きな話題になったほか、事実を解き明かしていく痛快なストーリー、法律事務所の面々のチームワーク、随所に散りばめられた小ネタ、心温まるストーリーといった数々の魅力が、多くの視聴者の心を掴んだ。

タイトルの「99.9」が意味するのは、日本の刑事事件における裁判有罪率(起訴された際に裁判で有罪になる確率)。「99.9-刑事専門弁護士-」では、たとえ99.9%有罪が確定している事件でも、残り0.1%が確定しない限り、それは本当の意味で“事実”に辿り着いたことにはならないと、その最後の「0.1%」まで諦めず事実を追い求めていく弁護士たちの姿を描く。

待望の映画化、深山最大のピンチ?!

予告編では、深山が15年前に起きた凶悪事件に挑む過程で、謎の弁護士・南雲恭平が事件に関わっていることが判明。また、因縁の裁判官・川上や元検事の大友らが、深山の前に立ちふさがり、今までになく事実追求に困窮する姿が描かれている。果たして南雲は、敵なのか?味方なのか?これまで、様々な事件の0.1%の事実に挑んできたが、今回ばかりは「今のところ、勝てる見込みがゼロ」と、弁護士・深山最大の危機に。

さらに、深山が慕う斑目法律事務所元所長・斑目春彦の「事実で人を幸せにできるかどうかはわからない」という意味深なセリフも。果たして、深山は「0.1%」の事実にたどり着くことができるのか...!?

松本潤&香川照之が続投、新ヒロインは杉咲花

主演は、連続ドラマから変わらず松本潤。2020年末の「嵐」の活動休止後、本作が俳優としての初仕事となり、主演映画としては2017年の『ナラタージュ』以来4年ぶりだ。深山とチームを組む元検事のベテラン敏腕弁護士・佐田役も香川照之が続投。また、深山と佐田の名コンビに新たな風を吹き込む新ヒロインを、杉咲花が務める。

松本潤・香川照之・杉咲花にインタビュー

松本潤・香川照之・杉咲花にインタビュー

映画『99.9-刑事専門弁護士-THE MOVIE』公開にあたり、主要キャストの松本潤、香川照之、杉咲花の3人にインタビューを実施。3年ぶりのカムバックとなる「99.9-刑事専門弁護士-」撮影秘話や“99.9%不可能”からの逆転体験など、様々なエピソードが登場している。

登場人物(キャスト)

深山大翔(松本潤)
斑目法律事務所・刑事事件専門ルーム弁護士。鋭い観察眼で常に事実を追求する。周囲が諦めた事件でも、自らが納得するまでとことんこだわる。犯罪を美化することを良しとしない潔癖さと、クールなやさしさをもつ。民事事件は扱わず刑事事件専門で、検察からは、追い詰めた被告人の 「罪」 を引っくり返してくる厄介な弁護士として目をつけられている。口癖は 「残りの0.1%に事実が隠されているかもしれない」。

飲食店を営んでいた父親の影響で料理をするのが好きで、以前担当した事件で助けた男性の小料理屋でよく料理を作っており、その2階の1室を借りて暮らしている。刑事事件にしか興味を持たないため、収入は少なく質素な暮らしをしており、家の中は必要最低限の物しか置いていないが、一つ一つへのこだわりは強い。調味料だけにはこだわりを持ち、MY調味料セットを持っている。

佐田篤弘(香川照之)
斑目法律事務所・弁護士。以前検事だったこともあり、期せずして刑事事件専門ルームの運営を任されていたが、現在は念願かなって民事に復帰。数々の大企業の顧問弁護士を務め、巨額の利益を事務所にもたらし自らも高額な報酬を得ている企業弁護のトッププレイヤー。しかし、深山のせいで刑事事件専門ルームの室長が定着しないことを気にかける所長・斑目からの申し出を受け、マネージングパートナーの座を前提として室長に戻ることに…。

「勝たなければ意味がない」 がモットー。違法すれすれの調査手段も厭わない。富と成功を追い求め、それを手に入れた自分をてらいなく自慢し、そこに至らない人間を見下す態度をとるため、輝かしい実績から所内で一目置かれてはいるものの、人望はない。唯一苦手なのが10歳年下の妻で、家庭では尻に敷かれている。

河野穂乃果(杉咲花)
司法修習を終えたばかりの新米弁護士。0.1%の事実を求めて奮闘する。

『99.9-刑事専門弁護士-』場面カット|写真2

脇を固める俳優陣も実力派ぞろい。深山が働く斑目法律事務所のメンバーをはじめ、ドラマのレギュラーキャスト陣が多数続投する。

<斑目法律事務所のメンバー>
明石達也(片桐仁)...深山を支えるパラリーガル。 深山の相棒として、どんな無理難題にも挑んでいく。
藤野宏樹(マギー)...曲者だらけの刑事事件専門ルーム内では割と常識人。双子の娘を溺愛。
中塚美麗(馬場園梓)...仕事は優秀で、プロレスをこよなく愛する。
落合陽平(馬場徹)...驚くべき数の資格を所持し、何にでも即時に対応できる弁護士。

『99.9-刑事専門弁護士-』場面カット|写真4

<その他の続投キャスト>
立花彩乃(榮倉奈々)...現在アメリカ留学中の“プ女子”弁護士。season1では、型破りな深山の行動に振り回されながらも、熱意をもって事実を追求する深山の姿に心打たれ、持ち前の努力家精神で数々の事件解決に挑んだ。
尾崎舞子(木村文乃)...現在、東京地方裁判所に勤める裁判官。season2では元裁判官弁護士として、深山とは正反対の理屈っぽい考え方で度々衝突する場面もあったが、尾崎の弟の事件をきっかけに、深山とも距離を縮め、再び裁判官となる。
丸川貴久(青木崇高)...深山の父親の事件をきっかけに、事実の追求という同じく熱い思いを共有し合い何かと協力的な検事。
川上憲一郎(笑福亭鶴瓶)...「事実」よりも「法廷での証拠」を優先させる方針の持ち主で、深山とは大きく対立し因縁関係もある東京地方裁判所所長。
大友修一(奥田瑛二)...斑目法律事務所元所長・春彦と学生時代からの深い知り合いである一方、自ら立ち上げたストーリーの結論へ導く強引な捜査や取り調べを行うことで、有罪率100%を誇っていた元東京地方検察庁検事正。
斑目春彦(岸部一徳)...深山が信頼を寄せる斑目法律事務所の元所長。

坂東健太(池田貴史)...深山が居候する小料理屋いとこんちの店長であり深山のいとこ。
加奈子(岸井ゆきの)...いとこんち常連で深山に片思い中の自称シンガーソングライター。
由紀子(映美くらら)...斑目法律事務所所長となった敏腕弁護士佐田の妻。
かすみ(畑芽育)...佐田の娘。

初参戦メンバーに西島秀俊&なにわ男子・道枝駿佑

さらに、『99.9 刑事専門弁護士』シリーズ初参戦メンバーとして、物語の重要な鍵を握る謎の弁護士役を西島秀俊が担当。松本潤と映画初共演となる。

『99.9-刑事専門弁護士-』場面カット|写真8

西島秀俊は「ドラマの出演者の方々から『 99.9』の 撮影現場の素晴らしさを聞いていたので、今回参加することがとても楽しみでした。実際の撮影では、 斑目法律事務所の皆さんが自由なアドリブでどんどんシーンを作り上げていく様子に驚きました。これは『 99.9 』ならではの魅力ですし、 何よりキャストとスタッフの皆さんが全力でより良い作品を作ろうとしていることが伝わってくる現場でした。」とコメントしている。

『99.9-刑事専門弁護士-』場面カット|写真9

Photos(9枚)

『99.9-刑事専門弁護士-』場面カット|写真1 『99.9-刑事専門弁護士-』場面カット|写真2 『99.9-刑事専門弁護士-』場面カット|写真3 『99.9-刑事専門弁護士-』場面カット|写真4 『99.9-刑事専門弁護士-』場面カット|写真5 『99.9-刑事専門弁護士-』場面カット|写真6 『99.9-刑事専門弁護士-』場面カット|写真7 『99.9-刑事専門弁護士-』場面カット|写真8 『99.9-刑事専門弁護士-』場面カット|写真9

Photos(9枚)

キーワードから探す