menu

fashionpress[ファッションプレス]

トップ   >   ニュース   >   映画   >   トピック

映画『デッド・ドント・ダイ』ジム・ジャームッシュ最新作はまさかのゾンビコメディー

    Page:
  • 1
  • 2
  • Allow

ジム・ジャームッシュ監督映画『デッド・ドント・ダイ』が、公開を延期。公開日が決まり次第、公式ホームページ等にて告知される。

ジャームッシュ最新作はまさかの“ゾンビコメディー”

2016年、バス運転手の何気ない日常を切り取った人間ドラマ『パターソン』と、イギー・ポップ率いる伝説のロックバンド「ザ・ストゥージズ」に迫る音楽ドキュメンタリー『ギミー・デンジャー』の長編2作を公開し、ジャームッシュ節の健在ぶりを見せつけた鬼才ジム・ジャームッシュ。

その3年ぶりの新作となる本作『デッド・ドント・ダイ』は、まさかの“ゾンビ映画”だ。テニスラケットを振り回す「スポ根ゾンビ」、“コーヒー”という言葉を繰り返してさまようコーヒー・ゾンビ、酒の匂いを漂わせ酔っ払う「シャルドネ・ゾンビ」など、生前の物欲に従って行動するゾンビたちを映像化。

アメリカの田舎町を舞台に、3人しかいない警察署に勤める保安官とゾンビの戦いを、ジャームッシュらしい独特のオフビート感と共にコミカルに描きだす。

あらすじ

アメリカの田舎町センターヴィルに、何やら恐ろしくゾッとする影が・・・。3人だけの警察署で働くロバートソン署長とピーターソン巡査は、ダイナーでの変死事件を皮切りに、思わぬ事態に巻き込まれていく。次々と墓場から蘇えり、町に溢れる死者たち。どうやら生前の活動に引き寄せられているようだ。日本刀を携えて救世主のごとく現れた葬儀屋のゼルダも加わり、時間を追うごとに増殖していくゾンビたちに立ち向かう。彼らを待ち受けるのは、希望か、それとも絶望か・・・!?

キャスト

主要キャラに、アダム・ドライバー×ビル・マーレイ×クロエ・セヴィニー

Credit : Abbot Genser / Focus Features © 2019 Image Eleven Productions, Inc.
Credit : Abbot Genser / Focus Features © 2019 Image Eleven Productions, Inc.

ロニー・ピーターソン保安官代理役を演じるのは、前作『パターソン』に続き主役に抜擢されたアダム・ドライバー。また、主演作『ブロークン・フラワーズ』(05)のほか、『コーヒー&シガレッツ』(03)『リミッツ・オブ・コントロール』(09)など多数の作品に出演しているビル・マーレイがクリフ・ロバートソン保安官に扮し、アダムとバディをくむ。そして、最後の保安官ミンディー・モリソン役にクロエ・セヴィニー。

盟友トム・ウェイツ、イギー・ポップ、ティルダ・スウィントンも出演

また、『ダウン・バイ・ロー』(86)で主演を務めたトム・ウェイツ、映画『ギミー・デンジャー』ではその製作を自ら依頼したというイギー・ポップ、『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』(13)でヒロインのヴァンパイア役を名演したティルダ・スウィントンと、ジャームッシュ作品にゆかりのあるキャスト勢も出演。そのほか、セレーナ・ゴメス、ダニー・グローヴァー、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズら新たな豪華メンバーも作品を盛り上げる。

漫画「100 日後に死ぬワニ」とコラボ!

映画公開に先駆け、互いに“死”というテーマを持った漫画「100日後に死ぬワニ」(※)と映画『デッド・ドント・ダイ』のコラボレーションが実現。公開されたイラストには、ワニやネズミやニワトリをはじめとしたお馴染みの人気キャラクターたちが、映画のビジュアル広告を興味深そうに観ながら、“これ見る?”と会話を繰り広げる日常の一コマが切り取られている。

さらにその手前には、ゾンビとなってしまった犬たちが『デッド・ドント・ダイ』の看板を持つ姿も。映画公開は4月3日(金)から。日々残された時間が少なくなっていくワニは、果たして映画鑑賞を仲間と共に叶えることができるのか―⁈

※漫画「100日後に死ぬワニ」…漫画家/イラストレーターのきくちゆうき作、2019年12月12日から毎日19時にSNS投稿されている4コマ漫画。1日進むごとに、「死まであと○○日」とカウントダウンされる衝撃的なワニの余命宣告とは対照的に、のほほんとした何気ない日常を描いていくギャップのある内容に、日本全国で中毒者が続出。“X DAY”となる2020年3月20日のワニの行く末を、多くのファンが見守っている。

Photos(14枚)

デッド・ドント・ダイ 画像1 デッド・ドント・ダイ 画像2 デッド・ドント・ダイ 画像3 デッド・ドント・ダイ 画像4 デッド・ドント・ダイ 画像5 デッド・ドント・ダイ 画像6 デッド・ドント・ダイ 画像7 デッド・ドント・ダイ 画像8 デッド・ドント・ダイ 画像9 デッド・ドント・ダイ 画像10 デッド・ドント・ダイ 画像11 デッド・ドント・ダイ 画像12 デッド・ドント・ダイ 画像13 デッド・ドント・ダイ 画像14

Photos(14枚)

関連ニュース

キーワードから探す

ピックアップ

東京都内の美術館・博物館情報 - おすすめ展覧会スケジュールも
東京都内の美術館・博物館情報 - おすすめ展覧会スケジュールも
〈大阪・京都・兵庫〉関西の美術館&博物館情報 - おすすめ展覧会の開催スケジュール
〈大阪・京都・兵庫〉関西の美術館&博物館情報 - おすすめ展覧会の開催スケジュール
人気の新作コンビニスイーツ&ドリンクを一挙に紹介
人気の新作コンビニスイーツ&ドリンクを一挙に紹介
【映画】2020年 邦画作品を一挙紹介 - 人気漫画の実写化からオリジナルまで注目作が満載
【映画】2020年 邦画作品を一挙紹介 - 人気漫画の実写化からオリジナルまで注目作が満載
2020年公開映画<洋画の話題作>ノーラン新作、キングスマンやミニオン続編など
2020年公開映画<洋画の話題作>ノーラン新作、キングスマンやミニオン続編など

スケジュール

映画『WAVES/ウェイブス』A24制作“愛を信じる若者達の物語”、カニエ・ウェストら全31曲を採用
4月10日(金)発売
映画『WAVES/ウェイブス』A24制作“愛を信じる若者達の物語”、カニエ・ウェストら全31曲を採用
ドキュメンタリー映画『プラド美術館 驚異のコレクション』世界屈指の美術館にカメラが初密着
4月10日(金)公開
ドキュメンタリー映画『プラド美術館 驚異のコレクション』世界屈指の美術館にカメラが初密着
映画館「アップリンク京都」烏丸御池駅直結、計4スクリーン構成のミニシアター
4月16日(木)オープン
映画館「アップリンク京都」烏丸御池駅直結、計4スクリーン構成のミニシアター
又吉直樹作の恋愛小説『劇場』が山﨑賢人×松岡茉優で映画化、監督に“セカチュー”の行定勲
4月17日(金)公開
又吉直樹作の恋愛小説『劇場』が山﨑賢人×松岡茉優で映画化、監督に“セカチュー”の行定勲
映画『カセットテープ・ダイアリーズ』B・スプリングスティーンの音楽が奏でる、80年代青春ドラマ
4月17日(金)公開
映画『カセットテープ・ダイアリーズ』B・スプリングスティーンの音楽が奏でる、80年代青春ドラマ
 スケジュール一覧