menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. ファッション   /  
  4. インタビュー

【インタビュー】ユニクロとのコラボで見えた、“J.W.アンダーソンが服作りで大切にしていること”

ユニクロ(UNIQLO)とJW アンダーソン(JW Anderson)のコラボレーション「UNIQLO and JW ANDERSON」の第2弾が、2018年4月20日(金)より発売される。その店頭展開スタートに際し、デザイナーのジョナサン・ウィリアム・アンダーソンが来日した。

【インタビュー】ユニクロとのコラボで見えた、“J.W.アンダーソンが服作りで大切にしていること”|写真5

ジョナサン・ウィリアム・アンダーソンが語るコラボ第2弾の魅力

2017年秋冬シーズンに続けて2度目となるコレクション。ジョナサン・ウィリアム・アンダーソンは、前回のワードローブとどのように組み合わせられるかを考えながら、ユニクロとともに制作にあたったそうだ。

【インタビュー】ユニクロとのコラボで見えた、“J.W.アンダーソンが服作りで大切にしていること”|写真9

第2弾では「ブライトン・ビーチ」がインスピレーションですね。

2回目の依頼を受け、とてもワクワクしました。そして、テーマとして「ブライトン・ビーチ」が頭に浮かびました。海辺のノスタルジックな雰囲気を表現したいと思ったのです。

ご自身でブライトン・ビーチに足を運ばれたことはあるのですか。

もちろんあります。僕自身とても大好きな場所です。

大学に入った初年度にイギリスのブライトンでパーティーをしたときのことが印象的で。イギリスを象徴する場所でありながら、そこには、中国のシノワズリーに影響を受けたものや、日本のカルチャーからも影響を受けたものがありました。当時はコミュニケーションが難しかったはずの世界の文化を、想像を交えながら表現したものたちが存在するのです。それが僕にとってとても興味深かかったです。

【インタビュー】ユニクロとのコラボで見えた、“J.W.アンダーソンが服作りで大切にしていること”|写真12

2018年春夏コレクションでは、イギリスの伝統的な要素も見ることができますね。

ブライトン・ビーチがイギリスの歴史を伝える場所であることもあり、そうしました。

コレクションの中では、50~60年代のデニムやワークマンジャケットに象徴されるような仕事着の要素を見て取れると思います。海辺を想わせる自然の色だったり、柔らかく軽やかなコットンリネンなどの素材であったりを採用して抜け感を出しました。着古したようなリラックスした雰囲気が、今回のコレクションの魅力です。

気に入っているディテールを教えてください。また、お気に入りのアイテムはありますか。

シャツ、特にロングシャツです。様々な着こなしができる上、後ろが長いフォルム、そしてポケットのデザインがとても素晴らしいんです。また、チノ素材のディテールも多用していて、洗いこまれた素材感が美しい生地です。それから、海辺を想わせるカモメもお気に入りのひとつですよ。

“シンプルが着る人の個性を創る”―ジョナサンが服作りで大切にしていること

今回のコレクションでは、ジョナサンお気に入りのコットンリネンに加えて、カイハラのデニム生地、シワになりにくいDRY EXなど、ユニクロならではの素材を用いている。ジョナサンは、「このコラボレーションは、あくまで“ユニクロが提案する日常のコアとなるライフウェアに、アニメーションをプラスするようなこと”」と捉えているそうだ。また、コラボレーションをすることで、ユニクロと自身のクリエーションとの新しい対話を実現してるとも。

次に聞いたのは、ジョナサンが、日ごろの服作りにおいて大切にしていること。ユニクロとのコラボレーションコレクション制作にあたって、さらには自身のブランドだけでなくロエベ(LOEWE)を手掛けるにあたって、デザイナーとしての想いを打ち明けてくれた。

【インタビュー】ユニクロとのコラボで見えた、“J.W.アンダーソンが服作りで大切にしていること”|写真6

服を作る上で意識していることはありますか。

ユニクロとのコラボレーションでももちろんそうですが、最近2年ぐらいは、“普段らしさ”を表現したいと考えています。その上で重要なのが、洋服を作ることよりスタイリングじゃないのかと。デニムだったり、オックスフォードシャツといった伝統的なものをどう表現するかが大事だと思うのです。

伝統的なファッションの魅力とはどういうところだと思いますか。

シンプルに見えて複雑なところ。日常の何気ない場所で着ているTシャツやオックスフォードシャツは長い年月をかけて改良され、進化してきたものですよね。歴史を考えると、実はとても趣深いなものなのです。

ジーンズを例にあげると、僕の中で印象的なのが、デザイナーのイヴ・サンローランが言っていた「ジーンズを私自身が世の中にだすことができなかったことが残念だ。」という言葉。あれほどまでに世界のファッション界の歴史に影響を与えた人でも、そう言わしめるジーンズはすごいものだと感じます。

日常、気軽に身に着けているものに、そのような特別だという考えを持てるのはとても素敵なことです。

きっと好奇心をもつことが大切で、“知りたい”という気持ちがなければいけないなと。気づかなければノーマルなことでも、好奇心によって気づきがあればアブノーマルになるのです。

そして、その気付きによって、服を着る際の個性が生まれるのではないでしょうか。

【インタビュー】ユニクロとのコラボで見えた、“J.W.アンダーソンが服作りで大切にしていること”|写真21

ノーマルなものから個性を生み出すということですか。

そうです。そもそも、服はエクスクルーシブなものではなくて、インクルーシブなものでないといけない。そのためには、ノーマリティ(普通であること)が必要です。ノーマリティというのは、例をひとつ挙げるなら、朝起きて何も考えずにやる動作のこと。つまりは、個々が持っている潜在的な意識の中にあるものだと思っています。

ひとつの服が、着る人によって存在意義を変えるんですね。

僕にとっては、Tシャツ、デニム、チノがユニフォーム的な存在なのですが、他の人から見ると違うかもしれないですよね。どんなワードローブも、着る人によってベーシックという概念を持ちうる可能性がある。自分なりの異なるエレメントを加えることで、自らの良さをだしていくのが服だと思うのです。

例えば、オードリー・ヘプバーンが映画『ローマの休日』で白シャツをきていたシーンってとても有名ですよね。オードリーは、どこにでもあるようなクラシックな男性のシャツを着ているのですが、彼女が着るととてもセクシーで、男性が着たときとは違う魅力があります。

僕たちは服をつくる立場だけど、最終的に服を完成させられるのは服を着る人。服に息吹を与えるのは、身に着ける人でないといけないと僕は思っています。それはシンプルでも、古典的なものでもいい。華美にする必要はありません。むしろ、クラシックでシンプルだからこそ、個性が際立つと思っています。

コレクション詳細

「UNIQLO and JW ANDERSON」2018年春夏コレクション
発売時期:2018年4月20日(金)
場所:<フルラインナップ>ユニクロ銀座店ビックロ ユニクロ 新宿東口店ユニクロ吉祥寺店ユニクロ MARK IS みなとみらい店ユニクロ札幌エスタ店ユニクロ仙台泉店ユニクロ名古屋店ユニクロ 大阪ユニクロ心斎橋店ユニクロキャナルシティ博多店など全58店舗とユニクロオンラインストア
※その他一部商品をユニクロの全店舗にて販売。※一部の地域では発売日が異なる。※店舗により取扱商品が異なる。
■アイテム
<ウィメンズ>
・アウター(ユニセックス) 2,990円~5,990円+税
・パンツ/スカート 3,990円~4,990円+税
・Tシャツ(一部ユニセックス) 1,500円~1,990円+税
・ワンピース 2,990円~4,990円+税
・ブラウス/ニット 2,990円+税
・ハット/バッグ(ユニセックス) 1,990円~3,990円+税
<メンズ>
・アウター(一部ユニセックス) 2,990円~5,990円+税
・パンツ 2,990円~3,990円+税
・シャツ 2,990円~3,990円+税
・Tシャツ/ポロシャツ/ニット(一部ユニセックス) 1,500円~2,990円+税
・ソックス 390円+税
・ハット/バッグ(ユニセックス) 1,990円~3,990円+税

Photos(22枚)

【インタビュー】ユニクロとのコラボで見えた、“J.W.アンダーソンが服作りで大切にしていること”|写真1 【インタビュー】ユニクロとのコラボで見えた、“J.W.アンダーソンが服作りで大切にしていること”|写真2 【インタビュー】ユニクロとのコラボで見えた、“J.W.アンダーソンが服作りで大切にしていること”|写真3 【インタビュー】ユニクロとのコラボで見えた、“J.W.アンダーソンが服作りで大切にしていること”|写真4 【インタビュー】ユニクロとのコラボで見えた、“J.W.アンダーソンが服作りで大切にしていること”|写真5 【インタビュー】ユニクロとのコラボで見えた、“J.W.アンダーソンが服作りで大切にしていること”|写真6 【インタビュー】ユニクロとのコラボで見えた、“J.W.アンダーソンが服作りで大切にしていること”|写真7 【インタビュー】ユニクロとのコラボで見えた、“J.W.アンダーソンが服作りで大切にしていること”|写真8 【インタビュー】ユニクロとのコラボで見えた、“J.W.アンダーソンが服作りで大切にしていること”|写真9 【インタビュー】ユニクロとのコラボで見えた、“J.W.アンダーソンが服作りで大切にしていること”|写真10 【インタビュー】ユニクロとのコラボで見えた、“J.W.アンダーソンが服作りで大切にしていること”|写真11 【インタビュー】ユニクロとのコラボで見えた、“J.W.アンダーソンが服作りで大切にしていること”|写真12 【インタビュー】ユニクロとのコラボで見えた、“J.W.アンダーソンが服作りで大切にしていること”|写真13 【インタビュー】ユニクロとのコラボで見えた、“J.W.アンダーソンが服作りで大切にしていること”|写真14 【インタビュー】ユニクロとのコラボで見えた、“J.W.アンダーソンが服作りで大切にしていること”|写真15 【インタビュー】ユニクロとのコラボで見えた、“J.W.アンダーソンが服作りで大切にしていること”|写真16 【インタビュー】ユニクロとのコラボで見えた、“J.W.アンダーソンが服作りで大切にしていること”|写真17 【インタビュー】ユニクロとのコラボで見えた、“J.W.アンダーソンが服作りで大切にしていること”|写真18 【インタビュー】ユニクロとのコラボで見えた、“J.W.アンダーソンが服作りで大切にしていること”|写真19 【インタビュー】ユニクロとのコラボで見えた、“J.W.アンダーソンが服作りで大切にしていること”|写真20 【インタビュー】ユニクロとのコラボで見えた、“J.W.アンダーソンが服作りで大切にしていること”|写真21 【インタビュー】ユニクロとのコラボで見えた、“J.W.アンダーソンが服作りで大切にしていること”|写真22

関連ニュース

ブランドプロフィール

関連用語

ピックアップ

匿名の美術家・バンクシーとは? ストリートアートなどの作品を紹介&展覧会の開催情報も
匿名の美術家・バンクシーとは? ストリートアートなどの作品を紹介&展覧会の開催情報も
2021年公開<邦画の注目作>を一気にチェック!人気漫画の実写映画からアニメ作品まで
2021年公開<邦画の注目作>を一気にチェック!人気漫画の実写映画からアニメ作品まで
東海のおすすめ展覧会情報2021〈愛知・静岡ほかの美術館〉会期など開催スケジュール&展示アート作品
東海のおすすめ展覧会情報2021〈愛知・静岡ほかの美術館〉会期など開催スケジュール&展示アート作品
関西のおすすめ展覧会情報2021〈大阪・京都・兵庫ほか〉美術館・博物館での開催スケジュール&展示作品
関西のおすすめ展覧会情報2021〈大阪・京都・兵庫ほか〉美術館・博物館での開催スケジュール&展示作品
2022年公開予定の映画<洋画編>人気アニメ&マーベル最新作や話題の実写化ミステリー
2022年公開予定の映画<洋画編>人気アニメ&マーベル最新作や話題の実写化ミステリー

スケジュール

プーマ“レトロ”な新作スニーカーや"蛍光ペイント"Tシャツ、「リ.ジェン」シリーズから
2021.9.21(火)
プーマ“レトロ”な新作スニーカーや"蛍光ペイント"Tシャツ、「リ.ジェン」シリーズから
マリメッコ“100以上のプリントデザイン”収録の日本語版公式アートブック、代官山で展示&限定ストアも
2021.9.21(火)~2021.10.15(金)
マリメッコ“100以上のプリントデザイン”収録の日本語版公式アートブック、代官山で展示&限定ストアも
クラネ×フルーツオブザルームのTシャツ&スウェット、ロゴ刺繍&モノトーンのピスネーム付き
2021.9.21(火)
クラネ×フルーツオブザルームのTシャツ&スウェット、ロゴ刺繍&モノトーンのピスネーム付き
グラニフ×ミュシャのコラボTシャツ&ワンピース、「四季」など絵画やポスター作品をプリント
2021.9.21(火)
グラニフ×ミュシャのコラボTシャツ&ワンピース、「四季」など絵画やポスター作品をプリント
グラウンド ワイ×ニューエラ、“Y”の立体刺繍入りキャップ&コーチジャケット
2021.9.21(火)
グラウンド ワイ×ニューエラ、“Y”の立体刺繍入りキャップ&コーチジャケット
 スケジュール一覧