menu

fashionpress[ファッションプレス]

トップ   >   ニュース   >   映画   >   トピック

映画『トランスフォーマー/最後の騎士王』オプティマス・プライムが敵に?シリーズ新3部作の第1弾

映画『トランスフォーマー/最後の騎士王』が、2017年8月4日(金)に全国の劇場で公開される。

トランスフォーマーシリーズ新3部作の第1弾

全世界のシリーズ累計興行収入は約3800億円と、大ヒットを記録している映画『トランスフォーマー』シリーズ。最先端VFXと、実際に爆破を行うような実写アクション映像の融合で多くの人々に驚きを与え続けてきた同シリーズの新作となる映画『トランスフォーマー/最後の騎士王』は、3年連続で公開する新たなシリーズの第1弾となる。

監督はマイケル・ベイ、主演は前作主人公のマーク・ウォールバーグ

監督はもちろん、これまでの作品を手掛けてきたマイケル・ベイ。主演は、前作で主人公を務めたマーク・ウォールバーグだ。また、従来のキャスト&キャラクターを軸に、新しいキャスト&キャラクターが次々と本シリーズには登場する。

新キャストとして『羊たちの沈黙』でハンニバル・レクター博士を演じた大御所のアンソニー・ホプキンス、新ヒロインに『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のローラ・ハドックが参加。そのほか、御馴染みのジョシュ・デュアメル、タイリース・ギブソン、ジョン・タトゥーロ、スタンリー・トゥッチらが再び出演する。脚本はマット・ハロウェイ&アート・マーカム(ともに『アイアンマン』を手掛けた)とケン・ノーラン。驚異のトランスフォーメーションを実現するVFXは、世界最大の特撮工房「ILM」が務める。

シリーズ最大スケールで描かれる“最終章のはじまり”

トランスフォーマーと人間の戦いが避けられない絶望の中で、唯一の希望は“選ばれし者”の存在であると知った主人公ケイド・イェーガー(マーク・ウォールバーグ)。オクスフォード大学の女教授(ローラ・ハドック)、謎の少女(イザベラ・モナー)との出会いを経て人類最大の危機に立ち向かうイェーガーは世界を救えるのか?

「最終章の始まり」と監督が語る通り、過去シリーズの謎、そして地球史を覆す歴史ミステリーがシリーズ最大のスケールで描かれる。

オプティマスが悪に染まり、ケイドとバンブルビーに刃を向ける

目の前に現れた“創造主”と呼ばれる存在に拘束されたオプティマス・プライムは、「お前は故郷を破壊した。償いを求めるか?」と迫られ、瞳の色を変化させながら「はい、創造主様」と服従するショッキング展開に。

マーク・ウォールバーグは、オプティマスについて次のように話している。
「オプティマスが悪に染まってケイドとバンブルビーに刃を向けるというショッキングなストーリー展開ですが、僕は一度もオプティマスへの信頼を失ったことはないと誓うし、バンブルビーと僕が彼の心を取り戻し、改心させる責任があるとだけ言っておきましょう。前作よりも大きなスケールで内容もレベルアップしているし、マイケル・ベイ監督も常にファンにより良いものを見せたいと思っているんですよ。」

また、アンソニー・ホプキンス演じる謎の英国老人によると、トランスフォーマーと人間との繋がりは1000年以上前から始まり、独立戦争、ナポレオン戦争、第一次世界大戦などその歴史のターニングポイントにトランスフォーマーが深く関わっていたそうだ。

日本版予告が世界最速で公開

そのほか、ナチスの旗が掲げられた建物に近づく1台の車がトランスフォーミングし、リボルバーをぶっ放すという、歴史の闇に葬られていたのであろう驚愕の戦闘シーンや、トランスフォーマー同士の戦いが繰り広げられ、「我々の星を救うため全ての人間を滅ぼす」と恐怖の宣言とともに地球に帰還したダーク・オプティマスが、ケイドの制止も聞かずバンブルビーと壮絶な死闘を展開する。

『トランスフォーマー/最後の騎士王』あらすじ

人類とトランスフォーマーが壮絶な戦いを繰り広げる最中、オプティマス・プライムが消息を絶った…。果たして、オプティマスはどこにいってしまったのか?その一方、目前に迫る未曽有の危機から地球を救うため、前作の主人公・発明家ケイド・イェーガー(マーク・ウォールバーグ)の下に集まったのは、オプティマス無き後オートボットのリーダーとなったバンブルビー、謎の英国貴族(アンソニー・ホプキンス)、そして、オックスフォード大学の女教授(ローラ・ハドック)、誰も予想していないチームだった!『トランスフォーマー/最後の騎士王』で問われる“正義"、そして明かされる人類の謎。誰もが一度は変化を起こす為に立ち上がらなければいけない。そこでは追われる者がヒーローに、そしてヒーローが悪に。人類かトランスフォーマーか?オプティマスかバンブルビーか?生き残るのは、果たしてどちらなのか!?

【作品情報】
映画『トランスフォーマー/最後の騎士王』
原題:Transformers: The Last Knight
公開:2017年8月4日(金) 全国ロードショー
監督:マイケル・ベイ
脚本:マット・ハロウェイ、アート・マーカム、ケン・ノーラン
出演:マーク・ウォールバーグ、ローラ・ハドック、ジョシュ・デュアメル、タイリース・ギブソン、ジョン・タトゥーロ、スタンリー・トゥッチ、アンソニー・ホプキンス
© 2017 Paramount Pictures. All Rights Reserved. HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro.
© 2017 Hasbro. All Rights Reserved.

Photos(19枚)

トランスフォーマー/最後の騎士王 画像1 トランスフォーマー/最後の騎士王 画像2 トランスフォーマー/最後の騎士王 画像3 トランスフォーマー/最後の騎士王 画像4 トランスフォーマー/最後の騎士王 画像5 トランスフォーマー/最後の騎士王 画像6 トランスフォーマー/最後の騎士王 画像7 トランスフォーマー/最後の騎士王 画像8 トランスフォーマー/最後の騎士王 画像9 トランスフォーマー/最後の騎士王 画像10 トランスフォーマー/最後の騎士王 画像11 トランスフォーマー/最後の騎士王 画像12 トランスフォーマー/最後の騎士王 画像13 トランスフォーマー/最後の騎士王 画像14 トランスフォーマー/最後の騎士王 画像15 トランスフォーマー/最後の騎士王 画像16 トランスフォーマー/最後の騎士王 画像17 トランスフォーマー/最後の騎士王 画像18 トランスフォーマー/最後の騎士王 画像19

関連ニュース

キーワードから探す

ピックアップ

東京都内の美術館・博物館情報 - おすすめ展覧会スケジュールも
東京都内の美術館・博物館情報 - おすすめ展覧会スケジュールも
【映画】2020年 邦画作品を一挙紹介 - 人気漫画の実写化からオリジナルまで注目作が満載
【映画】2020年 邦画作品を一挙紹介 - 人気漫画の実写化からオリジナルまで注目作が満載
2020年公開映画<洋画の話題作>ノーラン新作、キングスマンやミニオン続編など
2020年公開映画<洋画の話題作>ノーラン新作、キングスマンやミニオン続編など
おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール
おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール
[2020年]夏スイーツ特集 - ホテルのかき氷からコンビニアイスまで一挙紹介
[2020年]夏スイーツ特集 - ホテルのかき氷からコンビニアイスまで一挙紹介

スケジュール

ホラー映画『ラ・ヨローナ ~彷徨う女~』現代に蘇る中南米の“恐怖の伝説”
7月10日(金)公開
ホラー映画『ラ・ヨローナ ~彷徨う女~』現代に蘇る中南米の“恐怖の伝説”
仏映画『シャイニー・シュリンプス』ゲイの弱小水球チームの奮闘劇をコミカルに描く
7月10日(金)公開
仏映画『シャイニー・シュリンプス』ゲイの弱小水球チームの奮闘劇をコミカルに描く
映画『WAVES/ウェイブス』A24制作“愛を信じる若者達の物語”、カニエ・ウェストら全31曲を採用
7月10日(金)公開
映画『WAVES/ウェイブス』A24制作“愛を信じる若者達の物語”、カニエ・ウェストら全31曲を採用
映画『リトル・ミス・サンシャイン』初のデジタル素材で特別公開、“でこぼこ家族”が再びスクリーンに
7月10日(金)公開
映画『リトル・ミス・サンシャイン』初のデジタル素材で特別公開、“でこぼこ家族”が再びスクリーンに
映画『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』未公開映像で明かされる“神の子”天才サッカー選手の光と影
7月10日(金)公開
映画『ディエゴ・マラドーナ 二つの顔』未公開映像で明かされる“神の子”天才サッカー選手の光と影
 スケジュール一覧