Paul Surridge

ポール・サリッジ

ポール・サリッジについて

イタリアのメンズブランド、ジー ゼニアのクリエイティブディレクター(2011年7月就任)

サリッジはイギリス、ハートフォードシャー州出身。
1997年にロンドンのセントラル・セント・マーチンズ・カレッジ・オブ・アート卒業後、在学中にプラダ・ウオモでのインターンシップで、当時クリエイティブ・ディレクターを務めていたニール バレットのアシスタントを経験し、ファッションデザイン・ウィズ・マーケティング学科の学士号優等学位を取得。

1997年~98年には、卒業と同時に、イタリアのラグジュアリー・レザーブランド、ルッフォS.P.A.から誘いを受け、ウィメンズおよびメンズ既製服コレクションのデザイナー/コンサルタントとなった。活動の拠点をロンドンにおき、ロンドンのジグソー・メンズウェアのクリス・ベイリー(ジグソーの創立時のクリエイティブディレクター)からカプセル・コレクションのデザインを依頼される。ジグソーのデザイン・コンサルタント職を皮切りに、ベイリーのメンズ・コレクションのコンサルタントも務めた。

1998年~2001年にかけ、 米国カルバン・クライン・インクが展開するckカルバン クラインブランドのメンズウェア部門のシニア・デザイナーとして採用され、ニューヨークに移住。翌年、デザイン・ディレクターとなり、2001年初めまでニューヨークを拠点に活動。

2001年、再びイタリアのルッフォS.P.A.のコンサルタントとしてヨーロッパに戻る。ルッフォの保有する全ブランドのウィメンズおよびメンズのレザーとアクセサリー コレクションを監修するクリエイティブディレクターに任命される。

2003年、バーバリー・ロンドン・コレクションのメンズウェア部門のシニア・デザイナーとして、バーバリー・リミテッドに入社。同社のクリエイティブ・ディレクターであるクリストファー ベイリーの下でサルトリアルとアウターウェア・コレクションを担当する。

2007年~2011年7月の間はミラノに活動拠点を移し、ジル・サンダーのクリエイティブ・ディレクター、ラフ シモンズの下でメンズウェア部門のヘッド・デザイナーを務め、ファッションショーで発表するコレクションおよび一般消費者向けコレクションのデザインを担当した。

2011年7月にジー ゼニアのクリエイティブディレクターに就任。

[ 続きを読む ]

ブランド・デザイナー紹介