ホーム > ファッションブランド > ミハラヤスヒロ

ミハラヤスヒロ:MIHARAYASUHIRO

ブランドの始まり

1996年、三原康裕がシューズブランドを「ミハラヤスヒロ」スタート。

ミハラヤスヒロについて

ミハラヤスヒロ(MIHARAYASUHIRO)は日本のファッションブランド。ブーツ、スニーカーなど素材への拘り、デザイン性の高いシューズが人気。また、シューズ同様、ウェアでもデザイン性と素材への拘りが反映されており、高い評価を受けている。これらのバランスを考慮すると、コストパフォーマンスの高い価格設定も魅力。

デザイナーの三原康裕は1972年、福岡県生まれ。母が画家であり、母の英才教育により幼い頃から絵画を描き、芸術的に恵まれた環境に育つ。父はニワトリのワクチンの研究家。多摩美術大学テキスタイル学科卒。

94年、多摩美術大学在学中、なめし(※)工場で革に関する知識を習得。職人から靴を作るときに使用する木型作りを学び、独学で靴作りを始める。96年、大学在学中にメーカーのバックアップもあり自身の名を冠したオリジナルブランド「ミハラヤスヒロ」をスタートさせる。97年卒業するとケイタ マルヤマなどブランドとのコラボレーションを積極的に行なう。

98年、南青山にミハラヤスヒロのオンリーショップをオープン。1999A/Wコレクションよりウェアラインを開始。99年には有限会社「SOSU」を設立し、新店舗を表参道に移す。2000S/Sにはレディースウェアコレクションを発表。2000S/Sよりメンズコレクションをスタート。

2000年、プーマとのコラボレーションで、プーマ・バイ・ミハラヤスヒロ(PUMA by MIHARAYASUHIRO)を発表。このコラボレーションスニーカーは世界各国でも販売され、世界的に名が知られるようになる。

2005A/Wには、ミラノコレクションに初参加。2007A/Wから、発表の場をパリに移す。パリでの最初のコレクションでは「詩が聞こえる服」と高く評価される。

2009年、3年ぶりにレディースラインを東京コレクションにて発表。2013年、ヒステリックグラマー(HYSTERIC GLAMOUR)とコラボでコレクションを発表。

2014年、ビジネスシーンへ向けた新シューズライン「MIHARAYASUHIRO Bussiness Line」を発表。

コメントおよび補足

ミハラヤスヒロの運営会社「SOSU」はユナイテッド ヌードを輸入販売しているほか、セレクトショップ「idea by SOSU」を運営。このショップではミハラヤスヒロのコレクション以外にバルマンクリスヴァンアッシュリック オウエンスクリストファー ケインクロエなどを販売。

ミハラヤスヒロ本人が「ジョークのようで説得力があるカオス的なデザインが好き」と語る記事がありました。得意のレザー製品の割合が比較的多く、ディテールが左右、前後なる靴、シンプルなニットセーターに靴ひもを編みこむなど「ミハラヤスヒロ」のデザインはユーモアを非常に大切にしていることがコレクションにも現れています。

[ 続きを読む ]

ミハラヤスヒロの関連ニュース

品格のある遊び心。ミハラヤスヒロのビジネスシューズラインから注目アイテムを紹介!

品格のある遊び心。ミハラヤスヒロのビジネスシューズラインから注目アイテムを紹介!

ミハラヤスヒロ(MIHARAYASUHIRO)がビジネスシーンへ向けた新シューズラインとして展開している「Bussiness Line」。蓄積されたデータを元に…(続きを読む)

ミハラヤスヒロ初の香水「レイン フォレスト」発売 - 深い森の香りにはデトックス効果も

ミハラヤスヒロ初の香水「レイン フォレスト」発売 - 深い森の香りにはデトックス効果も

ミハラヤスヒロ(MIHARAYASUHIRO)が、ブランド初のフレグランス「レイン フォレスト(RAIN FOREST)」を発表した。 現在、地球…(続きを読む)

【インタビュー】ミハラヤスヒロ、シューズの原点 - アートとファッションの間から

【インタビュー】ミハラヤスヒロ、シューズの原点 - アートとファッションの間から

人と向き合いたいと思って、作り始めた靴。プーマ(PUMA)とのコラボレーションで世界中のスニーカーフリークの心を掴んだ、そのオリジナリティ。自身のブラン…(続きを読む)

公式サイト

URL: http://www.miharayasuhiro.jp/

取り扱いショップ・店舗

ミハラヤスヒロ取扱い店舗

ブランド・デザイナー紹介