ホーム > ファッションブランド > ボッテガ・ヴェネタ

BOTTEGA VENETA

ボッテガ・ヴェネタ

ブランドのはじまり

1966年、モルテド夫妻が北イタリアのヴィチェンツァにて「ボッテガ ヴェネタ」を創設。

ボッテガ・ヴェネタについて

ボッテガ ヴェネタはイタリアのファッションブランド。イタリア・ヴェネト地方の熟練した革職人の伝統、クラフトマンシップに深く根ざした最高品質のアイテム展開。バッグ、小物、アクセサリーなど高級皮製品を中心に、ウェアまでトータルで展開している。

ボッテガ(工房)の名の通り手作業による靴作りを行い、滑らかなめし革の革紐を用いた編みこみバッグ「intrecciato」や茶と黒の生地を合わせたマルコ・ポーロのシリーズ、ポインテッド・ ヒールが有名。丁寧に作られた革は「シルクのようだ」と評する人もいる。革紐で編まれたサンダルは、柔らかく、履くとその人の足型に合わせて伸び、軽やかにフィットする。

ボッテガ ヴェネタの歴史は1966年、イタリア・ヴィチェンツァ(Vicenza)の丘陵地帯でモルテド夫妻が創立したことにはじまる。(モルテド夫妻の息子ガブリエレ・コルト・モルテドが2004年にバッグランド、コルトモルテドを設立している)

2001年グッチが78.5%の株を取得しグッチグループ(現ケリング)に入り、クリエイティブ・ディレクターにエルメスソニア リキエル・オムでのデザイン経験があるドイツ生まれのオーストリア人、トーマス マイヤーを迎える。

重厚なブランドにマイヤーの革新的なスタイルを持ち込みスタート。ブランド固有のエレガンスと工房の技術に新たなスタイルを加えた。光沢のある新「intrecciato」、ピラミッド型のショルダーバッグも人気を集めている。近年は革素材だけでなく、ナイロン素材の「ヴェネタシリーズ」、「ビーズバッグ」等も作っている。

グッチの資本力と、デザイナーのトーマス マイヤーのディレクションでブランドは急成長。世界中で店舗数も拡大。

日本国内においては、1974年アオイによって紹介され、展開されていたが、本社がグッチ・グループに入り、ボッテガ ヴェネタジャパンが設立され商品を展開している。

2002年、トーマス マイヤーが監修を務めた新コンセプトの旗艦店「ボッテガ ヴェネタ青山」がオープン。これはミラノ、パリ、ロンドンに続く店舗。(この店舗は後に表参道ヒルズ1Fに移転)

2007年、世界最大規模の旗艦店として銀座店がオープン。2011年、香水の展開をスタート。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL: http://www.bottegaveneta.com/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

ボッテガ・ヴェネタ取扱い店舗

ブランド・デザイナー紹介