ロメオ ジリ:ROMEO GIGLI

ブランドの始まり

1983年、ロメオ ジリが自身の名を冠したブランドでミラノコレクションにデビュー。

ロメオ ジリについて

ロメオ ジリは1949年、イタリアファエンザ州生まれ。大学では建築学を専攻。

20代の頃に南北アメリカ、中国、インド等を旅行し、各地で宝石や洋服を買い歩くことを好んでいた。その後、独学でデザインを手がけることとなる。旅行先で見つけた各国の手工芸品をモチーフに、服をデザインしていくことから始める。

78年、ニューヨークで本格的にファッションデザイナーとして活動を始める。83年自身の名を冠したブランド「ロメオ ジリ」でミラノコレクションにデビュー。

ロメオ ジリの特徴は柔らかい生地にドレープ、プリーツなどを用いて、シルエットを強調するデザインが多いことで、世界各国を回った影響か、民族調のデザインも多く取り入れる。色彩が美しく、「色の魔術師」とも言われる。

87年にはパリで始めてのコレクションを開催。そのコレクションでは最高レベルの評価を受け、オッキオ・ドーロ賞の特別賞を受賞した。

91年イギリス、バースの服飾博物館はその年のロメオ ジリのコレクションの一つを1991年のベストドレスに選出。93年、セカンドライン「G GIGLI」を発表。

2004年ブランドの親会社がロメオ ジリを他社に売却するなど経営問題が勃発し、裁判に。そのためコレクション活動は中止、結局ロメオ ジリのデザイナーとして本人が戻ることはなかった。

2005A/Wからイタリア人女性Anna Ciummが、その後、2006年から2年間Gentucca Biniがアーティスティック・ディレクターに就任した。

現在は香水などフレグランス関連商品が人気となっている。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL: http://www.romeogigli.it/

ブランド・デザイナー紹介