menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. ライフスタイル・カルチャー   /  
  4. ショップ

「無印良品」新宿2店舗が同時リニューアル、日替わり弁当やセルフコーヒー&日用品も新宿最大規模で

無印良品(MUJI)の新宿2店舗「無印良品 新宿」「MUJI 新宿」が、2021年9月10日(金)にリニューアルオープンする。

異なるテーマで同時リニューアル

無印良品(MUJI) 無印良品|写真1

伊勢丹新宿店に隣接する独立型店舗「無印良品 新宿」と、新宿ピカデリー内の「MUJI 新宿」が同時リニューアルオープン。それぞれ異なるテーマ&ラインナップを持ちながら、より地域に根付くショップを目指す。

“くらしの基本”を揃える「無印良品 新宿」

「無印良品 新宿」は、新宿区最大規模の食品&日用品を揃えたショップへと進化。1階には、冷凍食品や日替わり弁当、セルフサービスのコーヒーを新宿地区で初めて導入し、食品の品揃えを拡大。また2、3階では「化粧品」「キッチン用品」「掃除・洗濯用品」「収納用品」など、“くらしの基本”アイテムを同エリア最大規模で展開する。

衣類売り場も進化&“24時間自動販売機”も

※写真はイメージ
※写真はイメージ

さらに地下1階の「衣類雑貨」売り場では、需要の高い<靴下><肌着・ホームウェア>の売り場面積を2倍に拡大。店舗入り口には、軽食からアメニティ、折り畳み傘まで、日用品を気軽に購入できる24時間自動販売機も5台設置される。

環境や社会課題を見据えた「MUJI 新宿」

無印良品(MUJI) 無印良品|写真2

一方「MUJI 新宿」は、環境や社会課題を見据えた品揃え・サービスに特化した店舗へリニューアル。中でも注目は、ユーズドの無印良品の衣類を染め直し、新たな商品に再生させる話題プロジェクト「ReMUJI」の売り場を、ブランド最大規模で構えることだ。

「ReMUJI」の対象アイテムを拡大&新カラーなど

新店舗では、「ReMUJI」の対象アイテムが拡大されるほか、藍色、淡色、墨黒など、染め直す色のバリエーションを増加、さらに“ほつれ・破れ”などがある回収衣服をパッチワークして再商品化する取り組みも加わるなど、より充実したコンテンツを提供。また気軽に誰もが参加できるように、不要になった衣料品の回収ボックスも設置予定だという。

「もったいない市」の常設売り場など

無印良品(MUJI) 無印良品|写真3

そのほか「MUJI 新宿」では、“ワケあり”家具や生活雑貨を販売する「もったいない市」の常設売り場の設置や、家庭で食べきれずに余っている食品(缶詰・レトルト食品・乾物・乾麺・飲料・調味料など)を店舗で回収し、必要な団体に届ける“フードロス”の削減サービスも提供。また地域の作家やクリエイターを招き、アート・デザイン環境などをテーマにしたイベントの定期開催も実施する予定となっている。

【詳細】
「無印良品 新宿」「MUJI 新宿」リニューアルオープン
リニューアルオープン日:2021年9月10日(金)
■「無印良品 新宿
住所:東京都新宿区新宿3-17-1 いさみやビル B1~3F
売場面積:300坪
営業時間:11:00~21:00
<フロア概要>
B1F:衣服雑貨、肌着、ホームウェア、靴、靴下、バッグ
1F:自動販売機、食品、日替わり弁当、冷凍食品、コーヒーマシン
2F:ヘルス&ビューティー、ハウスウェア
3F:収納用品、ステーショナリー、ファブリック

■「MUJI 新宿
住所:東京都新宿区新宿3-15-15 新宿ピカデリー B1~2F
売場面積:315坪 (約1042m2)
営業時間:11:00~21:00
<フロア概要>
B1F:もったいない市(家具)、大型家具、収納用品、ファブリックス、Café&Meal MUJI、家センター
MBF:もったいない市(雑貨)、衣服雑貨、肌着、ホームウェア、靴下、Found MUJI
1F:ReMUJI、MUJI Labo、回収コーナー
2F:IDÉE、食品

Photos(5枚)

無印良品(MUJI) 無印良品|写真1 無印良品(MUJI) 無印良品|写真2 無印良品(MUJI) 無印良品|写真3 無印良品(MUJI) 無印良品|写真4 無印良品(MUJI) 無印良品|写真5

Photos(5枚)

無印良品(MUJI) 無印良品|写真1 無印良品(MUJI) 無印良品|写真2 無印良品(MUJI) 無印良品|写真3 無印良品(MUJI) 無印良品|写真4 無印良品(MUJI) 無印良品|写真5

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

ブランドプロフィール

関連用語