fashionpress[ファッションプレス]

fashionpress x fashionpress instagram 検索
menu

fashionpress[ファッションプレス]

share_icon
  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. 映画   /  
  4. トピック

映画『凪待ち』香取慎吾主演 - "喪失と再生"を描く重厚な人間ドラマ

香取慎吾主演、映画『凪待ち(なぎまち)』が2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー。

主演は香取慎吾

『凪待ち』場面カット|写真1

続編の製作も決定している『クソ野郎と美しき世界』などで俳優として活躍するだけでなく、カルティエ(Cartier)のブティックにアートを展示するなどアーティストとしての才能も発揮する香取慎吾。

『凪待ち』場面カット|写真4

オリジナル脚本の映画『凪待ち』で香取が演じるのは、パートナーの女性とその娘と共に、彼女の故郷・石巻市で再出発を図る男・郁男。平穏に見えた暮らしだったが、小さな綻びが積み重なり、やがて取り返しのつかないことが起きてしまう―。人生につまづき落ちぶれた男が再生する姿を、香取がどのように演じるのか。

『凪待ち』場面カット|写真9

香取は主演を務めるにあたり「今までぼくが演技したことのないような役と世界観で、この映画のこのストーリーの中に入れることがとても楽しみです。石巻の空気がこの映画の中に溢れおさまったら嬉しいです」とコメントしている。

リリー・フランキー、西田尚美も参加

『凪待ち』場面カット|写真14

香取演じる郁夫の恋人・亜弓役には、西田尚美が抜擢。映画『凪待ち』の登場キャラクターたちを“人間くさい”と表現する西田は、自身の亜弓という役柄を「私もどうしようもないダメ人間です」と表現している。

『凪待ち』場面カット|写真10

また、亜弓の父・勝美役は『麻雀放浪記2020』の吉澤健が、亜弓の元亭主・村上役は『孤狼の血』『検察側の罪人』に出演する音尾琢真が担当する。

『凪待ち』場面カット|写真15

また、郁夫を気に掛ける製氷工場の社員・小野寺役には『万引き家族』のリリー・フランキー。劇中で香取との共演シーンの多い、リリーは「慎吾ちゃんと共演できてよかった。すごく彼が色っぽかった。」とコメント。また自身に役柄については「難しかった点はいい人に見えなきゃいけない。いい人に見えすぎてもいけないというところでした。」と表現している。

『凪待ち』場面カット|写真12

ヒロインには『くちびるに歌を』『散歩する侵略者』の恒松祐里が選ばれている。

監督・白石和彌が描く「喪失と再生」

『凪待ち』場面カット|写真5

メガホンを取るのは、『彼女がその名を知らない鳥たち』や、続編の公開も決定している『孤狼の血』などの話題作を世に送り出してきた白石和彌。香取との初タッグを待望していたという白石は、新たな香取の姿を描くべく、「喪失と再生」をテーマに映画を構想した。

その構想を重厚な人間ドラマに昇華したのは、『クライマーズ・ハイ』『ふしぎな岬の物語』などを手掛けた脚本家・加藤正人。人の生きる強さや優しさに触れるような、魂を震わすストーリーを展開する。

Photos(19枚)

『凪待ち』場面カット|写真1 『凪待ち』場面カット|写真2 『凪待ち』場面カット|写真3 『凪待ち』場面カット|写真4 『凪待ち』場面カット|写真5 『凪待ち』場面カット|写真6 『凪待ち』場面カット|写真7 『凪待ち』場面カット|写真8 『凪待ち』場面カット|写真9 『凪待ち』場面カット|写真10 『凪待ち』場面カット|写真11 『凪待ち』場面カット|写真12 『凪待ち』場面カット|写真13 『凪待ち』場面カット|写真14 『凪待ち』場面カット|写真15 『凪待ち』場面カット|写真16 『凪待ち』場面カット|写真17 『凪待ち』場面カット|写真18 『凪待ち』場面カット|写真19

キーワードから探す