ホーム > ニュース > ファッション > PR:キャス キッドソン、12色の新作バッグを紹介 - UK本社CEOに聞くディズニーなどコラボの秘密も

キャス キッドソン、12色の新作バッグを紹介 - UK本社CEOに聞くディズニーなどコラボの秘密も

キャス キッドソン(Cath Kidston)から、クレッセントローズのプリントをのせたバッグコレクション「カラー バイ キャス キッドソン(COLOUR by Cath Kidston)」が登場。2017年9月7日(木)より、全国のキャス キッドソン直営店及び、オフィシャルオンラインストアにて販売。

シックなクレッセントローズがバッグを彩る

キャス キッドソンの真骨頂である華やかなプリントとカラー。その表現が、「カラー バイ キャス キッドソン」では新たな進化を見せる。キャッチーなカラーリングなのにシンプルで、どんなコーディネートにも合わせやすい。ドローイングタッチで描かれたクレッセントローズは、これまでのキャス キッドソンであまり見たことのないイメージで仕上げられた。

ローズの花と葉に投影されたシックで上質な色味は、ベースとなるカラーを惹き立てる。レッド、ピンク、ネイビーモーヴなどバリエーション豊富な12色のカラーは、どこか深みがあって色合わせを選ばない。どんな人でも、お気に入りのカラーを見つけられることができるだろう。

カラーだけじゃない、豊富なモデル数も魅力のひとつ

特に、オーバーナイトバッグは、マチのある大きなサイズで収納力に優れたボストンバッグ。デイリーはさることながら、ショルダーストラップパッカブル仕様で小さく折りたため、小旅行の力強い味方となる。

「カラー バイ キャス キッドソン」では、オーバーナイトバッグ、ショルダートート、タブサドルバッグ、バックルバックパックの4つのスタイルに加え、大小2サイズのポーチを同色で展開する。また、このクラシカルな花柄が映えるモデルといえば、やはりレトロなフォルムの「タブサドルバッグ」だろう。秋冬に活躍するベロアやファー素材のアイテムとも抜群の相性を見せてくれそうだ。

UK本社CEOケニー・ウィルソンに聞くキャス キッドソンの魅力

CEOケニー・ウィルソン
CEOケニー・ウィルソン

キャス キッドソンは1993年に設立されたイギリスのライフスタイルブランドだ。創始者はキャス・キッドソンという女性。彼女はその当時、インテリアデザイナーとして働いていた。職業柄、様々なお宅を訪れる機会があり、その時に出会ったある一軒の家がきっかけでキャス キッドソンをスタートしたそうだ。CEOケニー・ウィルソンがその始まりから、ブランドの進化の過程、一番の魅力であるプリントについて話してくれた。

キャス キッドソンのインスピレーション源となったある民家のバスルーム
キャス キッドソンのインスピレーション源となったある民家のバスルーム

ブランドのはじまりを教えてください。

インテリアデザイナーとして働いていたキャス・キッドソンは、ある民家のバスルームで、浴槽の側面にフローラルプリントが張られているのを目にしました。「新しい壁紙の使い方だな」と、興味深く感じた彼女は、そこから着想を得てデザインを作ったと言います。こうして誕生したのが「モダンヴィンテージ」というコンセプトで、キャス キッドソン初のオリジナルデザインで現在も人気の「アンティークローズ」に繋がっています。

初のオリジナルプリント「アンティークローズ」
初のオリジナルプリント「アンティークローズ」

その「アンティークローズ」をはじめとするフローラルパターンは、「モダンヴィンテージ」にどのようにリンクしているのでしょうか。

1990年当時、ロンドンでは真っ白のペンキで塗ったような、無機質でシンプルなインテリアがモダンだと言われていました。そこにヴィンテージのフラワープリントを合わせる組み合わせが、ブランドテーマである「モダンヴィンテージ」のインスピレーションとなりました。

分かりやすいものでいえば、当時のiMacカバー。iMacはとても現代的なものですが、その上から被せるカバーをヴィンテージの花柄にしたのです。今であれば、スポーティーなバックパック、それからiPhoneカバーもそうですね。キャス キッドソンのパターンは、あるひとつのインテリアの一部となり、常に新しさと懐かしさを掛け合わせることで完成するのです。

キャス・キッドソンが最初に誕生させたアイロン台
キャス・キッドソンが最初に誕生させたアイロン台

最初に世の中に送り出した商品は、どのようなものでしたか。

日本ではバッグのイメージが強いかもしれませんが、キャス キッドソンはホームウェアグッズから始まったブランド。実は、一番最初に彼女が作ったものはアイロン台だったのです。ある日、彼女がアイロンをしていた時、アイロン台がただの銀色で“つまらないもの”だと感じ、買った布を貼り付けてみたのが始まりだったそうです。

その出来事からも言えるのですが、キャス キッドソンのメッセージとして「brighten up your day(あなたの一日を明るくする)」という言葉があります。インテリア、ファッションなどのグッズは人々の生活を輝かせたいという想いのもと、ウィットに富んだデザインなのです。

―世界で愛されるブランドになるまで―

こうして誕生した「アンティークローズ」をはじめとする“モダンヴィンテージ”な製品が、イギリスの女性たちの目にとまるようになる。キャス キッドソンはイギリスの国民的ブランドへ、更には世界で愛されるブランドとなっていく。

ノッティングヒルのホランド・パークにオープンした1号店
ノッティングヒルのホランド・パークにオープンした1号店

イギリス国民に愛されるブランドとなった理由は何だと思いますか。

イギリスの皆さんに愛されるようになるに至った理由はいくつかありますが、まずひとつは、お店を出して、お客様に見てもらえる環境を整えていったということでしょう。

初店舗のオープンに選んだ場所はホランド・パーク。実はこの場所は、ノッティングヒルというエリアの一部。ジュリア・ロバーツとヒュー・グラントが主演であったラブストーリー『ノッティングヒルの恋人』という映画の舞台になった街です。

初店舗がオープンしたのは、まさに『ノッティングヒルの恋人』ブームの夜明け前でした。ノッティングヒルは、映画をきっかけにトレンド発信地になっていった場所でもあります。当時は無名だった場所も、今では観光客でいっぱいの人気スポットです。

その後、世界に名を馳せるようになりましたね。

その後は、世界中のお客様にも見てもらえるよう、店舗を広げていきました。商品を展開する上では、ヨーロッパ、中東、それからアジア、各地のお客様それぞれに好まれる活動を行ってきました。世界中のローカルな意見を吸収するというのは、とても大事なことだと思っています。しかし、それと同時に世界各地でニュアンスの異なることをしていても、最終的にグローバルブランドとして統一したフィーリングを共有・表現していくことも大切です。

「スポット」やストライプ」など、ブランドのアーカイブプリントをアレンジした新作「ホットエアバルーン」
「スポット」やストライプ」など、ブランドのアーカイブプリントをアレンジした新作「ホットエアバルーン」

もうひとつの理由はいかがですか。

もうひとつの理由は、毎シーズン生み出している新しいプリントや商品が可愛らしくて、楽しいことです。

多数のプリントを世に送り出している一方で、変わらず芯にあるものを教えてください。

「brighten up your day」の言葉通り、人々を笑顔にしたいという想いはキャス キッドソンにとって最も大切。会社のチーム皆が皆を輝かせたいと思うこと、そして商品を買ってくれるお客様に笑顔になってもらいたいということ。商品にかかわる全ての人々の生活を輝かせたいという風に思っています。

それにあたっては、私たちは5つの言葉を思い描いていて。まずひとつは、遊び心をきちんと入れるようにという意味の「楽しさ」です。そして、イギリスの生い立ちや成り立ちを考えようという意味の「英国の伝統」、ヴィンテージに繋がる「ノスタルジー」、対照的にモダンへとつながる「独創性」。最後に一番重要な「英国の風刺」。これは、ユーモアのセンスをもつことを忘れない、ということを指しています。

<a href="https://www.fashion-press.net/news/32985" target="_blank">ディズニー×キャス キッドソン「ピーター・パン」コレクション ※2017年9月22日(金)発売</a>
ディズニー×キャス キッドソン「ピーター・パン」コレクション ※2017年9月22日(金)発売

コラボレーションによるプリントも印象的ですね。

キャス キッドソンでは、過去、世界中の人々に愛されるブランドと数多くのコラボレーションを行ってきました。近年のコラボレーションで言うと、ディズニーやスターバックス コーヒー(Starbucks Coffee)がそうですね。もし、キャス キッドソンを知らなかったとしても、ディズニーやスターバックス コーヒーは皆さんご存知ですよね。

コラボレーションをする上で大切にしていることはありますか。

自分たちのクリエイティブをしっかりとストーリーに入れ込んでいくということです。単に商品に置き換えるのではなく、キャス キッドソンのデザイナーと相手ブランドのデザイナーの双方が協力し、新たにオリジナルのキャラクターを描くのです。

<a href="https://www.fashion-press.net/news/27413" target="_blank">ロンドンを旅するミッキーとミニーが描かれたディズニー×キャス キッドソン「ミッキーインロンドン」 ※2016年発売</a>
ロンドンを旅するミッキーとミニーが描かれたディズニー×キャス キッドソン「ミッキーインロンドン」 ※2016年発売

例えば、ディズニーとのコラボレーションであれば、キャス キッドソンのストーリーにおいて、ディズニーの世界観をどのように描けるかを考えます。プリントは、私たちがもっとも得意とする表現です。イラストレーションはすべて手描きで行っています。

さらに、数あるキャラクターの中でもキャス キッドソンと同じくイギリスが舞台となっているものを選んでいます。過去に発表した『くまのプーさん』や『101匹わんちゃん』はイギリスの話。そして、新たに登場する『ピーター・パン』も、ロンドンを舞台にしたストーリー。キャス キッドソンとの親和性も高いのです。また、ミッキーマウスはアメリカのキャラクターですが、ウォルト・ディズニー社との相談で、ミッキーマウスがロンドンの街に観光に来たらという想定のもと製作しています。

<a href="https://www.fashion-press.net/news/33065" target="_blank">Cath Kidston+Starbucks ※2017年9月4日(月)発売 ※現在は完売</a>
Cath Kidston+Starbucks ※2017年9月4日(月)発売 ※現在は完売

コラボレーションだけでなく、日本限定コレクションなども展開されています。日本人に好まれるデザインにおいて特徴はありますか。

日本人はディテールへのこだわりが非常に強い。世界中のあらゆる国に行きましたが、これだけディテールに関心を寄せる国ってなかなかないですね。何かを買った時の包装であったり、手渡しするときの所作ひとつをとっても拘りがあるのだと感じます。おそらく、日本に住んでいらっしゃると、それほど意識されないかもしれませんが……。

一方で、日本限定で展開したスターバックス コーヒーとのコラボレーションもすべてが手描きでディテールが作り込まれています。キャス・キッドソン著書である『COMING UP ROSE』があったり、愛犬のビリーがいたりするプリントで、このコラボレーションのためだけに書き起こしたものです。だからこそ、日本人の好みに触れることが出来るのかなと思っています。


コラボレーションを記念し、2017年9月4日(月)にはサプライズイベントを開催。
キャス キッドソンで装飾したスターバックス コーヒーの移動型カフェが丸の内オフィス街に現れた。

―毎シーズン楽しいプリントが誕生する秘密―

根底にあるものは創業から一貫していながらも、こうしてスペシャルな取り組みも含め、毎シーズン絶えず新たなファンタジーをプリントにのせて発信している。そこにはあるひとつの想いがあった。

2017年秋冬「フューチャーフローラル」コレクション
フレームバックパック ペオニーブロッサム 11,200円+税
2017年秋冬「フューチャーフローラル」コレクション
フレームバックパック ペオニーブロッサム 11,200円+税

根底にあるものが変わらずとも、コラボレーションを含め新しいデザインが絶えず生み出される理由は何でしょうか。

デザインは時代と共に変化するもの。なぜなら、私がヴィンテージと考えるものと、私の娘がヴィンテージと考えるものは違う。「モダンヴィンテージ」というコンセプト自体が、時代と共に変わるのではないかと思うのです。だから、価値観の変化を読み取って変えていくことが、デザインの進化に繋がっていくと確信しています。

2016年2月に発表したモノトーンのカラーコレクション「フューチャーフローラル」は「仕事場に持っていくバッグで、色が目立ちすぎるのは少し抵抗がある」という女性に対して、落ち着いた色の組み合わせが何かできないかと考えてできたものです。しかしながら、トーンダウンしているとは言っても、手描きのフローラルプリントであるという根本的な部分は変わっていません。

そして、新たに発売されている「カラー バイ キャス キッドソン」もそうです。キャス キッドソン定番のローズプリントを「色を使いつつも落ち着いたデザインで見せることが出来ないか」という新たな考えがあって生み出したものです。こうしてプリントデザインを生み出すため、今では毎日、口酸っぱく「NORM」という言葉をデザイナーたちに伝えています。

「NORM」にはどのような意味があるのでしょうか。

新たなプリントを開発するため、常に一つのことを念頭に置いて仕事に入ってほしいと思い、作った言葉が「NORM」。「NORM」というのは、「NEW(新しさ)」、「ORIGINAL(オリジナル)」、「RELEVANT(レレバント)」、「MODERN(モダン)」の頭文字です。「RELEVANT」というは、その時代のお客様が、ポジティブに自分の対象として捉えられるかということ。新しい作品を作る際、これは本当に「NORM」であるか否かを自分に問いかけなさいとデザイナーたちにいつも話しています。

それに、「NORM」は日本では規範や標準、基準という意味。ニュアンス的に、“やらなくてはいけないこと”という意味を持っています。ここには先ほど言った風刺的な意味も関わっています。「NORM」は「規範」だから変えてはいけないこと。でもキャス キッドソンとしての「NORM」は「変えること」なのです。

私たちは意識的に変革して、人々を笑顔にするために日々新しいものを提案していきたいと思っています。商品を手に取るひとの感情に訴えかけ、世界中のお客様とエモーショナルな部分で繋がることが出来れば嬉しいですね。

キャス キッドソン 渋谷マルイ店 ※2017年9月8日(金)オープン
キャス キッドソン 渋谷マルイ店 ※2017年9月8日(金)オープン

【ケニー・ウィルソン プロフィール】
2011年11月にCath Kidston LtdにCEOとして就任。国内外におけるビジネス拡大を牽引すると共に、それまでブランド創立者により国内中心に行われていた同ブランドのビジネスをグローバルブランドに転換。2016年にはインドに初出店を果たし、アルゼンチン、メキシコなど南米地域にも進出を予定している。なお、それ以前はリーバイ・ストラウス・ヨーロッパでコマーシャルオペレーション部門シニアヴァイスプレジデントを経てリーバイスブランドプレジデントとしてヨーロッパ地域でのビジネス拡大をリード。また、Claire’s Accessories社でヨーロッパ地域社長として約2年で利益を2倍にすることに成功、ヨーロッパ地域に200店舗以上の新規出店を果たした。

【詳細】
「COLOUR by Cath Kidston」
発売日:2017年9月7日(木)
販売店舗:全国のキャス キッドソン直営店及び、オフィシャルオンラインストア
価格例:
・タブ サドルバッグ マット クレッセントローズ 8,100円+税
・バックル バックパック クレッセントローズ 10,800円+税
・ショルダートート マット クレッセントローズ 8,100円+税
・フォルダウェイ オーバーナイトバッグ クレッセントローズ 8,900円+税
・スモールポーチ クレッセントローズ 1,800円+税
・ラージポーチ リストストラップ付 クレッセントローズ 2,600円+税
URL:http://www.cathkidston.jp/f/dsd-011047001--

キャス キッドソン 渋谷マルイ店 ※2017年9月8日(金)オープン
キャス キッドソン 渋谷マルイ店 ※2017年9月8日(金)オープン

【ショップオープン情報】
■新店舗オープン
渋谷マルイ店
オープン日:9月8日(金)
住所:東京都渋谷区神南1丁目22-6 渋谷マルイ店 1F
営業時間:11:00~21:00/日・祝 11:00~20:30
新宿マルイ店
オープン日:9月8日(金)
住所:東京都新宿区新宿3-30-13 新宿マルイ店 本館3F
営業時間:11:00~21:00/日・祝 11:00~20:30
そごう千葉ジュンヌ店
オープン日:9月15日(金)
住所:千葉県千葉市中央区新町1001 そごう千葉ジュンヌ館 1F
営業時間:10:00~20:00
広島パルコ店
オープン日:9月22日(金)
住所:広島県広島市中区新天地2-1 広島パルコ店 新館 3F
営業時間:10:00~20:30

■リニューアルオープン
吉祥寺パルコ店
リニューアルオープン日:9月8日(金)
住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-5-1 PARCO2F

【問い合わせ先】
キャス キッドソン ジャパン 株式会社 カスタマーサービス
TEL:03-4579-3219(平日 10:00〜17:00)

PR:キャス キッドソン ジャパン 株式会社

Photo Gallery

写真をクリックすると拡大写真を見ることができます

キャス キッドソン、12色の新作バッグを紹介 - UK本社CEOに聞くディズニーなどコラボの秘密も 画像1
キャス キッドソン、12色の新作バッグを紹介 - UK本社CEOに聞くディズニーなどコラボの秘密も 画像2
キャス キッドソン、12色の新作バッグを紹介 - UK本社CEOに聞くディズニーなどコラボの秘密も 画像3
キャス キッドソン、12色の新作バッグを紹介 - UK本社CEOに聞くディズニーなどコラボの秘密も 画像4
キャス キッドソン、12色の新作バッグを紹介 - UK本社CEOに聞くディズニーなどコラボの秘密も 画像5
キャス キッドソン、12色の新作バッグを紹介 - UK本社CEOに聞くディズニーなどコラボの秘密も 画像6
キャス キッドソン、12色の新作バッグを紹介 - UK本社CEOに聞くディズニーなどコラボの秘密も 画像7
キャス キッドソン、12色の新作バッグを紹介 - UK本社CEOに聞くディズニーなどコラボの秘密も 画像8
キャス キッドソン、12色の新作バッグを紹介 - UK本社CEOに聞くディズニーなどコラボの秘密も 画像9
キャス キッドソン、12色の新作バッグを紹介 - UK本社CEOに聞くディズニーなどコラボの秘密も 画像10
キャス キッドソン、12色の新作バッグを紹介 - UK本社CEOに聞くディズニーなどコラボの秘密も 画像11
キャス キッドソン、12色の新作バッグを紹介 - UK本社CEOに聞くディズニーなどコラボの秘密も 画像12
キャス キッドソン、12色の新作バッグを紹介 - UK本社CEOに聞くディズニーなどコラボの秘密も 画像13
キャス キッドソン、12色の新作バッグを紹介 - UK本社CEOに聞くディズニーなどコラボの秘密も 画像14
キャス キッドソン、12色の新作バッグを紹介 - UK本社CEOに聞くディズニーなどコラボの秘密も 画像15
キャス キッドソン、12色の新作バッグを紹介 - UK本社CEOに聞くディズニーなどコラボの秘密も 画像16
キャス キッドソン、12色の新作バッグを紹介 - UK本社CEOに聞くディズニーなどコラボの秘密も 画像17
キャス キッドソン、12色の新作バッグを紹介 - UK本社CEOに聞くディズニーなどコラボの秘密も 画像18
キャス キッドソン、12色の新作バッグを紹介 - UK本社CEOに聞くディズニーなどコラボの秘密も 画像19
キャス キッドソン、12色の新作バッグを紹介 - UK本社CEOに聞くディズニーなどコラボの秘密も 画像20
キャス キッドソン、12色の新作バッグを紹介 - UK本社CEOに聞くディズニーなどコラボの秘密も 画像21
キャス キッドソン、12色の新作バッグを紹介 - UK本社CEOに聞くディズニーなどコラボの秘密も 画像22
キャス キッドソン、12色の新作バッグを紹介 - UK本社CEOに聞くディズニーなどコラボの秘密も 画像23
キャス キッドソン、12色の新作バッグを紹介 - UK本社CEOに聞くディズニーなどコラボの秘密も 画像24
キャス キッドソン、12色の新作バッグを紹介 - UK本社CEOに聞くディズニーなどコラボの秘密も 画像25
キャス キッドソン、12色の新作バッグを紹介 - UK本社CEOに聞くディズニーなどコラボの秘密も 画像26
キャス キッドソン、12色の新作バッグを紹介 - UK本社CEOに聞くディズニーなどコラボの秘密も 画像27
キャス キッドソン、12色の新作バッグを紹介 - UK本社CEOに聞くディズニーなどコラボの秘密も 画像28
キャス キッドソン、12色の新作バッグを紹介 - UK本社CEOに聞くディズニーなどコラボの秘密も 画像29
キャス キッドソン、12色の新作バッグを紹介 - UK本社CEOに聞くディズニーなどコラボの秘密も 画像30
キャス キッドソン、12色の新作バッグを紹介 - UK本社CEOに聞くディズニーなどコラボの秘密も 画像31
キャス キッドソン、12色の新作バッグを紹介 - UK本社CEOに聞くディズニーなどコラボの秘密も 画像32
キャス キッドソン、12色の新作バッグを紹介 - UK本社CEOに聞くディズニーなどコラボの秘密も 画像33
キャス キッドソン、12色の新作バッグを紹介 - UK本社CEOに聞くディズニーなどコラボの秘密も 画像34

ニュースデータ

日時:2017-09-23 20:00