menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. ファッション   /  
  4. トピック

サッカー日本代表、歴代のオフィシャルスーツを紹介 - ダンヒルが手掛ける「勝負服」

イギリスのメンズラグジュアリーブランドのダンヒル(dunhill)は、2000年より毎年、サッカー日本代表のオフィシャルスーツを提供している。カスタムテーラリングプログラムとして展開されるダンヒルのスーツは、選手一人一人にぴったりと沿い、その動きやシルエットを美しく見せる。サッカー日本代表のこの“勝負服”は、毎年ダンヒルブティックにて注文を受け付けている。選手の晴れ姿のみならず、自らの勝負服として楽しみにしている人もいるはずだ。

そんなダンヒルによるサッカー日本代表のスーツ姿を過去数年をさかのぼって紹介。ぜひその着こなしをチェックしてほしい。

2022 サムライブルー コレクション

サッカーの世界大会が開催される、日本代表にとって“勝負の年”2022年。スリムなシルエット、ナチュラルなショルダーに仕立てたスーツに仕上げた。ジャケット&パンツは、移動時も快適なダークネイビーのライトトラベルウールを採用。

2021「サムライ ブルー」のウェア&革小物

ジップポーチ 99,000円(税込)
コートウオレット 64,900円(税込)
ビジネスカードケース 31,900円(税込)
ジップポーチ 99,000円(税込)
コートウオレット 64,900円(税込)
ビジネスカードケース 31,900円(税込)

2021年の「サムライ ブルー」コレクションでは、カジュアル ウェアが初めて登場。サッカー日本代表を象徴するブルーやネイビーを基調にした、ポロシャツ、ニットベスト、ウォレット、ジップポーチなどを発表した。

サッカー日本代表2020ホームユニフォーム

2020年リリースのホームユニフォームのコンセプトは、「日本晴れ(ニッポンバレ)」。サッカー日本代表が、日本中に希望を与える「日本晴れ」の空の様な存在であって欲しいという願いが込められているという。

公式スーツ2020 - 紺ストライプ

公式スーツ2020 - 紺ストライプ

ダンヒルのハウスシルエットである「ベイグレイブ」スタイルのツーピーススーツ。イギリスのクラシックな重厚感あるスーツをベースとしながら、ナチュラルショルダーなところが特徴。芯も少し薄いものを使ったモダンなシルエットに仕上げている。

公式スーツ2019 - 新生サッカー日本代表のメンバー集結

公式スーツ2019 - 新生サッカー日本代表のメンバー集結

提供から20年を迎えたダンヒルによる、2019年度のサッカー日本代表”SAMURAI BLUE”のオフィシャルスーツは、ネイビーをベースにしたトータルストライプのスリーピーススーツ。エレガントなブリティッシュスタイルだ。

2018年サムライブルーの”SHOBUFUKU(勝負服)”

2018年サムライブルーの”SHOBUFUKU(勝負服)”

ロシアW杯開催の2018年モデルは上品な光沢ある素材を使った柔らかなネイビースーツ。スリーピーススーツ。熟練フィッターが採寸してくれるメイドトゥメジャーで、選手たちの体はもちろん、一般の人の身体にも完璧にフィットするほか、年間を通して着用できる。

番外編 - 日本代表の2018W杯ユニ

番外編 - 日本代表の2018W杯ユニ

2018W杯に向けたユニフォームのコンセプトは、「勝色(かちいろ)」。かつて武将たちが戦いの際身にまとった鎧下と呼ばれる着物に使われる藍染の生地で最も濃い色とされる。染色過程における叩く作業「叩く=褐(かつ)=勝つ」にかけて、験担ぎをしたそうだ。デザインでは刺し子柄をモチーフにしている。

ダンヒルより、サッカー日本代表2017年オフィシャルスーツ

ダンヒルより、サッカー日本代表2017年オフィシャルスーツ

18年間サッカー日本代表の公式テーラリングを担ってきたダンヒル。2017年度のコンセプトはここ数年間引き継がれてきた“MADE TO MATCH”。ダンヒル、そして、スーツ発祥の地イギリスでは、 仕立て服を「メイド・トゥ・メジャー(MADE TO MEASURE)」と称し、紳士は完璧にフィットしたテーラーメイドを着用するものとされている。ダンヒルが作るこのジャケット&トラウザーズは、今年も選手にフィットし、強く美しい紳士へと引き立てる。

ダンヒルより、サッカー日本代表2017年オフィシャルスーツ

サッカー日本代表2016年オフィシャルスーツ

サッカー日本代表2016年オフィシャルスーツ
© dunhill © JFA
「2018FIFAワールドカップロシアTM アジア2次予選 兼 AFCアジアカップUAE2019 予選 アフガニスタン代表戦 / シリア代表戦 3月招集メンバー」

スーツやシャツはもちろんのこと、タイやタイバー、ベルトなどの小物類もラインナップ。中でもタイは、シルク100%素材のネイビー地に、JFAカラーであるブルー・レッド・イエロー・ホワイトの四色でストライプをあしらった印象的なデザイン。

大剣の裏地には ”Made Exclusively For JAPAN NATIONAL FOOTBALL TEAM by dunhill”の文字がプリントされ、小剣にはSAMURAI BLUE(サッカー日本代表)のエンブレムが織り込まれている。

サッカー日本代表2015年オフィシャルスーツ

サッカー日本代表2015年オフィシャルスーツ
© dunhill © JFA

なめらかなウール生地で作られたスーツは男性的なシルエットでボディラインをしなやかに包み、深いネイビーとホワイトが織りなすシャープなコントラストは、力強さを表現。綿密な採寸を経て2か月を費やし仕立て上げられるこの完璧なスーツは、体にぴったりとフィットし選手それぞれの個性と魅力を最大限に引き出す。

サッカー日本代表「勝負服」2014年オフィシャルスーツ

サッカー日本代表「勝負服」2014年オフィシャルスーツ
ⓒdunhill キリンチャレンジカップ2014 ニュージーランド代表戦 招集メンバー

2014FIFAワールドカップブラジルが開催された年、ザッケローニ監督のもとにサムライが集結。ブラジルで日本代表の選手たちが身に纏ったのは、アルフレッド ダンヒルのカスタム オーダープログラムで仕立てられた「勝負服」だ。

ダンヒル、勝負服を着たサッカー日本代表の特別インタビュー映像

オフィシャルスーツ2014年ビジュアルに登場する精鋭選手にスポットをあてたインタビュー映像も作られている。山口蛍、清武弘嗣、そして遠藤保仁のインタビューが公開された。

サッカー日本代表 2013年公式スーツ

サッカー日本代表 2013年公式スーツ
キリンチャレンジカップ2013 ラトビア代表戦 招集メンバー

2010年よりのコンセプトとして掲げている“勝負服"には「大切な場面に挑む装い」という意味が込められている。ブリティッシュの伝統的な代表的なシェルエット「St. James fit(セントジェームズフィット)」を採用し、シングルブレストの2つボタン、サイドベンツの組み合わせで、ネイビーの生地にライトブルーとダークレッドのオルタナティブストライプが入ったデザインだ。

サッカー日本代表、2012年のオフィシャルスーツ

2012年サッカー日本代表チームの「勝負服」オフィシャルスーツをダンヒルから発売-画像1
ⓒdunhill     2014FIFA ワールドカップブラジル アジア3 次予選VS ウズベキスタン代表スターティングメンバー

2012年の勝負服のテーマは「POWER SUIT」。男性的なからだの動きや表情をゆたかに見せる英国らしい構築的なシルエットを採用した。

2012年「勝負服」のロボティックバージョンを着用した長谷部のスーパービジュアル

サッカー日本代表「勝負服」のロボティックバージョンを着用した長谷部のスーパービジュアル

ピッチに勢ぞろいし、力のみなぎるポージングで並ぶ、まるで戦闘ヒーローのような選手たち。そのまなざしと、身体の表情をエレガントに見せながらも、緻密に計算された最大限の着心地とモビリティが備わり、着る人のパワーを拡大していく勝負服のイメージが、このスペシャルスーツに描き出されている。

サッカー日本代表、2011年オフィシャルスーツ

ダンヒル イメージビジュアル

2000年よりサッカー日本代表のオフィシャルスーツを提供して今年で11年を迎えるダンヒル(dunhill)。 今年は現代アーティストの天明屋尚(てんみょうやひさし)氏と共に、「勝負服」のイメージビジュアルを完成させた。

今回制作されたイメージビジュアルは、ダンヒルの「勝負服」のコンセプトを元にAFCアジアカップの優勝を記念し、新生ザッケローニ監督率いるサッカー日本代表選手14人を描いたもの。出陣前を連想させる躍動感あふれる描写は、監督の指揮下、戦術開始の合図を待つサッカー日本代表チームそのものだ。「武闘派」現代アーティスト天明屋氏の作風と、ダンヒルの「勝負服」コンセプトが見事に融合した力強いイメージビジュアルは、日本代表チームだけでなく、ビジネスでの勝負の瞬間に挑み続ける男性達への応援メッセージでもある。

サッカー日本代表、2010年オフィシャルスーツ

ダンヒル 日本代表オフィシャルスーツ

2010年度のサッカー日本代表オフィシャルスーツは、カスタムオーダー(パターンオーダー)プログラムとして展開。採用しているスーツシルエットは、ダンヒルの代表的なシルエット「St. James fit(セントジェームスフィット)」で、男性的なからだの動きや表情をゆたかに見せる、英国らしい構築的なシルエット。この「St. James」シルエットのシングルブレストの2 つボタン、サイドベンツ、フラットフロントトラウザーの組み合わせで、ネイビー地にピンストライプの生地で展開している。

Photos(1枚)

サッカー日本代表、歴代のオフィシャルスーツを紹介 - ダンヒルが手掛ける「勝負服」|写真1

Photos(1枚)

サッカー日本代表、歴代のオフィシャルスーツを紹介 - ダンヒルが手掛ける「勝負服」|写真1

キーワードから探す

関連用語