ホーム > ニュース > ビューティ > バレードの新フレグランス「ビブリオテーク」‟図書館”をイメージした香り

バレードの新フレグランス「ビブリオテーク」‟図書館”をイメージした香り

バレード(BYREDO)は、新フレグランス「ビブリオテーク(BIBLIOTHÈQUE)」を2017年3月17日(金)より発売する。

フレグランスキャンドルとしてデビューした「ビブリオテーク」が、待望の香水となって登場。「ビブリオテーク」は、フランス語で‟図書館”という意味。図書館に足を踏み入れた時に感じる、実世界から切り離された時間軸への浮遊、そんな感覚を表現している。

香りは、ピーチやプラムから始まり、バイオレット、ピオニーといった花々が重なり、レザーやバニラとともに豊かなハーモニーを奏でていく。弾けるピーチやプラムは、指に触れる柔らかい紙の感触を彷彿とさせ、ベースノートのパチョリがそれら一つ一つの香りを1冊の完成された香水へ綴じ上げるように優しく導く。

【アイテム詳細】
バレード(BYREDO)「ビブリオテーク(BIBLIOTHÈQUE)」100ml 25,000円+税
発売日:2017年3月17日(金)

【問い合わせ先】 
 EDSTRÖM OFFICE
TEL:03-6427-5901

Photo Gallery

写真をクリックすると拡大写真を見ることができます

バレードの新フレグランス「ビブリオテーク」‟図書館”をイメージした香り 画像1
バレードの新フレグランス「ビブリオテーク」‟図書館”をイメージした香り 画像2

ニュースデータ

日時:2017-03-16 18:35