ホーム > ニュース > ライフスタイル・カルチャー > JR両国駅に新施設「‐両国‐ 江戸NOREN」誕生 - 吹き抜け空間に屋台や土俵が出現

JR両国駅に新施設「‐両国‐ 江戸NOREN」誕生 - 吹き抜け空間に屋台や土俵が出現

新複合飲食施設「‐両国‐ 江戸NOREN」が、JR両国駅西口に2016年11月25日(金)誕生する。

「‐両国‐ 江戸NOREN」のコンセプトは“粋な江戸の食文化を楽しむ”。外観は1929年に建造された歴史ある両国旧駅舎の面影や懐かしさはそのままに、直線とアーチ型にデザインされた3つの大きな窓、中央に配した駅時計をポイントとした新デザインにリニュアール。また、館内は江戸の町屋を意識した開放的な吹抜けの空間。当時の活気を感じさせる屋台や日本相撲協会監修の本格的な土俵も設置する。

そのなかに軒を連ねるのは12の飲食店。江戸流の本格寿司が味わえる「政五ずし」、明治4年創業の老舗「月島もんじゃ もへじ」、そして江戸・東京にあるすべての酒造の日本酒をセルフスタイルで楽しめる「東京商店」といった店舗が、味・素材・料理人にこだわった和食を提案していく。

クリスマスを終えた2016年12月26日(月)には「土俵祭り」が開催される。「土俵祭り」は、土俵の安全、無事を祈願するため行われる祭りで、大相撲本場所の前日に行う「土俵開き」のこと。土俵の中央の穴に縁起物である萱(かや)・勝栗(かちぐり)・昆布(こんぶ)等の奉納し伝統的に行われている行事だ。

今回は、全12の和食店が軒を連ねる館内の中央に、日本相撲協会監修の土俵を設置。両国国技館の同じサイズの本格的なセットの上で、日本相撲協会による土俵開きが行われる予定だ。

見学は誰でも自由に参加が可能。さらに、通常は力士や関係者のみが行う祝詞や神酒の捧ぎ、縁起物の奉納の後に行う榊奉納も、抽選で7名限定で体験することが可能だ。

【詳細】
-両国- 江戸NOREN
オープン時期:2016年11月25日(金)
住所:東京都墨田区横網1丁目3-20
面積:約2,900㎡ 2階建
開館時間:10:00~23:30 ※営業時間は店舗により異なる。
定休日:1月1日・2日、 施設点検日(不定)
店舗一覧:政五ずし、東京商店、月島もんじゃ もへじ、かぶきまぐろ、ちゃんこ霧島、両国橋茶房、つきぢ神楽寿司、根津 鶏はな、天ぷら食堂ひさご、門前茶屋成る口、日本ばし やぶ久、築地食堂源ちゃん

■-両国-江戸NOREN 土俵祭り
開催日時:2016年12月26日(月)16:00~※約1時間程度
会場:-両国- 江戸NOREN 館内土俵前
<榊奉納体験>受付時間:2016年12月26日(月)15:00~
※当たりが全て出次第終了。

Photo Gallery

写真をクリックすると拡大写真を見ることができます

JR両国駅に新施設「‐両国‐ 江戸NOREN」誕生 - 吹き抜け空間に屋台や土俵が出現 画像1
JR両国駅に新施設「‐両国‐ 江戸NOREN」誕生 - 吹き抜け空間に屋台や土俵が出現 画像2
JR両国駅に新施設「‐両国‐ 江戸NOREN」誕生 - 吹き抜け空間に屋台や土俵が出現 画像3
JR両国駅に新施設「‐両国‐ 江戸NOREN」誕生 - 吹き抜け空間に屋台や土俵が出現 画像4

ニュースデータ

日時:2016-12-20 19:55