ホーム > ニュース > 映画 > 原作・こうの史代、長編アニメ映画『この世界の片隅に』原画展が福岡・名古屋・広島に巡回

原作・こうの史代、長編アニメ映画『この世界の片隅に』原画展が福岡・名古屋・広島に巡回

戦時下に生きる人々を通して“毎日の尊さ”を感じる

長編アニメーション映画『この世界の片隅に』が、テアトル新宿他、全国の劇場で2017年9月までロングラン上映予定。

『この世界の片隅に』が描く時は第二次世界大戦中、昭和19・20年の広島県・呉。家族、ごはん、スケッチブック……絵を描く事が好きな主人公すずが生きたのは、ささやかな毎日だった。本作は、どんな状況に置かれていても、“毎日”を生きていく人間のすばらしさを描く長編アニメーション作品だ。

原作は、第13回文化庁メディア芸術祭で優秀賞受賞をした、こうの史代の同名漫画作品。監督を務めるのは、『マイマイ新子と千年の魔法』(第14回文化庁メディア芸術祭 優秀賞受賞)を手掛けた片渕須直。

約4年前より片渕須直監督によってアニメ化の準備が進められてきた本作は、本格的に制作を始めるにあたり、スタッフの確保やパイロットフィルムの制作に賄う資金を調達する目的で、クラウドファンディングサービス「Makuake」にて資金調達を敢行。合計3,374人の支援者から3,622万4,000円の資金を得て、正式にアニメ映画化が決定した。

なお、公開されると、口コミで人気が広がり大ヒット。14週目の2017年2月12日(日)までに累計動員150万を記録し、興行収入20億を突破。初週わずか63館からスタートしたが、公開館数も累計300にも増えた。映画賞でも受賞が続き、第71回毎日映画コンクールなど17個の賞を受賞している。

主人公を演じるのはアニメ映画初主演の女優・のん

主人公・すずを演じるのは本作でアニメ映画初主演を果たす女優・のん。片渕須直監督が「のんさん以外のすずさんは考えられない」とその声に惚れ込み主演が決定した。

そして本編の音楽を奏でるのは、シンガー・ソング・ライターのコトリンゴ。片渕監督の前作『マイマイ新子と千年の魔法』で主題歌を担当し、今作では本編楽曲も担当している。本予告では新たにカバーした「悲しくてやりきれない」が使用され、作品の世界観を壮大に歌い上げている。

福岡・名古屋・広島で「この世界の片隅に」原画展

2017年5月に東京・渋谷で開催された原画展が好評を博したため、2017年9月13日(水)より順次、福岡、名古屋、広島の3都市にて巡回展を開催することが決定した。

©こうの史代/双葉社

本展では、こうの史代ならではの柔らかく美しいカラーイラストや情感溢れるタッチで描かれた漫画原稿など原画130点以上を展示。さらに、取材ノートや手作り年表、使用した画材道具など制作過程を想わせる展示品も並ぶ。

展示だけでなく、記念グッズの販売や原画を忠実に再現した直筆サイン一アートグラフの販売も実施。福岡展からは、新規グッズとして「特製どんぶり」を販売する。どんぶりには、占領軍の残飯雑炊に和む径子とすずの印象的な場面のイラストをプリントしている。涙なしでは見られない心温まる作品の世界観を自宅でも楽しめる。

特製どんぶり 2,500円(税込)
特製どんぶり 2,500円(税込)

ストーリー

主人公のすずは、広島市江波で生まれた絵が得意な少女。見知らぬ若者の妻になるために、20キロ離れた町・呉に嫁ぐ。ときに昭和19(1944)年。18歳で一家の主婦となったすずは、あらゆるものが欠乏していく中で、日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。だが、戦争は進み、日本海軍の根拠地だった呉は、何度もの空襲に襲われる。庭先から毎日眺めていた軍艦たちが炎を上げ、市街が灰燼に帰してゆく。すずが大事に思っていた身近なものが奪われてゆく。それでもなお、毎日を築くすずの営みは終わらない。

【作品情報】
長編アニメーション映画『この世界の片隅に』
公開日:2016年11月12日(土) 全国の劇場で公開予定
原作:こうの史代(『夕凪の街 桜の国』)
監督・脚本:片渕須直
声の出演:のん、細谷佳正、稲葉菜月、尾身美詞、小野大輔、潘めぐみ、岩井七世、澁谷天外
音楽:コトリンゴ
アニメーション制作:MAPPA
プロデューサー:丸山正雄(MAPPA)、真木太郎(GENCO)
配給:東京テアトル

©こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会 konosekai.jp

■原画展概要
・福岡会場
期間:2017年9月13日(水)~9月24日(日)
会場:大丸福岡天神店 本館8階催場
住所:福岡市中央区天神1-4-1
TEL:092-712-8181(代)
営業時間:10:00~20:00 ※入場は閉場の30分前まで、最終日は17:00閉場。
入場料:800円(税込)
入場特典:描き下ろしポストカード
※小学生以下無料
※障害者手帳所持者、同伴者1名入場無料
※博多大丸カード・大丸ゴールドカード・博多大丸友の会カードいずれか呈示で入場料100円割引

・名古屋会場
期間:2017年10月4日(水)~10月10日(火)
会場:松坂屋名古屋店 南館8F マツザカヤホール
住所:名古屋市中区栄三丁目16番1号
TEL:052-251-1111
営業時間:10:00~19:30 ※入場は閉場の30分前まで、最終日は17:00閉場。
入場料:800円(税込)
入場特典:描き下ろしポストカード
※小学生以下無料
※障害者手帳所持者、同伴者1名入場無料

・広島会場
期間:2017年11月9日(木)~11月21日(火)
会場:福屋八丁堀本店 8階催場
住所:広島市中区胡町6-26
TEL:082-246-6111(代)
営業時間:平日・日曜日 10:00~19:30、金・土曜日 10:00~20:00
入場料:700円(税込) ※前売り600円
入場特典:描き下ろしポストカード
※高校生以下無料
※障害者手帳所持者、同伴者1名入場無料
チケット発売窓口:セブンチケット、福屋八丁堀本店7Fプレイガイド、福屋広島駅前店7Fチケットサロン、エディオン広島本店PG(サンモール1F)

Photo Gallery

写真をクリックすると拡大写真を見ることができます

原作・こうの史代、長編アニメ映画『この世界の片隅に』原画展が福岡・名古屋・広島に巡回 画像1
原作・こうの史代、長編アニメ映画『この世界の片隅に』原画展が福岡・名古屋・広島に巡回 画像2
原作・こうの史代、長編アニメ映画『この世界の片隅に』原画展が福岡・名古屋・広島に巡回 画像3
原作・こうの史代、長編アニメ映画『この世界の片隅に』原画展が福岡・名古屋・広島に巡回 画像4
原作・こうの史代、長編アニメ映画『この世界の片隅に』原画展が福岡・名古屋・広島に巡回 画像5
原作・こうの史代、長編アニメ映画『この世界の片隅に』原画展が福岡・名古屋・広島に巡回 画像6
原作・こうの史代、長編アニメ映画『この世界の片隅に』原画展が福岡・名古屋・広島に巡回 画像7
原作・こうの史代、長編アニメ映画『この世界の片隅に』原画展が福岡・名古屋・広島に巡回 画像8
原作・こうの史代、長編アニメ映画『この世界の片隅に』原画展が福岡・名古屋・広島に巡回 画像9
原作・こうの史代、長編アニメ映画『この世界の片隅に』原画展が福岡・名古屋・広島に巡回 画像10
原作・こうの史代、長編アニメ映画『この世界の片隅に』原画展が福岡・名古屋・広島に巡回 画像11

ニュースデータ

日時:2017-08-31 16:55