menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. 映画   /  
  4. インタビュー

初のブランド公認、映画『イヴ・サンローラン』監督レスペールのインタビュー公開

フランスが世界に誇る伝説のファッションデザイナーイヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)。彼の輝かしいキャリアや一生を描いた映画『イヴ・サンローラン』が2014年9月6日(土)より公開される。

弱冠21歳でクリスチャン・ディオール(Christian Dior)の後継としてデザイナー・デビューを果たし、26歳で自らのブランドを設立、20世紀のファッション史に次々と革命を起こしていったイヴ・サンローラン。スモーキングやサファリ・スーツ、モンドリアン・ルックなど、彼の生み出したアイテムは今でもしっかりと受け継がれている。しかしその華々しい功績の裏には、表現者ゆえの孤独やプレッシャー、薬物、アルコールへの依存など、多くの苦悩があった。

そんな伝説のデザイナーの、希望や苦悩に満ちた一生をたどる本作。サンローラン役に抜擢されたのは、国立劇団コメディ・フランセーズ在籍のピエール・ニネだ。本人そっくりのルックスもさることながら、卓越した演技力により、繊細なサンローランのキャラクターを再現してみせた。

『イヴ・サンローラン』は、2014年1月に本国フランスで公開され、初登場1位の大ヒットを記録した。さらに今作は、公私ともにサンローランのパートナーだったピエール・ベルジェが全面協力し、イヴ・サンローラン財団所有のアーカイブ衣装の貸し出しも行なわれた、ブランド初となる公認の伝記映画でもある。

世界のファッション史を変えた、貴重な“本物”の豪華衣装がズラリと並ぶ。イヴ・サンローラン財団が保管している5,000着以上の服やアクセサリー、靴。ベルジェが撮影に協力することを決めたため、それら本物のアーカイブコレクションが撮影に使用されている。コレクションのシーンでは、2時間という制限の中で撮影が行われ、服を傷めないように、モデルと服の間に布を一枚入れなくてはならなかった。ファッション史に残る“モンドリアン”、“スモーキング”も登場。さらに、映画では、サンローランの住居やアトリエも提供され、当時とほぼ同じように再現した。

20世紀のファッション界を席巻し、「モードの帝王」とまで呼ばれていたサンローラン。しかしその素顔はあまり世間に知られてこなかった。死去から早5年以上が経った今、改めて彼の才能や功績、そして隠されていた光と影を、じっくりと振り返ってみたい。

映画『イヴ・サンローラン』で注目を集めた監督のジャリル・レスペールは、パリ生まれの37歳。19歳でローラン・カンテに見いだされ映画デビューを果たし、その後は『ヒューマン・リソース』でセザール賞有望新人男優賞を受賞したほか、ブノワ・ジャコの『Sade』、アラン・レネの『巴里の恋愛協奏曲』等に出演するなど俳優としてのキャリアを積んだ人物だ。その一方で映画製作にも興味を示し、2004年にブノワ・マジメルを主演に迎えた『24 Mesures』で初の長編監督デビュー。本作は彼にとって3作目の長編映画だ。

来日したジャリル・レスペールに、なぜイヴ・サンローランを映画のテーマに選んだのか、そしてサンローランや彼にまつわる人々をどのように描こうとしたのか、制作秘話を聞いた。

なぜイヴ・サンローランという人物を題材に選んだのでしょうか?

まずフランスの偉大なストーリーを語りたいと思いました。夢に向かって、夢のために戦う人、そのために代償を払う人々の物語です。そして舞台背景を探すため、どのジャンルを選ぼうか考えました。最初はフィクションにするかどうかも定かではないまま、バックグラウンド選びを行っていました。

舞台をフランスにしようと考え、フランスならではの何かを描きたいと思ったとき、「ファッション」という答えになりました。

イヴ・サンローランという人物のことは少ししか知らなかったのですが、テーマに選んで資料を読んだり、ドキュメンタリーを観たりするうちに、知れば知るほど、すごい人だということが分かりました。すべてを視覚化するのが不可能なくらい天才的な人だけれど、それと同時に人間的な面があるということを知りました。彼はとても脆く、繊細な人だということです。

監督が感じるデザイナー、イヴ・サンローランの一番の魅力を教えて下さい。

ロマンティックな面と、“呪われた天才”のような面があるところ。彼は二面性を持っていると思うのです。純粋な才能がある偉大な天才でありながら、同時に自己破壊的な人物だったり、躁うつ病を患っていたりと、その二面性がおもしろいと思いました。

何かをクリエイトするということに、絶対的な必要性を感じていた人物だと思うのですが、それはある意味、彼が完全に鬱に陥らないよう、生き延びるためにクリエーションを続けていたのだと感じます。

映画の製作に取り掛かる前、イヴ・サンローランの公私のパートナーだったピエール・ベルジェに会ったそうですね。

何よりもまず、そうすることが自然でした。ベルジェに対する尊敬の意もありましたし、直接彼にあって自己紹介をして、イヴ・サンローランの映画を作ろうとしていることを伝えるべきだと思いました。

それから映画を制作するにあたって、イヴ・サンローラン財団の協力が必要だと感じていました。本物のドレスやドローイングを劇中で使用したかったからです。

あとはイヴ・サンローランの生涯において、長い付き合いで彼のことをよく知っている人々に会うことで、物語のキャラクターも描きやすいと思いました。
 

>>ジャリル・レスペール監督のインタビューの続きは、次のページへ。

Photos(18枚)

インタビュー|写真1 インタビュー|写真2 インタビュー|写真3 インタビュー|写真4 インタビュー|写真5 インタビュー|写真6 インタビュー|写真7 インタビュー|写真8 インタビュー|写真9 インタビュー|写真10 インタビュー|写真11 インタビュー|写真12 インタビュー|写真13 インタビュー|写真14 インタビュー|写真15 インタビュー|写真16 インタビュー|写真17 インタビュー|写真18

キーワードから探す

ブランドプロフィール

関連用語