LOOPWHEELER

ループウィラー

ブランドのはじまり

1999年、鈴木諭がループウィラーをスタート。

ループウィラーについて

ループウィラー(LOOPWHEELER)は、日本のスウェットシャツブランド。吊り編み機で編んだ丈夫なスウェットが人気。主にスウェット、スウェットパンツ、Tシャツなどを展開。

「世界一、正統なスウェットシャツ」を製造、販売すべく鈴木諭(Satoshi Suzuki)が1999年に設立。長年アパレル生産管理の仕事に携わり築き上げた人脈と信頼、技術力と生産工場を背景に、メイドイン・ジャパンのスウェットウェアを生産、吊り裏毛素材の新しい世界観を創り続けている。

ブランド名となる「LOOPWHEELER」の語源は「吊り編み機=Loopwheel Machine」。職人の手間がかかる吊り編み機は現代ではほとんど使用されていなく、アイテムをすべて吊り編み機で作っているブランドはループウィラーだけと言われている。

ループウィラーはあえてここに着目。生地にほどよい空気が入る特徴を持つ吊り編み機でしか実現できない「柔らかさ」「着心地のよさ」「気持ちよさ」。さらに数年はもちろん10年使用しても風合いを失うことない丈夫さも強く支持されている。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.loopwheeler.co.jp/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

ループウィラー取り扱い店舗

Data - ループウィラーの関連データ

用語: スウェット