menu

fashionpress[ファッションプレス]

ホーム   >   ファッション用語集   >   柄・モチーフ   >   ゴブラン: gobelin print

ゴブランgobelin print

ゴブランについて

ゴブランとは、主に、ゴブラン柄を指していることが多く、特徴は、花やペーズリー絵画調の風景柄などの伝統柄。最近はそれに近い柄をプリントしたものにも使われる。 もともと、ゴブラン織りによる柄のこと。ゴブランプリントとも言う。洋服では、ゴブランというと、柄のほか、ゴブラン織り(つづれ織のこと)、ゴブランプリントなどを指す。もともとはゴブラン家の工場の名前から来ている。

Newsゴブランの関連ニュース

…やかな雰囲気が印象的だ。起毛したウールのゴブラン織りスカートは、淡く上品なフラワーモチーフが見る者…
…を楽しみたい。ノスタルジックなフラワーのゴブラン織りも印象的。胸元をレースアップしたワンピースや、…
…ECHIDORI」や、絨毯に使用されるゴブラン織りの柄を色鉛筆のカジュアルなタッチで仕上げた「K…

Brandsゴブランの関連ブランド

ミラ・ショーン

...
当時のコレクションでは、イヴニングドレスが最も有名で、刺繍を施したものや、ペルシャ風のデザイン、ゴブラン織(毛、絹、綿などで織られたつづれ織、精巧で重厚な織物)などが人気となった。ダブルフェイスウー...

関連用語

ピックアップ

三鷹の森ジブリ美術館の企画展示「食べるを描く。」ジブリ作品の“食事シーン”の制作資料や場面の再現展示
2017年5月27日(土)~11月4日(日)開催
三鷹の森ジブリ美術館の企画展示「食べるを描く。」ジブリ作品の“食事シーン”の制作資料や場面の再現展示
ヨウジヤマモト 18年秋冬メンズコレクション - 欲望に翻弄、そして葛藤からの解放
ヨウジヤマモト 18年秋冬メンズコレクション - 欲望に翻弄、そして葛藤からの解放
コム デ ギャルソン・ジュンヤ ワタナベ マン 18年秋冬コレクション、カナダグースなどコラボ多数
コム デ ギャルソン・ジュンヤ ワタナベ マン 18年秋冬コレクション、カナダグースなどコラボ多数
映画『億男』佐藤健×高橋一生、『るろ剣』大友啓史監督による“お金”を巡るエンターテインメント
10月19日(金)公開
映画『億男』佐藤健×高橋一生、『るろ剣』大友啓史監督による“お金”を巡るエンターテインメント
東京會舘新本舘が丸の内に - 和とフレンチを融合した鉄板焼店など新レストラン誕生
2019年1月8日(火)オープン
東京會舘新本舘が丸の内に - 和とフレンチを融合した鉄板焼店など新レストラン誕生