menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. ファッション   /  
  4. アイテム

志村ふくみ源流アトリエシムラ「海の色」織物セットの“1点もの”籠バッグ、krasとコラボ

アトリエシムラ(atelier shimura)が、「kras(くらす)」とコラボレーション。織り裂をセットにした籠バッグなどが、2022年8月11日(木・祝)から9月6日(火)まで京都本店で、9月23日(金・祝)から10月4日(火)まで東京・成城店で展示販売される。

krasとコラボした企画展第2弾

アトリエシムラ(atelier shimura) 海の色|写真1

アトリエシムラは、紬織(つむぎおり)の人間国宝・志村ふくみの孫である志村昌司を中心とした京都の染織ブランド。今回は、日本とインドネシアの伝統的な手仕事に着目し、オリジナルの家具や雑貨を制作・展開するクラフトライフスタイルブランド「kras」とタッグを組み、2度目のコラボレーション企画展を開催する。

「海の色」をテーマに織り裂×アタ籠を展示販売

アトリエシムラ(atelier shimura) 海の色|写真2

コラボレーション企画展で展示販売されるのは、アトリエシムラの制作した織り裂と、krasによるしなやかで丈夫なアタ籠を組み合わせた“1点もの”のバッグ。「海の色」をテーマに、ワンポイント刺繍を施した織り裂は、表情豊かなブルーの色合いが魅力的だ。アイテムは、新登場のハンドバッグやバケットバッグの他にも、茶籠、小箱が揃う。

アトリエシムラ(atelier shimura) 海の色|写真7

京都本店ではワークショップも

京都本店では、関連イベントとして2日間にわたるワークショップも開催。アトリエシムラの機で裂を織り、その裂で茶籠を仕立てることができる。

【詳細】
■京都展
日時:2022年8月11日(木・祝)〜9月6日(火)12:00〜18:00
※水曜・木曜定休 ※祝日は営業
会場:アトリエシムラ Shop & Gallery 京都本店 ギャラリー・アトリエシムラ
住所:京都府京都市下京区河原町通四条下ル市之町251-2壽ビルディング2F
TEL:075-585-5953

■東京・成城巡回展
日時:9月23日(金・祝)〜10月4日(火)11:00〜17:00
※水曜・木曜定休
会場:アトリエシムラ Shop & Gallery 東京・成城
住所:東京都世田谷区成城2-20-7
TEL:03-6411-1215

<商品例>
・バケットバッグ 51,700円〜
・ハンドバッグ 55,000円
・chakago 39,600円〜
・kobako まるさんかくしかく(アトリエシムラ小裂のお座布付) 13,200円〜

<京都展 関連イベント>
機織りワークショップ「茶籠の裂を織る」
日程:9月3日(土)、4日(日)の2日間 両日10:00~15:30 
会場:アトリエシムラ Shop & Gallery 京都本店
参加費:26,400円+アイテム(茶籠の種類)の価格 
参加人数:2人
茶籠の種類:
以下から当日作るものを選択。
・chakagoラウンド 大・中 31,680円
・chakagoオーバル 大・中 31,680円
・chakagoスクエア 大・中・小 24,200円
スケジュール:
1日目 10:00にアトリエシムラ Shop & Gallery 京都本店に集合。裂を織る。15:30終了。2日目 10:00に集合。各自続きを織る。14:00に井上翔子によるお誂え相談。15:30終了。
※できあがった茶籠は後日引き渡し。
※参加費は申し込み時に支払いし、茶籠の代金は当日会場にて支払い。

Photos(11枚)

アトリエシムラ(atelier shimura) 海の色|写真1 アトリエシムラ(atelier shimura) 海の色|写真2 アトリエシムラ(atelier shimura) 海の色|写真3 アトリエシムラ(atelier shimura) 海の色|写真4 アトリエシムラ(atelier shimura) 海の色|写真5 アトリエシムラ(atelier shimura) 海の色|写真6 アトリエシムラ(atelier shimura) 海の色|写真7 アトリエシムラ(atelier shimura) 海の色|写真8 アトリエシムラ(atelier shimura) 海の色|写真9 アトリエシムラ(atelier shimura) 海の色|写真10 アトリエシムラ(atelier shimura) 海の色|写真11

Photos(11枚)

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

ブランドプロフィール