menu

fashionpress[ファッションプレス]

トップ   >   ニュース   >   ファッション   >   インタビュー

【インタビュー】新生ケイト・スペード ニューヨーク、バッグやドレスに小さな"発見"を込めて

    Page:
  • 1
  • 2

ケイト・スペード ニューヨーク(kate spade new york)の新クリエイティブディレクターに、ニコラ・グラスが就任。彼女にインタビューを実施すると、就任までの道のりや、デビューとなった2019年春夏コレクションのこだわりについて話を聞くことができた。

ケイト・スペード ニューヨーク 新クリエイティブディレクターのニコラ・グラス
ケイト・スペード ニューヨーク 新クリエイティブディレクターのニコラ・グラス

就任までの道のり - グッチやマイケル・コースで学んだこと

ケイト・スペードのクリエイティブディレクターに就任するまでの経歴を教えて下さい。

グッチ(GUCCI)でアクセサリーデザイナーとしてジュエリーとハンドバッグを担当し、その後マイケル・コース(MICHAEL KORS)で13年間ハンドバッグ部門のトップとしてレディース、メンズ、セカンドラインの全てのアクセサリーの統括をしてきました。

ケイト・スペード ニューヨーク 2019年春夏コレクションより
ケイト・スペード ニューヨーク 2019年春夏コレクションより

グッチやマイケル・コースでは、どのようなことを学びましたか。

”プロダクトの良さが全てを決める”ということを、当時グッチのクリエイティブディレクターだったトム・フォード、そしてマイケル・コースから学びました。売れるものを作るのではなく、デザイナーとして”本当に良い商品を作る”ということです。例えばハンドバッグというものには、その中に機能性とクオリティー、そしてそれ1つでブランドを語ってしまうような強い存在感が必要である、というようなことです。

それから、クリエイティブディレクターとして明確なビジョンを持ち、その強い意志を貫くということも、彼らから学んだことの1つです。

ケイト・スペードのトップに – ケイトとアンディをリスペクト

ケイト・スペードからクリエイティブディレクターのオファーを受けたときはどんな気持ちでしたか。

一言で言えば運命ですね。実は、私がハンドバッグデザイナーになったきっかけを与えてくれたのは創業者のケイトとアンディでした。25年ほど前、私はジュエリーのデザインを学んでいて、エディンバーグアート大学でジュエリーデザインの学士を、その後ロンドンのロイヤルカレッジオブアートでファッションアクセサリーの修士を取得していました。

その頃に、彼ら(ケイト・アンディ)がほとんど自分たちの手だけでハンドバックブランドを立ち上げたことを記事で知り、すごく興味を持ったことを覚えています。それがきっかけの一つになり、私はジュエリーデザイナーからバックデザイナーになろうと転身を決めました。なので、25年後、自分がクリエイティブディレクターになるなんて、本当に運命を感じました。

クリエイティブディレクターを引き受けようと決めた理由も、ブランドのファンであったことが影響していますか。

もちろん。もう1つ理由があるとすれば、ブランドの全てについて意思決定ができるという点。前職のマイケル・コースではハンドバッグ部門というワンカテゴリーのトップでしたが、ケイト・スペードではレディ・トゥ・ウェアからアクセサリー、ストアデザイン、ブランドを表現するビジュアルなど、全てについて私がデザイン決定を担当します。

就任にあたり、まず初めに行ったことは何ですか。

”原点”に戻るということ。私自身がケイトとアンディにインスパイアされたという経験を持っているので、彼らが最初にどんな想いをこのブランドに込めたんだろうということを大事にしたいと考えました。彼らはブランドのジョイフルなムードを通じて、女性がファッションで自己表現することを称賛してきたように思うのです。そこで、彼らの「イミテーションではなく自分のパーソナルスタイルを持っていいんだよ」というメッセージを受け継ぎ、それをいかに今の時代に合った形でモダンに表現していくか、ということに挑戦することにしました。

ケイト・スペード ニューヨーク 2019年春夏コレクションより
ケイト・スペード ニューヨーク 2019年春夏コレクションより

その想いが、新しいケイト・スペードのコンセプト「オプティミスティックフェミニニティ(optimistic femininity)=楽観的な女性らしさ」にも反映されているのでしょうか。

はい。オプティミスティックフェミニニティは、自分に自信があって、明るく楽観的な思考を持っていて、だけど地に足がついていて…というモダンな女性像を意味しています。これは私が思う理想的な女性像でもあるのですが、こういったスタイルを称賛するようなブランドを創り上げていきたい。デビューコレクションでも、この想いを表現しています。

デビューコレクションのこだわり – カラー・プリント・スペード

デビューコレクションは、具体的にどのように作り上げていったのですか。

ブランドの持つカラーの魅力を進化させること、プリントを進化させること、ブランドを表現するコアエレメントを作ること、この3つに取り組みました。

カラーはどのように進化させたのですか。

ケイト・スペードはもともと赤なら赤、ピンクならピンクと原色をパキッと使うというアプローチを取っていたと思いますが、私はそこに繊細なニュアンスを加えたいと思いました。例えばワンピースには、ビビッドな黄色ではなく、パステルイエローのようなシャルトルーズカラーを採用しました。新鮮な”発見”のあるカラーコンビネーションにもこだわっていて、良い例が、チェック柄のブラウスやワンピースに起用したライラック×シャルトルーズ、グリーン×ピンクです。今まで見たことが無い、斬新なコンビネーションを提案しました。

華やかなプリントも印象的でしたね。

プリントについていえば、ブランドを代表するようなシグネチャープリントを作ってあげることが大事だと考えていました。例えば、4つのスペードを組み合わせたスペードフラワー。フラワープリントは今までのケイト・スペードにとっても欠かせないものでしたが、そこに新しい解釈を加え、花の表現をリアルからグラフィカルへとリフレッシュすることにしました。スペードフラワーは新生ケイト・スペードで、長きに渡って起用していきたいデザインの1つですね。

Photos(24枚)

【インタビュー】新生ケイト・スペード ニューヨーク、バッグやドレスに小さな"発見"を込めて 画像1 【インタビュー】新生ケイト・スペード ニューヨーク、バッグやドレスに小さな"発見"を込めて 画像2 【インタビュー】新生ケイト・スペード ニューヨーク、バッグやドレスに小さな"発見"を込めて 画像3 【インタビュー】新生ケイト・スペード ニューヨーク、バッグやドレスに小さな"発見"を込めて 画像4 【インタビュー】新生ケイト・スペード ニューヨーク、バッグやドレスに小さな"発見"を込めて 画像5 【インタビュー】新生ケイト・スペード ニューヨーク、バッグやドレスに小さな"発見"を込めて 画像6 【インタビュー】新生ケイト・スペード ニューヨーク、バッグやドレスに小さな"発見"を込めて 画像7 【インタビュー】新生ケイト・スペード ニューヨーク、バッグやドレスに小さな"発見"を込めて 画像8 【インタビュー】新生ケイト・スペード ニューヨーク、バッグやドレスに小さな"発見"を込めて 画像9 【インタビュー】新生ケイト・スペード ニューヨーク、バッグやドレスに小さな"発見"を込めて 画像10 【インタビュー】新生ケイト・スペード ニューヨーク、バッグやドレスに小さな"発見"を込めて 画像11 【インタビュー】新生ケイト・スペード ニューヨーク、バッグやドレスに小さな"発見"を込めて 画像12 【インタビュー】新生ケイト・スペード ニューヨーク、バッグやドレスに小さな"発見"を込めて 画像13 【インタビュー】新生ケイト・スペード ニューヨーク、バッグやドレスに小さな"発見"を込めて 画像14 【インタビュー】新生ケイト・スペード ニューヨーク、バッグやドレスに小さな"発見"を込めて 画像15 【インタビュー】新生ケイト・スペード ニューヨーク、バッグやドレスに小さな"発見"を込めて 画像16 【インタビュー】新生ケイト・スペード ニューヨーク、バッグやドレスに小さな"発見"を込めて 画像17 【インタビュー】新生ケイト・スペード ニューヨーク、バッグやドレスに小さな"発見"を込めて 画像18 【インタビュー】新生ケイト・スペード ニューヨーク、バッグやドレスに小さな"発見"を込めて 画像19 【インタビュー】新生ケイト・スペード ニューヨーク、バッグやドレスに小さな"発見"を込めて 画像20 【インタビュー】新生ケイト・スペード ニューヨーク、バッグやドレスに小さな"発見"を込めて 画像21 【インタビュー】新生ケイト・スペード ニューヨーク、バッグやドレスに小さな"発見"を込めて 画像22 【インタビュー】新生ケイト・スペード ニューヨーク、バッグやドレスに小さな"発見"を込めて 画像23 【インタビュー】新生ケイト・スペード ニューヨーク、バッグやドレスに小さな"発見"を込めて 画像24

関連ニュース

キーワードから探す

ブランドプロフィール

ピックアップ

原宿の古着屋ベスト33選-人気店や名店を網羅
原宿の古着屋ベスト33選-人気店や名店を網羅
ファッション業界を描いたドキュメンタリー映画特集 - 波乱の人生を歩むデザイナーたち
ファッション業界を描いたドキュメンタリー映画特集 - 波乱の人生を歩むデザイナーたち
2019年春のファンデーション&下地 - ツヤ肌?毛穴レス?理想の肌に合わせて選ぶ新ベースメイク
2019年春のファンデーション&下地 - ツヤ肌?毛穴レス?理想の肌に合わせて選ぶ新ベースメイク
ショルダーバッグ19春夏レディース、レザーからPVCまで人気ブランドの斜め掛けバッグを特集
ショルダーバッグ19春夏レディース、レザーからPVCまで人気ブランドの斜め掛けバッグを特集
ミュシャ特集 - アール・ヌーヴォーのポスター作品から《スラヴ叙事詩》まで、展覧会の情報も
ミュシャ特集 - アール・ヌーヴォーのポスター作品から《スラヴ叙事詩》まで、展覧会の情報も

スケジュール

ナイキ“アプリでフィット感を調整できる”新バスケットボールシューズ「ナイキ アダプトBB」
2月17日(日)発売
ナイキ“アプリでフィット感を調整できる”新バスケットボールシューズ「ナイキ アダプトBB」
サイ×グローブスペックスのアイウェア「サイ スペックス」ポール・ウェラー着想のブロウバー型モデル
2月18日(月)発売
サイ×グローブスペックスのアイウェア「サイ スペックス」ポール・ウェラー着想のブロウバー型モデル
コンバース トウキョウ × ミュベールのレディースライン、2019年春夏シーズンよりローンチ
2月下旬発売
コンバース トウキョウ × ミュベールのレディースライン、2019年春夏シーズンよりローンチ
アキラナカからシューズライン誕生、パンプスやサンダルなど - 解剖学に基づく快適な履き心地
2月20日(水)発売
アキラナカからシューズライン誕生、パンプスやサンダルなど - 解剖学に基づく快適な履き心地
レペット×ビューティ&ユースの限定バレリーナシューズ、上質なヤギ皮でクラシックモデルを復刻
2月下旬発売
レペット×ビューティ&ユースの限定バレリーナシューズ、上質なヤギ皮でクラシックモデルを復刻
 スケジュール一覧