コレクション > 2017-18年秋冬 > 東京 > マイン 2017-18年秋冬コレクション

Collection

MYne

2017AW - Look

マイン(MYne)2017-18年秋冬コレクション - 画像1マイン(MYne)2017-18年秋冬コレクション - 画像2マイン(MYne)2017-18年秋冬コレクション - 画像3マイン(MYne)2017-18年秋冬コレクション - 画像4マイン(MYne)2017-18年秋冬コレクション - 画像5マイン(MYne)2017-18年秋冬コレクション - 画像6マイン(MYne)2017-18年秋冬コレクション - 画像7マイン(MYne)2017-18年秋冬コレクション - 画像8マイン(MYne)2017-18年秋冬コレクション - 画像9マイン(MYne)2017-18年秋冬コレクション - 画像10マイン(MYne)2017-18年秋冬コレクション - 画像11マイン(MYne)2017-18年秋冬コレクション - 画像12マイン(MYne)2017-18年秋冬コレクション - 画像13マイン(MYne)2017-18年秋冬コレクション - 画像14マイン(MYne)2017-18年秋冬コレクション - 画像15マイン(MYne)2017-18年秋冬コレクション - 画像16マイン(MYne)2017-18年秋冬コレクション - 画像17マイン(MYne)2017-18年秋冬コレクション - 画像18マイン(MYne)2017-18年秋冬コレクション - 画像19マイン(MYne)2017-18年秋冬コレクション - 画像20マイン(MYne)2017-18年秋冬コレクション - 画像21マイン(MYne)2017-18年秋冬コレクション - 画像22マイン(MYne)2017-18年秋冬コレクション - 画像23

1990年代、それまで黒人の音楽であった”ファンク(FUNK MUSIC)”が“アシッド・ジャズ(ACID JAZZ)”となり、人種を問わない音楽としてリバイバルした。

ファンク・ヒップホップ・ソウルなど多様な音楽スタイルを混ぜ合わせ、ただただ踊ること、音楽を楽しむことをベースにこのムーブメントは突如発生。“ACID JAZZ”はジャズにおけるなグルーヴを自由化し、音楽としての固定概念を取り払っただけでなく、人種や年代の垣根をこえたカルチャーを成立させた。スポーツとストリートの要素をミックスした、極端にワイドに仕上げたナイロンパンツや着用時に円を描くようなネックを持つフーディー。モード・スポーティ・ストリートなどファッションの持つカテゴライズから逸脱したアイテムをマイン独自の視点で展開する。