コレクション > 2017-18年秋冬 > 東京 > マイン 2017-18年秋冬コレクション

Collection

MYne

2017AW - Look

マイン(MYne)2017-18年秋冬コレクション - 画像1マイン(MYne)2017-18年秋冬コレクション - 画像2マイン(MYne)2017-18年秋冬コレクション - 画像3マイン(MYne)2017-18年秋冬コレクション - 画像4マイン(MYne)2017-18年秋冬コレクション - 画像5マイン(MYne)2017-18年秋冬コレクション - 画像6マイン(MYne)2017-18年秋冬コレクション - 画像7マイン(MYne)2017-18年秋冬コレクション - 画像8マイン(MYne)2017-18年秋冬コレクション - 画像9マイン(MYne)2017-18年秋冬コレクション - 画像10マイン(MYne)2017-18年秋冬コレクション - 画像11マイン(MYne)2017-18年秋冬コレクション - 画像12マイン(MYne)2017-18年秋冬コレクション - 画像13マイン(MYne)2017-18年秋冬コレクション - 画像14マイン(MYne)2017-18年秋冬コレクション - 画像15マイン(MYne)2017-18年秋冬コレクション - 画像16マイン(MYne)2017-18年秋冬コレクション - 画像17

「1970年代初頭にブロンクスで産声をあげたヒップホップは1990年代には全米にまで広がり、若者たちの生きがいとなった。殺人や窃盗など、犯罪が蔓延る貧困街ではチームの一員である証としてその色を身にまとうことこそが生きることであった。」
こちらを背景にマイン(MYne)は2017年秋コレクションを制作。当時のギャングスター、ヒップホップ、あるいはチカーノのスタイルを着想に、彼らが愛用していたジャージやワークウェアのセットアップスタイルをマインの解釈で日本のストリートスタイルに仕上げた。

また“ディッキーズ(DICKIES)”とのコラボレーションによるワイドワークパンツや、日本のアイウェアブランド”INARI”との共同制作によるサングラスも展開する。