menu

fashionpress[ファッションプレス]

トップ   >   ブランド   >   クレア マッカーデル

Claire McCardellクレア マッカーデル

ブランドのはじまり

1940年、ブランド「クレア マッカーデル」を設立。

クレア マッカーデルについて

クレア マッカーデル(Claire McCardell)は1905年、アメリカ生まれ。父は銀行化で裕福な家系に生まれる。高校卒業後、ニューヨーク芸術工芸学校(現パーソンズ)にてファッションを学ぶ。在学中にパリに留学。パリのオートクチュールの手法に触れ、ヴィオネのバイアスカットのテクニックに大きな影響を受ける。

卒業後、スケッチャーとしての仕事をスタート、その後職を転々として、中流階級向けの既製服メーカー、タウンリーフロック社に入社。アシスタントデザイナーの職を得る。

1932年、タウンリーフロック社のデザインーの事故死を機に、デザイナーに就任。当時のアメリカのファッションデザイナーの仕事は、主にパリのクチュールで発表されたデザインをコピーするものだった。

38年、バイアスカットのテクニックを使用して、シンプルで機能的なデザインを展開した「モナスティック」が好評を博す。

一時期、ハティ・カーネギー社に入社するが、40年、タウンリーフロック社に戻り、同社から自身の名を冠したブランド「クレア マッカーデル」を設立。デザイナーが自身の名を関したブランドを発表することは当時のアメリカとしては珍しいことであった。

クレア マッカーデルのデザインの特徴は、機能性を重視したカジュアルなもので、動きやすく、より活動的なもので、ターゲットは中流階級に置かれた。

ハーパーズ・バザーの依頼により作った、服の上からも気軽にはおれるドレス、ポップオーバーなどが注目を集め、その他、一枚布で作ったサロン風ドレスやジャンプスーツなどが人気となった。(クレアマッカーデルの活躍はファッションの歴史、アメリカンスタイルを参照)

1958年に死去。

関連用語

関連ブランド

スケジュール

“視覚の魔術師”「ミラクル エッシャー展」大阪などで開催、日本初公開の「だまし絵」約150点が集結
11月16日(金)~2019年1月14日(月)開催
“視覚の魔術師”「ミラクル エッシャー展」大阪などで開催、日本初公開の「だまし絵」約150点が集結
キート、アイディー デイリーウエア、ミスターエブリデイズ“最大90%オフ”の合同サンプルセール開催
11月16日(金)開催
キート、アイディー デイリーウエア、ミスターエブリデイズ“最大90%オフ”の合同サンプルセール開催
映画『人魚の眠る家』篠原涼子×西島秀俊×堤幸彦、東野圭吾のミステリー小説を実写化
11月16日(金)公開
映画『人魚の眠る家』篠原涼子×西島秀俊×堤幸彦、東野圭吾のミステリー小説を実写化
 スケジュール一覧
 その他のブランドを見る