Claire McCardell

クレア マッカーデル

ブランドのはじまり

1940年、ブランド「クレア マッカーデル」を設立。

クレア マッカーデルについて

クレア マッカーデル(Claire McCardell)は1905年、アメリカ生まれ。父は銀行化で裕福な家系に生まれる。高校卒業後、ニューヨーク芸術工芸学校(現パーソンズ)にてファッションを学ぶ。在学中にパリに留学。パリのオートクチュールの手法に触れ、ヴィオネのバイアスカットのテクニックに大きな影響を受ける。

卒業後、スケッチャーとしての仕事をスタート、その後職を転々として、中流階級向けの既製服メーカー、タウンリーフロック社に入社。アシスタントデザイナーの職を得る。

1932年、タウンリーフロック社のデザインーの事故死を機に、デザイナーに就任。当時のアメリカのファッションデザイナーの仕事は、主にパリのクチュールで発表されたデザインをコピーするものだった。

38年、バイアスカットのテクニックを使用して、シンプルで機能的なデザインを展開した「モナスティック」が好評を博す。

一時期、ハティ・カーネギー社に入社するが、40年、タウンリーフロック社に戻り、同社から自身の名を冠したブランド「クレア マッカーデル」を設立。デザイナーが自身の名を関したブランドを発表することは当時のアメリカとしては珍しいことであった。

クレア マッカーデルのデザインの特徴は、機能性を重視したカジュアルなもので、動きやすく、より活動的なもので、ターゲットは中流階級に置かれた。

ハーパーズ・バザーの依頼により作った、服の上からも気軽にはおれるドレス、ポップオーバーなどが注目を集め、その他、一枚布で作ったサロン風ドレスやジャンプスーツなどが人気となった。(クレアマッカーデルの活躍はファッションの歴史、アメリカンスタイルを参照)

1958年に死去。

[ 続きを読む ]

Data - クレア マッカーデルの関連データ

用語: オートクチュール バイアスカット 既製服 クチュール ジャンプスーツ ヨーク ブランド: ヴィオネ

ブランド・デザイナー紹介