Sandy Dalal

サンディ ダラル

ブランドのはじまり

1998年、サンディ ダラルが自身の名を冠したブランドを設立。

サンディ ダラルについて

サンディ ダラル(Sandy Dalal)は1976年、アメリカニューヨークのブロンクス生まれ。ネイティブインディアンの血をひく。

97年、ビジネスを専攻したペンシルベニア大学を3年間で卒業。ウォールストリートの証券マンなどの道も大いにあったがファッションの道を選ぶ。厳格な両親は医者か証券マンになって欲しかったという。

1998S/S、ニューヨークのメンズウェアコレクションでデビュー。98年、CFDAの新人賞にあたるペリー エリス賞のメンズウェア部門を21歳という史上最年少で受賞。鮮烈なデビューを飾った。ルックスがいいことでも有名で「People Magazine」の最も美しい50人特集号にも登場した。そのルックスからか、自身のデザインした服のモデルをつとめることもある。

99年日本に進出。2002S/S~2002-2003A/Wのまでイタリアのブランド、ビブロスのデザイナーを務めた。2002年3月、メンズベストデザイナー賞を受賞。 2002-2003A/Wより「ICB men」のクリエイティブ・ディレクターを務める。

美しく、高級感がある生地に定評があるデザイナーで、それ以外にもテーラリングも評価を受けている。シンプルかつ実用的なデザインで、カラーも派手なものよりシックなものが多く、着ている人をスマートに見せるデザインが特徴。

「ICB men」との契約が終了した2004年、バイヤー出身のClifford Fongと共にユニセックスなデザインを目指すための新ブランド「Chatav Ectabit」を立ち上げる。現在は「Chatav Ectabit」のデザインを中心に活動している。

[ 続きを読む ]

Data - サンディ ダラルの関連データ

用語: ユニセックス CFDA テーラリング ヨーク ブランド: ビブロス ペリー エリス

ブランド・デザイナー紹介