ホーム > ニュース > 音楽 > 元オアシス、ノエル・ギャラガーのソロアルバム第3弾『フー・ビルト・ザ・ムーン?』日本先行発売

元オアシス、ノエル・ギャラガーのソロアルバム第3弾『フー・ビルト・ザ・ムーン?』日本先行発売

元オアシス(Oasis)のノエル・ギャラガーによるソロ・プロジェクト「ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ」第3弾となるアルバム『フー・ビルト・ザ・ムーン?|Who Built The Moon? 』が、2017年11月22日(水)より日本先行で発売される。

2015年3月、ノエル自身がプロデュースを手掛けた前作『チェイシング・イエスタデイ|Chasing Yesterday』以来となる新作『フー・ビルト・ザ・ムーン?|Who Built The Moon? 』。同作では、テクノ・エレクトロニック界の大御所DJ、トラックメイカーであり、映画『オーシャンズ』シリーズなど、ハリウッド映画のサントラでも知られるデビッド・ホルムスがプロデューサーを務める。

今回のアルバムについて、ホルムスは「新作を聴いたら人々は驚くことだろう。(過去の)ノエルの曲の多くはミッド・テンポだが、この作品はかなり面白いことになっている」と語る。また、本国のレーベルによると、ベルファストとロンドンで制作された本編となる11曲は、フレンチ・サイケデリック・ポップ、クラシック・エレクトロから、ソウル、ロック、ダンスまで“洗練されたアドベンチャー”が楽曲に凝縮されているとも述べている。

発表されたファースト・シングルは「ホーリー・マウンテン」。インスピレーションは、“女性たちの素晴らしさ”だという。ポール・ウェラーが参加し、アルバムで最初にレコーディングされたこの曲は、シンプルだがこれまでで最も喜びが感じられる仕上がりだとノエルが述べている。また、爽快感と疾走感、そして至福感を抱かせるとも。スタートを切るこの曲から想像するに、これまでとは一味違う、ノエル・ギャラガーの魅力が詰まっているようだ。

さらに、イギリスのロック界を代表するジョニー・マー、そしてポール・ウェラーも参加するなど豪華メンバーが集結する。なお、世界ボーナス・トラックとなるアコースティック曲に加え、日本盤CDにはもう1曲追加され、計13曲が収録予定。加えて、日本では独自企画となるDVD付きの初回限定デラックス盤も同時発売される。

2018年にはワールド・ツアーも予定されており、ニュースが目白押しのノエル・ギャラガー。新アルバムへの期待が高まる。

【詳細】
ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ
アルバム『フー・ビルト・ザ・ムーン?|Who Built The Moon?』 ※国内盤CD(全13曲)
日本先行発売日:2017年11月22日(水)
※iTunesは2017年11月22日(水)配信開始。予約注文受付中。
※輸入盤(CD/LP)は11月24日(金)発売。

■国内盤ボーナス・トラック収録(初回限定盤・通常盤共通)
歌詞・対訳・解説付
・初回生産限定盤(CD+DVD) 3400円+税
※ハードカバー・ブックレット+3方背ボックス仕様
・通常盤(1CD) 2200円+税
※紙ジャケット仕様

■国内盤CDトラックリスト
01. フォート・ノックス
02. ホーリー・マウンテン
03. キープ・オン・リーチング
04. イッツ・ア・ビューティフル・ワールド
05. シー・トート・ミー・ハウ・トゥ・フライ
06. ビー・ケアフル・ホワット・ユー・ウィッシュ・フォー
07. ブラック & ホワイト・サンシャイン
08. インタールード (ウェンズデイ・パート1)
09. イフ・ラヴ・イズ・ザ・ロー
10. ザ・マン・フー・ビルト・ザ・ムーン
11. エンド・クレジッツ (ウェンズデイ・パート2)
12. デッド・イン・ザ・ウォーター
(ライヴ・アット RTE 2FM スタジオズ, ダブリン) ※世界ボーナス・トラック 
13. ゴッド・ヘルプ・アス・オール ※日本盤CDボーナス・トラック

Photo Gallery

写真をクリックすると拡大写真を見ることができます

元オアシス、ノエル・ギャラガーのソロアルバム第3弾『フー・ビルト・ザ・ムーン?』日本先行発売 画像1
元オアシス、ノエル・ギャラガーのソロアルバム第3弾『フー・ビルト・ザ・ムーン?』日本先行発売 画像2

ニュースデータ

日時:2017-11-13 21:00