ホーム > ニュース > ファッション > カナダグースが東京・千駄ヶ谷に旗艦店をオープン - 南極大陸を映した壮大なインスタレーションも

カナダグースが東京・千駄ヶ谷に旗艦店をオープン - 南極大陸を映した壮大なインスタレーションも

カナダグース (CANADA GOOSE)が、東京千駄ヶ谷に旗艦店を出店。2017年11月3日(金・祝)にオープンする。

1957年カナダ・トロントにある小さな倉庫から始まったカナダグース。寒さの厳しい環境を凌ぐものづくりのため、常に革新と妥協無きクラフトマンシップを貫き、2017年で60周年を迎えた。トロント、ニューヨーク、シカゴに続き、東京に旗艦店を出店。メイド・イン・カナダに拘ったオーセンティックなカナダグースの世界観を表現する。

カナダグース 千駄ヶ谷のロケーションは北参道駅と明治神宮前駅の中間あたり。販売する主なアイテムは、ブランドのシグネチャーでもあるスノーマントラ パーカ、メンズ・ウィメンズ・キッズ・アクセサリー。また、季節ごとのアイテムやエクスクルーシブなコラボレーションなどを幅広く展開していく。

 

2017年11月末には、ラインナップの中に旗艦店限定コート「カナダ コート」が加わる。カナダグース創立60周年とカナダ建国150周年を記念し、背中に「CANADA」の文字を大胆にプリントし、「強く自由な国」を誇るカナダを表現した。マイナス30℃を下回る気候での実地試験を行い、地上で最も過酷な環境でも耐えられるように作られている。メンズ、ウィメンズともに赤と黒の2色で展開され、世界400着限定で販売される。

ショップ内は、極寒地をイメージした空間になっている。大理石を用いてデザインしたシンボリックなカウンター、0℃以下まで体感できるフィッティングルーム、アイコニックなロゴが様々な表情で目に飛び込んでくるディスプレイなどカナダグースを体感できる環境を用意する。

なお、オープンに際して、ニューヨークの芸術家ザリア・フォーマン(Zaria Forman)による「南極ゲルラッシュ海峡no.2(Gerlache Strait, Antarctica no.2)」のインスタレーションを開催。4週間探検船に滞在し、南極圏を渡航して撮影した、日本初披露の動画作品が展示される。南極大陸の壮大さと儚さを映し出し、氷河の真横にいるような、ダイナミックな迫力を感じられるだろう。

【詳細】
カナダグース 千駄ヶ谷店
(CANADA GOOSE SENDAGAYA)
オープン日:2017年11月3日(金・祝)
住所:東京都渋谷区神宮前2-22-16
TEL:03-5860-6518
■カナダ コート
発売時期:2017年11月末
価格:190,000円+税

Photo Gallery

写真をクリックすると拡大写真を見ることができます

カナダグースが東京・千駄ヶ谷に旗艦店をオープン - 南極大陸を映した壮大なインスタレーションも 画像1
カナダグースが東京・千駄ヶ谷に旗艦店をオープン - 南極大陸を映した壮大なインスタレーションも 画像2
カナダグースが東京・千駄ヶ谷に旗艦店をオープン - 南極大陸を映した壮大なインスタレーションも 画像3
カナダグースが東京・千駄ヶ谷に旗艦店をオープン - 南極大陸を映した壮大なインスタレーションも 画像4
カナダグースが東京・千駄ヶ谷に旗艦店をオープン - 南極大陸を映した壮大なインスタレーションも 画像5
カナダグースが東京・千駄ヶ谷に旗艦店をオープン - 南極大陸を映した壮大なインスタレーションも 画像6
カナダグースが東京・千駄ヶ谷に旗艦店をオープン - 南極大陸を映した壮大なインスタレーションも 画像7
カナダグースが東京・千駄ヶ谷に旗艦店をオープン - 南極大陸を映した壮大なインスタレーションも 画像8
カナダグースが東京・千駄ヶ谷に旗艦店をオープン - 南極大陸を映した壮大なインスタレーションも 画像9
カナダグースが東京・千駄ヶ谷に旗艦店をオープン - 南極大陸を映した壮大なインスタレーションも 画像10
カナダグースが東京・千駄ヶ谷に旗艦店をオープン - 南極大陸を映した壮大なインスタレーションも 画像11

ニュースデータ

日時:2017-11-04 13:45