ホーム > ニュース > ファッション > ディーゼルのスマートウォッチ「ディーゼル オン」に初のタッチスクリーンモデルが登場

ディーゼルのスマートウォッチ「ディーゼル オン」に初のタッチスクリーンモデルが登場

ディーゼルが展開するスマートウォッチ「ディーゼル オン(DieselOn)」から、タッチスクリーン搭載モデルが登場。2017年9月9日(土)よりディーゼル 銀座で一部モデルを先行発売、その後9月25日(月)よりその他の店舗でも発売される。

2016年冬にデビューした「ディーゼル オン」は、ディーゼルらしいソリッドなアナログデザインはそのままに、スマートフォンとの連携機能を搭載したブランド初のハイブリッドスマートウォッチ。今回は、ダイヤル部分にタッチスクリーンを搭載した初のモデルがリリースされる。

DZT2002 43,000円+税
ディーゼル 銀座先行発売モデル
DZT2002 43,000円+税
ディーゼル 銀座先行発売モデル

天気の確認、リマインダー、ワークアウトサポートなど便利な機能

電源ボタンの長押しか「OK Google」と話しかけることで「Google Assistant」を起動し、天気の確認、リマインダー設定、行先ナビゲーションなどがハンズフリーで行えるほか、ラン、自転車、筋トレなどをトラッキングしてくれる「Google Fit」を使えば、カロリー、ペース、距離などを設定により計測出来る。

ウォッチ単独での音楽再生も

DZT2001 43,000円+税
DZT2001 43,000円+税

また、スマートフォンかWiFiに接続した状態であれば、「Google Play Music」アプリ経由で音楽をストリーミング再生可能。ウォッチ側に直接曲をダウンロードしておけば、スマートフォンが手元になくても音楽が再生出来る。

3つのユニークなダイヤルエフェクト

DZT2004 48,000円+税
DZT2004 48,000円+税

ダイヤルエフェクトを用いた、スマートウォッチならではのユニークな機能にも注目。今回のモデルには、下記の3種類のモードが用意されている。

<おやすみモード>

ウォッチがスマートフォンの通知を受信すると、通常では通知内容カードがダイアルに現れるが<おやすみモード>に設定していると、通知を受信したときにダイアルが震えてひび割れ、内容が現れることなく通知が来たことだけをユーザーに伝えてくれる。

<お天気モード>

時計に搭載されたウェザーフィルターが、ダイアルに雨を降らせたり、稲妻を走らせたりすることで天気の変動を知らせてくれる。

<アクティビティモード>

その日達成したい目標の達成度が低いと、ダイアルに埃がたまって見えにくくなり、達成しない限りダイアルがクリアに見えなくなるという、自分を律したい人に最適でユニークなモード。

フェイスデザインをカスタマイズ

そのほかデザイン面では、ウォッチフェイスの変更が可能で、カラーコンビネーションや表示する情報などを、iOSとAndroidのどちらのOSでもカスタマイズ出来る。

商品情報

「ディーゼル オン」タッチスクリーンスマートウォッチ
発売日:
2017年9月9日(土) ディーゼル 銀座で「DZT2002」先行発売
2017年9月25日(月) DIESEL STORE 各店、時計専門店、オンラインストアにて発売
※DZT2004は10月中旬の発売予定。
価格:DZT2002 43,000円+税/DZT2001 43,000円+税/DZT2004 48,000円+税

【問い合わせ先】
フォッシルジャパン 
TEl:03-5992-4611

Photo Gallery

写真をクリックすると拡大写真を見ることができます

ディーゼルのスマートウォッチ「ディーゼル オン」に初のタッチスクリーンモデルが登場 画像1
ディーゼルのスマートウォッチ「ディーゼル オン」に初のタッチスクリーンモデルが登場 画像2
ディーゼルのスマートウォッチ「ディーゼル オン」に初のタッチスクリーンモデルが登場 画像3

ニュースデータ

日時:2017-09-11 10:10