ホーム > ニュース > 音楽 > サム・スミスが2年ぶりの新曲「トゥー・グッド・アット・グッバイズ」発表 - “天使の歌声”再び

サム・スミスが2年ぶりの新曲「トゥー・グッド・アット・グッバイズ」発表 - “天使の歌声”再び

サム・スミスの2年ぶりとなる新曲「トゥー・グッド・アット・グッバイズ 〜さよならに慣れすぎて」が、2017年9月8日(金)にリリース。

サム・スミスとは

“声力No.1シンガー”と評される、イギリスのシンガーソングライター サム・スミス。深みのあるボーカルと声域によって生み出されるソウルフルな歌声、そして恋愛をテーマにした、心からダイレクトに伝わる曲が魅了だ。

2014年に発表されたデビュー・アルバム『イン・ザ・ロンリー・アワー』は、世界総売上枚数1,200万枚を誇り、「ステイ・ウィズ・ミー 〜そばにいてほしい」「レイ・ミー・ダウン」、新進気鋭のハウス・ミュージシャン ディスクロージャーとの共作「ラッチ」など、ヒット曲を世に送った。

そして、2015年に行われた第57回グラミー賞授賞式では「最優秀新人賞」など主要3部門を含む最多4部門に輝き、一躍スターとなった。

新曲はソウルフルな悲しい恋の歌

「トゥー・グッド・アット・グッバイズ 〜さよならに慣れすぎて」は、2015年に発表された映画『007 スペクター』の主題歌「ライティングズ・オン・ザ・ウォール」以来となる新曲。サムの卓越した唯一無二のヴォーカルと心を揺さぶるソングライティングの才能が再び表れた、ソウルフルな悲しい恋の歌だ。長年のコラボレーターであるプロデューサーのジミー・ネイプスなどと組んで制作された。

本曲について、サム・スミスは次のようにコメント。「この曲は、僕のかつての恋愛関係がテーマになっていて、要するに、フラれることに慣れていくってことについて歌っているんだ。どのような形であれ、僕にとって新しい曲を世に出すのは本当に久しぶりだし、今回のシングルではこれから発表する作品の方向性が打ち出されていると思うよ。」

さらに、同曲のMVも公開された。様々なカップルの“さよなら”の様子が切なくも美しく描き出されており、サム自身も恋人との別れに嘆く男性を熱演している。

再び動き出したサム・スミス。アルバム発表はあるのか、今後も引き続き注目したい。

【詳細】
サム・スミス
「トゥー・グッド・アット・グッバイズ ~さよならに慣れすぎて」
リリース日:2017年9月8日(金)

Photo Gallery

写真をクリックすると拡大写真を見ることができます

サム・スミスが2年ぶりの新曲「トゥー・グッド・アット・グッバイズ」発表 - “天使の歌声”再び 画像1
サム・スミスが2年ぶりの新曲「トゥー・グッド・アット・グッバイズ」発表 - “天使の歌声”再び 画像2

ニュースデータ

日時:2017-09-20 16:45