ホーム > ニュース > 音楽 > 愛を歌うCharaにインタビュー”恥ずかしいことをやるのがアーティスト”

愛を歌うCharaにインタビュー”恥ずかしいことをやるのがアーティスト”

シンガーソングライターのChara―ソウル・R&B・オルタナティブ・ロックなど様々なジャンルをミックスさせ独自のサウンドを作りだしているアーティストだ。デビューから25年という年月の中で、切ない歌詞をしたため、「やさしい気持ち」「タイムマシーン」「大切をきずくもの」と、90年代からヒット曲を飛ばし続けてきた。

独特の甘い歌声と優しい音色で、人々の心を掴んできた彼女。結婚、出産、育児とひとりの女性としてもステージを踏んだCharaは、いまどんな風に音楽と向き合っているのだろう。

Charaの音楽

・Charaさんの音楽は、どれも歌詞が優しいですよね。言葉の組み方って意識されてますか?

デビューの頃から「~かしら」とか「~なの」とかは好きでした。女性的な感じは10代のときから好みで。「~の」で終わるとガーリーじゃないですか?甘い系というか。それに「~の」っていう響きが単純に好きなんです。私の好みの女性像だったり、恋愛表現だったりを意識しているんですけど、なんとなく私は間が好きなのかもしれない。伝えたいから、話を聞いてほしいから、あんまり押しつけがましく責めたりしたくないんです。

昔はもっと歌詞に「?」が多かったけれど、大人になって減ってきました。最近出来上がった歌詞を見ると、そこまで問いかけないくてもよいかな、しつこいなとか思うようになって。

まだ完成じゃない私のガーリーは

・女の子らしさはずっと意識されているのでしょうか。

単純に女の子らしさが好きなんじゃないかな?私には妹が一人いて、妹はジーンズとかパンツばっかり履かされて、反対に私はスカートばっかり。だから、自然と女の子らしくするみたいなのがあった気がします。その反面、勇気があったり、思い切りがよかったり、そういうお姉ちゃんらしさは持っていたんですけどね。

でも、可愛らしさを素直にずっと表現できていたかっていうとそうじゃなくて。若い頃は、ピンク色を素直に好きと言えないような…そういうつもりじゃなくも、先輩とかに「ぶりっ子」って言われたりしました。それが嫌だから、だんだんスポーツ系っていうか、ハキハキした感じを意識してみたり、面白おかしいキャラになってみたり。そうやっていじめられないように、めんどくさい先輩を避けるために、くぐりぬけてきたんです。

ちょっと大人になってくると、私はフェミニンが好きって言えるようになって。さらに歳をとってくると、尚のこと周りにどう言われたって関係ないねって、好きなもんは好きだねってなってきました。おばあちゃんの歳になって、本当の意味での少女らしさっていうのを表現できたらいいなって思う。今はまだ完成じゃないんです、私のガーリーは。

※「Tremolo Sparks」の様子。
※「Tremolo Sparks」の様子。

・まだ完成じゃないんですね(笑)

ここからが本当のガーリー。おばあちゃんから孫へ伝えるガーリー観とか楽しそうだなって。もし男の子の孫が出来たら、女性にはこうするんだよとか、そういうのを言いたいです(笑)。

・今のCharaさんが考える少女らしさって何だと思いますか。

わかんないことを知りたいなって思う気持ち。無邪気になれるときはなれる。泣きたいこと、感動したいことを我慢しないで伝えられる。ありがとうって言いたい時は素直に言える。

ちょっと間違えると激しくなっちゃうボタンがあるけど、歳をとってから、だんだん自分に素直になってきて、こういう風に生きられた方が楽しいのかなって。20代前半だとインタビューも、こんな穏やかじゃなかった。初めて聞かれることとか多いし慣れていないから「わかんないです」って答えて。でも「何か言ってもらわないと困ります、記事にできないですし」って言われて。そんなやりとりしているうちに「だって今わかんないもん」って泣いてしまったりね。要するに、何分間で答えられないこともあるわけで、昔から一生懸命っていうのは変わってないんです。

Charaは19歳のとき初めてマイクを持ち、歌を歌った。それまでキーボードとして活躍していた彼女が、歌うようになったのは失恋がきっかけだという。

・歌い始めた頃のCharaさんはどんな生活をしていたんですか。

まあまあ昔の話ですね。当時、私はバンドでキーボードを弾いていて。でも、そのバンドでデビューとか嫌だなって、バンドはやりたいけど、なかなかいいメンバーが集まらなくて。ボーカリストがいなかったんです。ソニーの中の新人発掘部署の人にバンドが抱えられていたから、その担当の方に高校生の頃から「歌えばいいじゃん」って言われていたんですけど、「ちょっと無理です」って答えてました。私は歌いたくなくて、歌作りの方に回りたかったから。

けど19歳のときに生まれて初めて失恋して、それまで経験したことなかったからどうやって立ち直ればいいか分からなくて、髪を切っても何してもだめで、どうしたらいいんだってなってしまって。思い切ったことしないと自分やばいって雰囲気だったのは覚えてます。悔しさもありましたし。

そこから歌っちゃえばいいんだなって。歌ってみるって担当の方に言ったら、3曲のデモテープを作ってくれて。そこから月に1回くらいずつライブに出るようになって、何回か出たら事務所が決まったって感じでしたね。

・失恋から歌に繋がるのは素敵ですね。

ちょっとキラキラしたかったんだと思います。私何したらキラキラできるんだろうって探していたから。あとタイミングかな。自信がなかったから自信を持ちたくて歌ったんだろうな…。楽器代もスタジオ代もかかるから、ローラースケートのウエイトレスのバイトを朝までして。始発で帰って少し寝て家で宅録して…って当時は結構頑張ってたんですよね。

Chara オールタイムベストアルバム『Naked & Sweet』より
Chara オールタイムベストアルバム『Naked & Sweet』より

愛がまだわからないから歌っている

・その当時は、恋の切なさが歌の原動力でしたか。

それもありますけど、メロディ重視だったかな。洋楽が大好きで洋楽ばっかり聴いていたから、英語の響き、メロディを大切にしていました。小さい頃から外国のファミリーに憧れていて。外国に行ったことがなかったので、映像で見ると、ハグをしたりキスをしたり、なんて親密で楽し気なんだろう、愛っていうああいう雰囲気の中にあるのかな?って考えていたんですよね。

でも愛がよくわかんなくて、高校生くらいになると難しい本を読みながら愛について調べ始めたり。西洋では尊いものって言われているのに、仏教だと迷いを作る邪道なものって言われているぞ。宗教によっても言い方が違うぞって。昔は今みたくスマホがないんで、辞書とか書籍でぺらぺらしてね。

そうすると、教会音楽やゴスペルに興味が湧いて。「すごいな人間の声って、何なの魂って」って。埼玉のファクトリータウン・鋳物の街のガキなので、教会とか近くにないし、ゴスペルを歌ってる黒人とかもいない。でも歌うまい人って、調べるとみんな教会で歌ってたんじゃん、何なの何なのってなって、ゴスペルの訳詞とか読んだりしてるうちに、いっぱい入っている「愛」に興味を持って、そこから愛を伝えていきたいと思ったんです。

・愛を歌うっていう目標は初めから持ち続けていたのでしょうか。

愛を歌い続けるとかは最初からは思ってなかったな。伝えたいことがあるから歌うというか、そういう感覚で。人物や事柄をテーマに決めて深く調べて歌詞を書く人もいるけど、私は伝えたいことがあって、誰かに伝えたいって気持ち、感じたことを歌詞にしてるだけ。だって私も愛とはって一言で言えるほどわかんないしベイビーだと思う。まだまだ途中だから歌っていると思うんです。

※「Tremolo Sparks」の様子。
※「Tremolo Sparks」の様子。

・歌を通して伝えたいことは、母親になって変わりました?

変わりました。ママになる前は無償の愛を知らないから、伝えるということをそこまでわかんなかったんじゃないかな?わかりやすい例ですけど、海に行ったことがない人が海で泳ぐとこんな感じだよって言っても、実際泳いだ感じって違うじゃないですか?子供を持って、言葉にならないけどこれが無償の愛かって気付いたんですよね。使用前使用後みたいなもの、だって恋を知ったか知らないかでも、あの人綺麗になったわねって言われるほど、違うわけですから。

変わったなと思うのは、言葉使い。独身の頃は子供がこれを聞くとか全然意識していないから、ちょっとミステリーを残したいと思ってて。自分がわかりすぎなくていい、人と違う方がいいみたいな。ちょっと痛々しくてもかっこいい方がいいじゃんって思っていました。じゃないと個性がなくなるようで怖いし、それが武器だったので。

・怖いっていう感情はどこから生まれていましたか。

この仕事をしていると、知ったようなふりで色々書かれたりしちゃうから。曲を出してしまったらあなたのものだよって気持ちではいるんですけど、そこまでスターではないし、経験も浅いのに話をしてもなっていうのもありましたね。勝手に、これはこういう意味じゃないですかって言う人もいるわけで、もっと感覚的に聴いてもらえればいいのになって思っていました。

一つキーワードを置くとそれに向かって言葉が集まってくる

・当時から変わらず伝えたいと思っていることはありますか。

もともと勇気を伝えたくて。私はすごい歌が上手いわけではなくて、ただ音楽が好き。そういう中で歌を作っていると自分を信じる力って大切で。アーティストっていうのは、わからないことをよしとするというか、人と違くてよいみたいのを続けていかなきゃいけない。感覚とか自分の信じているものを自分くらい信じてあげなきゃいけないんじゃないの?って思うんです。

・歌を書くと、自分自身をさらけ出すことに繋がると思うのですが、辛くないですか?

辛いけど…やってたら慣れちゃうんです。初めて人にデモテープを聴かせたときは、裸を見られるような感覚で恥ずかしかったけれど、本当に最初だけ。それは人が何を言うか聞いたことないから、怖いだけなので。例えば、ご馳走を人に振る舞うとき、自分では結構上手だと思ってるけど、どうかな?って不安になるじゃないですか、それと同じ。そこで美味しいって言ってもらうと、信頼関係が生まれていく。

だから、歌を書くときは心を掘りますよ。心に埋まっているものは掘って集めて、出てきたものを見ているうちにだんだんそれが話し出すっていうか、一つキーワードを置くとそれに向かっていろんな言葉が集まってくる。そんなに、難しくないですよ。言葉にすることによってすごくいいこともある気がするから。一節でも私の歌の中に好きなところがあって、歌うといい気分になって欲しい。そういうのを求めて歌っているのかな。

恥ずかしいと思うことをやるのがアーティスト

・歌詞の中に、実体験は含まれていますか。

体験ももちろん入っています。感情を露わにしているのもあるし。それプラス実際の恋愛体験で言葉では言えなかったけど、心ではこんなことを言っていたんだよ、というのも入れています。ある種告白のようなもの。

・恥ずかしくないんですか?

恥ずかしいと思うことをやるのがアーティストだから。そう思っている私は、恥ずかしさを多く求めるところがあって、書き出してみて「これめっちゃ恥ずかしい」って感じたら、歌詞に入れちゃいます。

だって、誰でも言えることは他にやっている人がいるから。私はそうじゃないことをやるのが役割だって思っています。言われたら理解できるけど、意外と言わないよねって言葉。「いつだって盗まれる準備はできているわ」「私の正面からきて」とか、思ってはいるけど実際には言葉にできないじゃないですか。私の歌の中では、可愛らしい女の子の告白体験ができるから、みんなBGMにして歌っちゃえって思っているんです。

自分の本当の声を探している

・Charaさんのように素直でいられる秘訣を教えてください。

私は、面白い人間でいたいなと思っていて。Charaといると楽しいなって思ってもらえると「えへへ」って嬉しくなるんです。人を笑わせるのが好きなので。それに一度でも笑い合ったら友達って思っていて、最近は年齢的に、近所付き合いとかも「どうも~」みたいな感じで出来るようになりましたね。昔は感じなかったような楽しさ、おばちゃんらしいフレンドリー感がこの歳になってくるといいなって。

・この先どんな歌を歌っていきたいですか?

最近は、自分の本当の声を探しています。若い頃から、私という楽器でいろんな音を出していたつもりだったけど、ぎゅって喉を締めて可愛らしい声を出していたみたい。いつからか本当の私の音はこれじゃないんじゃない?って思い始めて、最近昔の歌い方をやめちゃった。私自身がヴィンテージ楽器になって。悪いイメージだと老化もあると思うんですけど、鍛えていても声帯も筋肉がたるんでいくんで、それをちょっとずつ受け入れている感じ。

今も何ヶ月か特訓すれば昔みたいにできるかもとは思うんですけど、パッションがなくなっちゃうっていうか、細いホースで歌う感じで全然動けないみたい。聞き比べると全然違うんですけど、もちろん昔の歌い方が好きと言ってくれる人もいるので、ナチュラルに変えていってます。その方が歳をとっても歌える気がしていて。あと10年くらいは頑張りたいので。

©山田智和
©山田智和

・自分のことを楽器って呼ぶの面白いですね。

そうですよ、だって体の色々なところを響かせて、声を出しているから。全身使って歌っているから音が色々と変わる。子供産んでからも変わったんじゃないかな?昔はそこまでわかっていなかったけど、歳をとってくると変化がわかってくるようになってきました。でも今もオリジナルキーのまま。大概女性の人は、声が出なくなったり、太くなったり、男性の人でも4度くらい下げたりするけど、私はサウンド、響き重視だからオリジナルキーを大切にしたくて。

・詞の部分でこれから書きたいテーマはありますか。

詞は、やってきたことすべてに影響を受けているから、バトンリレーのようなものだなって思っていて。だから、次に大きく影響される人によるかな。息子は音楽的な感覚が信用できるので、影響を受けるでしょうね。

あとは、ライブをやってるときに芽生えてくる。来てくださる方々は、いろいろな感情を持って足を運んでくれるので、お客さんから愛してもらうと今日はいい感じだなって感じるときがあるんですよね。

音楽好きな人って、耳から入ってくる心地よい音を楽しくプロデュースすることができる人たちだと思う

・息子さんからの影響は大きいんですね。

最近、息子が面白いことを言って「俺、音が好きなんだなって」って。生活の中で鳴った音に、「あ、いい音してる」って言ってて。「うん?確かに今のいい音だったけど」って言ったんだけど、そのとき母ちゃんもそうだなって感じたんです。要するに、音楽好きな人ってそういう耳から入ってくる、心地よいなって感じる音をもっとわかりやすく楽しくプロデュースすることができる人たちだと思うんですよね。

例えば、私は言葉も音になってて。会話の中で、同じような言葉があっても、なんでそれを選んだかを大切にしていて。最近歌詞にもしたけど、「内側の外側」って言葉が気に入っている。大人になると顔に責任を持つのは大事だと思っていて、それを普通は「心が顔に表れる」っていうけど、私は「内側の」っていう言い方が好きだなって。外側がすぐそこにあるような気がして、人を見るとあなたのその見た目、それ心の外側だよって考えると面白いんですよ。そういうのを歌詞を書くときに気が付くんですよね。

初のオールタイムベストアルバム『Naked & Sweet』を2016年11月に発売し、全国ライブツアーを終えたCharaは、約2年4カ月ぶりにニューアルバム『Sympathy』を2017年7月に発売する。

・ニューアルバム「Sympathy」のコンセプトは?

「シンパシー」ってタイトルは、全曲が揃ってほぼ完成したときに考えたタイトル。アルバムを作りはじめた時は親密さという意味の「インティマシー」がキーワードで、落とした種でした。真の親密さって何だろうってふと考えだして。親だから子どもが泣いているのがわかるとか、日常の中で人間だから感じる魔法のようなこと、目に見えないところで人の心が通じ合ったりすること、そういうのって面白いなって考えていたんですよね。その種からだんだんいろんなものが栄養素として言葉が集まってきた感じというか。

・落とした種から初めに生まれた楽曲を教えてください。

最初に作ったのは「Stars☆☆☆」という曲なんですけど、アルバムに入れるかは決めてなかった。ビスコのCM用に書き下ろしの依頼をもらって作っていたけれど、いい曲だったから迷って迷って最終的に入れたものなんです。

これは働く女性のための歌を作りたいと思ったところからスタートしたの。私も働く女性だし、恋も愛も全部、欲張りでいたいじゃない?ちょうどその頃、ベストアルバムを出すタイミングで、恋も愛も全部っていうイメージをちょいちょい入れていきたいと思っているうちに、
「愛には正直が可愛い。よく笑い、嘘を嫌い、いつも歌い、風と太陽みたいに」
って歌詞が浮かんで。こういう女性いいよね、こういう女性でいたいよねって。話すように歌いたいなって最近思っているので、私を知っている人が歌詞を見ると、なんかCharaが話しているみたいって思うかもしれないな。

・歌詞にはCharaさんからのメッセージが込められているんですね。

言葉に出すことって臆病になりがち、、、特に私は詩を書いていて、それは出したら引っ込められないから。子供を持ってから昔よりさらに責任あるなって思っていて。どこでどう影響を与えるかわからないし、小さな子供にふと点をつけることになるかもしれないし、一つの言葉によって意識させることもあるかもしれないし。言っちゃったら引っ込められないなっていうのをすごく感じているんですけど、でも臆病になりすぎちゃいけないなとも考えていて。

これまでのアルバムの中で、まだ言葉にできないけど伝わるといいなって気持ちが一番詰まっているかも。伝わるといいなって気持ち、優しく言いたいなって気持ち、そういう今の思いを音のお絵かきでもって「はいどうぞ食べてください」って仕上げたんです。

・最後に一つ、Charaさんにとって音楽って何ですか。

自分自身が音楽かな。友人たちにも「Chara自身が音楽だよね」って言われたことがあって。私もよくわかんないけどCharaっていう音楽があるんです。

オリジナルフルアルバム『Sympathy』には、インタビュー中でも紹介された「Stars☆☆☆」、大塚製薬「ファイブミニ」のCMソング「Sympathy」など、Charaファンのみならず思わず口ずさんでしまう人気のナンバーが13曲が詰め込まれた。また、Charaと縁のあるアーティスト、愛息子と一緒に制作した楽曲も盛り込まれている。

注目は、くるり岸田繁と水曜日のカンパネラ・ケンモチヒデフミとのコラボレーション。1曲目を飾る、岸田繁との「Tiny Dancer」は、2年ほど前からCharaが温めていたテーマで、「この曲は絶対岸田くんにお願いしたらいい」という彼女の希望から自らオファー。歌詞をCharaが、作曲&サウンドプロデュースを岸田が手掛けた。Charaは、歌詞からメロディーを作る作業を大切に、岸田が歌詞をほとんど崩さず活かした形で作曲してくれたのでとても嬉しかったとコメントしている。異色の組み合わせとなった、ケンモチヒデフミは作詞曲&サウンドプロデュースを担当。「夏のドライブデート」「人魚姫」などのキーワードの元制作された、ゆったりのれる大人のダンスチューンで、Charaのリクエストにより”ポンポンした音”が散りばめられている。

さらに、ニューアルバム『Sympathy』を引っ提げ9月からは全国ツアーをスタート。9月1日(金)の恵比寿・LIQUIDROOMを皮切りに、その後9月3日(日)の福岡・DRUM LOGOS、9月8日(金)の愛知・Zepp Nagoya、9月17日(日)の大阪・Zepp Nambaを経て、9月24日(日)の東京・昭和女子大学人見記念講堂でファイナルを迎える予定だ。デビュー25周年イヤーの締めくくりをフルバンド編成で巡る全国ツアーとあり、音楽ファン必見のライブとなりそうだ。

【詳細】

Charaニューアルバム『Sympathy』
発売日:2017年7月19日(水)
[通常盤初回仕様](CD)KSCL-2926 3,500円+税
[初回生産限定盤](CD)KSCL-2924~5 3,000円+税
<参加ゲスト>
Kan Sano、岸田 繁(くるり)、kensuke ushio(agraph)、ケンモチヒデフミ(水曜日のカンパネラ)、mabanua、BASI(韻シスト)、TAKU(韻シスト)

■DISC 1 収録曲(初回・通常共通)
1. Tiny Dancer
2. Stars☆☆☆(江崎グリコ「ビスコ」CMソング)
3. Sympathy(大塚製薬「ファイブミニ」CMソング)
4. Mellow pink
5. Funk
6. Love pop
7. Herbie
8. Symphony feat.mabanua
9. Intimacy
10. Darling Tree
11. KILIG
12. Sweet Sunshine(渋谷マークシティ「Singing Christmas ~私色を奏でよう~」タイアップソング)
13. 小さなお家

■DISC2収録曲(初回のみ)
Chara ALL TIME BEST LIVE
“Tremolo Sparks” 2017.1.22 at 昭和女子大学 人見記念講堂
1. 世界
2. Break These Chain
3. 大切をきずくもの
4. 月と甘い涙
5. あたしなんで抱きしめたいんだろう?
6. やさしい気持ち
7. Happy Toy
Bonus Track
8. メンバー紹介

<ツアー情報>
Chara Live Tour 2017 “Sympathy”
・2017年9月1日(金) 東京・LIQUIDROOM
・2017年9月3日(日) 福岡・DRUM LOGOS
・2017年9月8日(金) 愛知・Zepp Nagoya
・2017年9月17日(日) 大阪・Zepp Namba
・2017年9月24日(日) 東京・昭和女子大学人見記念講堂

Photo Gallery

写真をクリックすると拡大写真を見ることができます

愛を歌うCharaにインタビュー”恥ずかしいことをやるのがアーティスト” 画像1
愛を歌うCharaにインタビュー”恥ずかしいことをやるのがアーティスト” 画像2
愛を歌うCharaにインタビュー”恥ずかしいことをやるのがアーティスト” 画像3
愛を歌うCharaにインタビュー”恥ずかしいことをやるのがアーティスト” 画像4
愛を歌うCharaにインタビュー”恥ずかしいことをやるのがアーティスト” 画像5

ニュースデータ

日時:2017-07-20 20:30