menu

fashionpress[ファッションプレス]

トップ   >   スポット   >   大阪   >   大阪駅   >   ランドマーク

造幣局コウジョウケンガク)

造幣局について

独立行政法人造幣局は、貨幣の製造、貴金属の地金の精製や貴金属製品の品位証明(ホールマーク)、勲章や褒章の製造などを行う組織。大阪市北区天満に本局があり、1871年に開業した。現在、さいたま市と広島市に支局がある。

本局の敷地内に唯一残る明治時代のレンガ造りの洋風建築は、1911年に建てられた火力発電所の建物だ。こちらは1969年に内部を改装し、造幣博物館としてオープン。無料で一般公開されている。

博物館には、明治時代の資料や造幣局創業に尽力した人々の紹介パネル、造幣局で作られたメダルや器械などの実物が展示されている他、世界中のいろいろな時代の貨幣も並べられている。千両箱の重さを体験したり、本物の金塊・銀塊に触れたりする体験コーナーもある。
予約すれば、工場の見学も可能。工場内にある見学用の廊下に沿って、ガイドが案内してくれる。ガラス越しに様々な機械を見ることができる。

そして造幣局といえば、ヤエザクラの開花時期に行われる「桜の通り抜け」が有名。大川沿いの構内通路に、560メートルにわたって130品種以上の桜が植えられており、毎年一週間に限り一般公開される。南門から北門まで一方通行で通り抜けることから「通り抜け」と呼ばれている。変動はあるものの、毎年一週間で数十万人が訪れる、人気の行事となっている。

Info基本情報

住所
大阪府大阪市北区天満1-1-79
地図アプリで見る
営業時間
見学の時間帯は9:00から14:30あたりまで。予約が必要。
定休日:土、日、祝日、年末年始
最寄り駅
JR大阪環状線「桜ノ宮駅」
公式サイト

Near近隣スポット

  • 一覧
  • 地図

スケジュール

シー ニューヨーク × ポーター、ボーダー柄のPVCトート&カラフルなナイロンウエストバッグ
3月30日(月)発売
シー ニューヨーク × ポーター、ボーダー柄のPVCトート&カラフルなナイロンウエストバッグ
「すみっコぐらし」がかまぼこに変身 - "しろくま"と“ねこ”モチーフの3Dビジュアル
3月30日(月)発売
「すみっコぐらし」がかまぼこに変身 - "しろくま"と“ねこ”モチーフの3Dビジュアル
「パピコ〈大人の梅ジェラート〉」パピコ初“梅酒”を使ったなめらか濃厚ジェラート
3月30日(月)発売
「パピコ〈大人の梅ジェラート〉」パピコ初“梅酒”を使ったなめらか濃厚ジェラート
 スケジュール一覧