menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. 映画   /  
  4. トピック

映画『Dr.コトー診療所』医療ドラマの金字塔“16年ぶり”の続編、主演は吉岡秀隆

ドラマ版の続編を16年ぶりに描く映画『Dr.コトー診療所』が、2022年12月16日(金)より公開される。主演は吉岡秀隆。

医療ドラマ「Dr.コトー診療所」が映画化

『Dr.コトー診療所』場面カット|写真1

「Dr.コトー診療所」は、2003年フジテレビの木曜10時枠で放送された連続ドラマ。累計発行部数1200万部を超える山田貴敏の同名コミックをドラマ化したものだ。

物語の舞台は、僻地の離島。東京から赴任してきた外科医“Dr.コトー”こと五島健助と島の人々との関わり合いを通して、命の尊さを描いた。ドラマ「Dr.コトー診療所」は、シーズン1でヒットを飛ばし、シーズン2でも高視聴率を記録。今もなお、医療ヒューマンドラマの金字塔として語り継がれている。

16年ぶりにドラマ版の続演を描く

そんな人気ドラマが、満を持して映画化。映画『Dr.コトー診療所』では、青い空と美しい海、雄大な自然に囲まれた志木那(しきな)島の舞台はそのままに、16年経った今も変わらず、島の人々と寄り添いながら生きるDr.コトー・五島健助の新たな物語を描く。

Dr.コトーは吉岡秀隆が続投

主人公は、連続ドラマから主演を務める吉岡秀隆が続投。若干7歳で『八つ墓村』に映画初出演すると、その後も山田洋次監督の映画『男はつらいよ』シリーズや、倉本聰脚本の「北の国から」シリーズなど国民的ヒット作に出演。2005年、2007年にそれぞれ公開された『ALWAYS 三丁目の夕日』と、続編『ALWAYS 続・三丁目の夕日』では日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞するなど、日本が誇る名優の1人が、Dr.コトーとして再び帰ってくる。

吉岡秀隆はドラマ「Dr.コトー診療所」に対する思いについて、「それまで20年間純役を務めた「北の国から」が終わったタイミングで、連続ドラマがはじまりました。中江監督が純のイメージを変えて、役者として新たな命を吹き込んでくれた作品なので、僕にとってはとても大事な作品であり、役でもあります」とコメント。

映画化については、「最初に今作の脚本を読んだ時は、本当に切なくて涙が溢れました。この作品を映画にする意味や、16年の月日の流れも含めて、大事なものをスクリーンに映すために、監督、スタッフと一緒に作品を磨いています」と意気込みを寄せている。

ドラマ版スタッフが再集結

監督は、ドラマシリーズを手掛けた中江功。脚本も、ドラマシリーズから引き続き吉田紀子が務める。また、撮影、照明、美術、音楽など制作スタッフも、映画『Dr.コトー診療所』のために再集結した。

連続ドラマの放送が終了した後も、「吉岡さんとは雑談も交えて、続編の可能性について会うたびに話していた」という中江功監督。16年ぶりに映画化に至った経緯について、昨今の状況を受けて「人の生死について考えることがありました。そのなかで「もう一度このメンバーで『Dr.コトー』を作りたい」という話になりました」と明かしている。

映画『Dr.コトー診療所』
公開日:2022年12月16日(金)
出演:吉岡秀隆
監督:中江功
脚本:吉田紀子
原作:山田貴敏「Dr.コトー診療所」(小学館)

©山田貴敏 ©2022 映画「Dr.コトー診療所」製作委員会

Photos(1枚)

『Dr.コトー診療所』場面カット|写真1

Photos(1枚)

『Dr.コトー診療所』場面カット|写真1

キーワードから探す