menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

書家・石川九楊と美術家・大山エンリコイサムの展覧会、軽井沢のセゾン現代美術館で - “触知”を鍵に

長野・軽井沢のセゾン現代美術館では、開館40周年記念展「Writings 触知の空間 石川九楊 大山エンリコイサム」を開催。なお、会期は2021年5月1日(土)から8月29日(日)までを予定していたが変更となった。新しい会期は決まり次第告知。

石川九楊・大山エンリコイサムの二人展

大山エンリコイサム《FFIGURATI #20》2012年 アンステレッチド・カンヴァスにアクリル性エアロゾル塗料、アクリル性マーカー、黒鉛、鉛筆、墨 337×245cm
大山エンリコイサム《FFIGURATI #20》2012年 アンステレッチド・カンヴァスにアクリル性エアロゾル塗料、アクリル性マーカー、黒鉛、鉛筆、墨 337×245cm
© Enrico Isamu Oyama Photo © Yojiro Imasaka

開館40周年記念展「Writings 触知の空間 石川九楊 大山エンリコイサム」は、戦後の書を代表する書家・石川九楊と、ニューヨークを拠点に世界で活躍する美術家・大山エンリコイサムを紹介する展覧会だ。

独自の書を手がける石川九楊

石川九楊《9.11以後 1》2004年 墨、紙 94×60cm
石川九楊《9.11以後 1》2004年 墨、紙 94×60cm
© Kyuyoh Ishikawa

石川九楊は、書の制作・研究と批評活動を展開しつつ、書の常識を乗り越えた独自の表現を手がけてきた。1980年代からは『徒然草』や『源氏物語』などの古典、その後は吉本隆明らの現代詩やドフトエフスキーの小説を取り上げた作品を手がけ、2001年の9.11以降は自作の散文を書として発表している。

大山エンリコイサム、多彩なエアロゾル表現

大山エンリコイサム《FFIGURATI #310》2020年 木製パネルにマウントしたカンヴァスにアクリル塗料、アクリル性エアロゾル塗料、墨、ジェッソ 31×23.5cm
大山エンリコイサム《FFIGURATI #310》2020年 木製パネルにマウントしたカンヴァスにアクリル塗料、アクリル性エアロゾル塗料、墨、ジェッソ 31×23.5cm
© Enrico Isamu Oyama

一方、大山エンリコイサムは、エアロゾル塗料(スプレー)を使用した制作とグラフィティ文化の研究から生まれた「クイックターン・ストラクチャー」というモチーフを軸にした表現を展開。多彩なメディアで繰り広げられるその作品が注目を集めている。

「触知」をキーワードに作品を展示

石川九楊《東京オリンピック?まさか?》2013年 墨、紙 60×95cm
石川九楊《東京オリンピック?まさか?》2013年 墨、紙 60×95cm
© Kyuyoh Ishikawa

本展で紹介する石川九楊と大山エンリコイサムの2人に共通するのは、“書く(描く)”という行為そのものが、直接作品化されている点にある。そうした実践においては、墨やエアロゾルといったメディウムと、紙などの支持体の間に生じる触覚的な感覚が重要な意味を持つのだ。

大山エンリコイサム《FFIGURATI #21》2012年 アンステレッチド・カンヴァスにアクリル性エアロゾル塗料、アクリル性マーカー、黒鉛、鉛筆、墨 337×245cm
大山エンリコイサム《FFIGURATI #21》2012年 アンステレッチド・カンヴァスにアクリル性エアロゾル塗料、アクリル性マーカー、黒鉛、鉛筆、墨 337×245cm
© Enrico Isamu Oyama Photo © Yojiro Imasaka

本展のキーワードは、ものに触れることを通してその存在を感知することを意味する「触知」。会場では、石川九楊の《9.11以後 1》や《東京オリンピック?まさか?》、そして大山エンリコイサムの《FFIGURATI #20》や《FFIGURATI #310》など、ジャンルも世代も異なる2人の作品から、手を介して“書く(描く)”という行為の意義を再考する。

展覧会概要

開館40周年記念展「Writings 触知の空間 石川九楊 大山エンリコイサム」
会期:決まり次第告知
※2021年5月1日(土)〜8月29日(日)の会期を予定していたが変更
会場:セゾン現代美術館
住所:⻑野県北佐久郡軽井沢町⻑倉芹が沢2140
開館時間:10:00〜18:00(入館は閉館の 30 分前まで)
休館日:木曜日(7月22日(木・祝)は開館)
※8月は無休
入館料:一般 1,500円、大高生 1,000円、中小生 500円
※スケジュールの変更や中止の可能性あり(最新情報は美術館ウェブサイトにて確認)

【問い合わせ先】
セゾン現代美術館
TEL:0267-46-2020

Photos(6枚)

書家・石川九楊と美術家・大山エンリコイサムの展覧会、軽井沢のセゾン現代美術館で - “触知”を鍵に 画像1 書家・石川九楊と美術家・大山エンリコイサムの展覧会、軽井沢のセゾン現代美術館で - “触知”を鍵に 画像2 書家・石川九楊と美術家・大山エンリコイサムの展覧会、軽井沢のセゾン現代美術館で - “触知”を鍵に 画像3 書家・石川九楊と美術家・大山エンリコイサムの展覧会、軽井沢のセゾン現代美術館で - “触知”を鍵に 画像4 書家・石川九楊と美術家・大山エンリコイサムの展覧会、軽井沢のセゾン現代美術館で - “触知”を鍵に 画像5 書家・石川九楊と美術家・大山エンリコイサムの展覧会、軽井沢のセゾン現代美術館で - “触知”を鍵に 画像6

Photos(6枚)

書家・石川九楊と美術家・大山エンリコイサムの展覧会、軽井沢のセゾン現代美術館で - “触知”を鍵に 画像1 書家・石川九楊と美術家・大山エンリコイサムの展覧会、軽井沢のセゾン現代美術館で - “触知”を鍵に 画像2 書家・石川九楊と美術家・大山エンリコイサムの展覧会、軽井沢のセゾン現代美術館で - “触知”を鍵に 画像3 書家・石川九楊と美術家・大山エンリコイサムの展覧会、軽井沢のセゾン現代美術館で - “触知”を鍵に 画像4 書家・石川九楊と美術家・大山エンリコイサムの展覧会、軽井沢のセゾン現代美術館で - “触知”を鍵に 画像5 書家・石川九楊と美術家・大山エンリコイサムの展覧会、軽井沢のセゾン現代美術館で - “触知”を鍵に 画像6

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

関連用語

ピックアップ

関西の美術館&博物館情報〈大阪・京都・兵庫ほか〉展覧会の開催スケジュール
関西の美術館&博物館情報〈大阪・京都・兵庫ほか〉展覧会の開催スケジュール
南紀白浜「アドベンチャーワールド」7頭のパンダ家族がいる動物園×水族館×遊園地、アクセス方法も
南紀白浜「アドベンチャーワールド」7頭のパンダ家族がいる動物園×水族館×遊園地、アクセス方法も
匿名の美術家・バンクシーとは? ストリートアートなどの作品を紹介&展覧会の開催情報も
匿名の美術家・バンクシーとは? ストリートアートなどの作品を紹介&展覧会の開催情報も
関西のおすすめ展覧会情報2021〈大阪・京都・兵庫ほか〉美術館・博物館での開催スケジュール&展示作品
関西のおすすめ展覧会情報2021〈大阪・京都・兵庫ほか〉美術館・博物館での開催スケジュール&展示作品
東京都内のおすすめ展覧会スケジュール2021〈開始日順〉美術館・博物館での開催情報
東京都内のおすすめ展覧会スケジュール2021〈開始日順〉美術館・博物館での開催情報

スケジュール

「アナザーエナジー展」森美術館で - 世界各地で活動を続ける70代以上の女性アーティスト16名を紹介
2021.4.22(木)~2021.9.26(日)
「アナザーエナジー展」森美術館で - 世界各地で活動を続ける70代以上の女性アーティスト16名を紹介
ヴァン クリーフ&アーペルが代官山で展覧会、“ハナの光”メゾンのジュエリーを花と光で表現
2021.4.22(木)~2021.5.9(日)
ヴァン クリーフ&アーペルが代官山で展覧会、“ハナの光”メゾンのジュエリーを花と光で表現
神戸ファッション美術館で「デンマーク・デザイン」展 - 磁器&家具など約200点でたどるデザイン史
2021.4.23(金)~2021.6.27(日)
神戸ファッション美術館で「デンマーク・デザイン」展 - 磁器&家具など約200点でたどるデザイン史
熱海・MOA美術館で「粋と艶」展 - 北斎らの浮世絵にみる、役者や遊女など“江戸のトップスター”
2021.4.23(金)~2021.6.8(火)
熱海・MOA美術館で「粋と艶」展 - 北斎らの浮世絵にみる、役者や遊女など“江戸のトップスター”
「るろうに剣心展」東京・京都・新潟で、原画含む200点&剣心vs志々雄の描き下ろしイラストも
2021.4.23(金)~2021.6.6(日)
「るろうに剣心展」東京・京都・新潟で、原画含む200点&剣心vs志々雄の描き下ろしイラストも
 スケジュール一覧