ホーム > ニュース > グルメ > 「東京味わいフェスタ2016」丸の内、有楽町、日比谷で開催 - 世界各国の郷土料理を東京産食材で

「東京味わいフェスタ2016」丸の内、有楽町、日比谷で開催 - 世界各国の郷土料理を東京産食材で

「東京味わいフェスタ2016(Taste of Tokyo)」が、丸の内、有楽町、日比谷の3エリアにて開催される。会期は、2016年10月7日(金)から9日(日)まで。

フェイジャオン(黒豆)とTOKYO Xの煮込みとスティームライス

「東京味わいフェスタ2016(Taste of Tokyo)」は、東京産食材を使用したオリジナルメニューの提供、東京産食材や伝統工芸品を販売するイベント。

丸の内エリア(丸の内仲通り、行幸通り)

丸の内エリアは、丸の内仲通りと行幸通りの2カ所を拠点に行われる。丸の内仲通りでは、有名シェフたちが、一般的には知られていない世界各国の郷土料理を東京産の食材を使用してアレンジし、キッチンカーで販売。

一方、行幸通りでは、都内で生産された旬で新鮮な野菜や果物、都内限定生産の希少な東京牛乳や東京うこっけい卵などを生産者が直接提供する。そのほか、東京の伝統工芸品や、江戸時代から受け継がれる東京の蔵元で作られた日本酒も並ぶ予定だ。

鱈のカオパオスライダー

有楽町エリア(東京国際フォーラム地上広場)

有楽町エリアでは、「米沢 琥珀堂」の米沢牛コロッケ、香川県の「もちもちポテト」が提供するポテト、帝国ホテルのローストビーフを使用した丼ぶり、そして山梨県「スイートポーター」によるフルーツを包んだクレープなど、日本各地のご当地グルメやスイーツをキッチンカーで提供。バラエティに富んだメニューを、出来立てで味わうことができる。

昨年開催時の様子

日比谷エリア(日比谷公園草地広場)

日比谷エリアで味わえるのは、創業100年を超える老舗洋食店「松本楼」や、芸能人御用達のお好み焼き店「パチパチ」など。さらにはグルメグランプリ入賞実績のある有名グルメ店による東京産食材を使った料理も登場する。

また、「ショートショートフィルムフェスティバル& アジア」の協力による、食にまつわる映画の上映も決定。そのほか元宝塚歌劇団メンバーを含むユニットによる音楽ライブイベント、親子で一緒にアートに親しむことのできるワークショップなどを用意。盛りだくさんの内容となっている。

【開催概要】
「東京味わいフェスタ2016(Taste of Tokyo)」
開催期間:2016年10月7日(金) 11:00~21:00、8日(土)・9日(日) 11:00~17:00
※有楽町エリアは8日(土)・9日(日)は19:00まで、日比谷エリアは8日(土)・9日(日) の2日間のみ開催。
会場:丸の内(丸の内仲通り、行幸通り)、有楽町(東京国際フォーラム地上広場)、日比谷(日比谷公園草地広場)

【問い合わせ先】
丸の内コールセンター
TEL:03-5218-5100
(11:00~21:00 ※日曜・祝日は20:00まで)

Photo Gallery

写真をクリックすると拡大写真を見ることができます

「東京味わいフェスタ2016」丸の内、有楽町、日比谷で開催 - 世界各国の郷土料理を東京産食材で 画像1
「東京味わいフェスタ2016」丸の内、有楽町、日比谷で開催 - 世界各国の郷土料理を東京産食材で 画像2
「東京味わいフェスタ2016」丸の内、有楽町、日比谷で開催 - 世界各国の郷土料理を東京産食材で 画像3

ニュースデータ

日時:2016-09-13 17:40