ホーム > ファッションブランド > ジョルジオ アルマーニ

Giorgio Armani

ジョルジオ アルマーニ

ブランドのはじまり

1975年、ジョルジオ・アルマーニがジョルジオ・アルマーニ社を設立。

ジョルジオ アルマーニについて

ジョルジオ アルマーニはイタリアのファッションブランド。アパレル、アクセサリーのほか、インテリア家具、化粧品、リゾートホテル、レストランと幅広く展開している。

創業者のジョルジオ・アルマーニ(Giorgio Armani)は、1934年イタリアのピアチェンツァに生まれ。ミラノ大学医学部に入学したが、兵役に入った後は医学の道に戻らずビジネスの世界へ。

57年から64年までミラノの百貨店「ラ・リナシャンテ」でウィンドウドレッサー・バイヤーを務める。消費者の求めるデザイン・素材に詳しく、また生産工程流通に詳しく豊富な知識のあったアルマーニは、スカウトされたことを機に、65年に、セルッティのメンズウェア「ヒットマン」のデザイナーに就任。ニノ・セルッティからデザインを学んだ。

1970年、ジョルジオ・アルマーニは独立しフリーのデザイナーとなる。紳士服デザイナーとして数社の仕事をこなす。75年、セルジオ・ガレオッティと共にジョルジオ・アルマーニ社を設立。このとき41歳。デザイナーとしては遅いスタート。これまではメンズデザイナーとして活動してきたが、このときレディースのデザインもスタートさせる。

紳士服の機能性を応用し、女性らしい雰囲気、贅沢な素材と美しいシルエットに着心地の良さを追求し、絶妙なカッティング技術で一躍スターダムにのし上がる。すでにキャリアウーマン時代を迎えようとしていたアメリカのバイヤー、ファッション誌の注目を集めた。79年、エレウノのデザイナーに就任。

81年、ディフュージョンライン「エンポリオ アルマーニ」を発表。同年、「アルマーニ ジーンズ」も発表。

82年、デザイナーとしてはクリスチャン ディオール以来、「タイム」誌の表紙をジョルジオ・アルマーニが飾る。80年代後半にソフトスーツを考案して大ブームを起こし、紳士服のパターンを活かした婦人服で、いわゆる「キャリアウーマン」をリード。

1991年、アルマーニ エクスチェンジ(ARMANI EXCHANGE)をスタート。ブランドのエッセンスを受け継ぎ、ストリートカルチャー、ダンスミュージックなどからインスパイアされたスタイルを提案。メンズ、ウィメンズ、アクセサリーなどを提供する。同ラインは現在、アルマーニ グループ最大数の265店舗(2013年1月現在)を誇る。

95年にはスキーウェアとゴルフウェアを発表し、ライセンスを拡大している。

アルマーニは「ジャケットの帝王」等と呼ばれて、モード界の最先端に位置。完璧主義者として有名で、「マエストロ・ディ・マエストロ」(巨匠中の巨匠)と呼ばれ、独自の荘厳なスタンスを展開する。映画衣装も多数手がけ、数々の映画に衣装提供し、アカデミー賞ではジュリアロバーツ、ミラ・ソルヴィーノ、リチャード・ギア等、多くの俳優がアルマーニの服を着る。ブランドとのコラボレーションでは、アレグリなどと過去にコラボレーションを展開したことがある。

2004年、アルマーニ ホテル&リゾートの事業をスタート。 

2005年春夏シーズンより、「ARMANI PRIVE (ジョルジオ アルマーニ プリヴェ)」ラインでパリ オートクチュール・コレクションに参加。2010年、アルマーニ社としては世界初のホテル「アルマーニ・ホテル・ドバイ」をオープン。2011年にはミラノにホテル2号店をオープン。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL: http://www.giorgioarmani.com/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

ジョルジオ アルマーニ取扱い店舗

ブランド・デザイナー紹介